生活知恵袋
HOMEへ
食材見分け方・保存法
食品の重さ
食品数え方
香辛料
調味料
料理のいろは
サイトマップ
HOME > しなびた野菜の復活方法 > しなびたゴーヤ(にがうり)が元通りになるの?復活術、再生術を検証します

しなびたゴーヤ(にがうり)が元通りになるの?復活術、再生術を検証します





しなびたゴーヤの画像


はじめに


ゴーヤは水分が多く含まれていて、上手に保存しなければすぐに水分が抜け出てしおれてきます。そこで今回はこうしたしなびたゴーヤを再びハリや固さのあるゴーヤに復活させる方法を紹介します。さらにその方法が本当に効果があるのかどうかも検証していきます。




しなびる前のゴーヤ


まずはこちらがしなびる前のピーマンです。みずみずしくて表面の粒もハリとつやがあります。

ハリのあるゴーヤ



しなびたゴーヤ


こちらは冷蔵庫の野菜室でそのまま1週間ほど保存したものです。見てわかる表面の粒にもしわがよってハリがなくなり、固さも弱まってきています。

しなびたゴーヤ

半分にカットして種とワタを取り、重さをはかってみます。片方の重さは109.2gです。

しなびたゴーヤ片方の重さは109.2g

もう片方の重さは87.1gです。

しなびたゴーヤもう片方の重さは87.1g



しなびたゴーヤを再生させる方法その1


カットした断面を水に浸ける

それではしなびたゴーヤを再生させる2つの方法を試してみることにします。まずは断面を水に浸ける方法を試します。

容器に水を入れ、ゴーヤを入れて断面が水に浸かるようにします。これで一日置いておきます。


しなびたゴーヤをカットして断面を水に浸ける


2日目の変化

結果は以下の画像の通りです。厚みも増し、触るとしっかりと固さが戻っていました。ただ表面の粒にできたしわはそこまで変化はありません。

断面を水に浸けて2日目のしなびたゴーヤ

重さは125.5gで当初の109.2gから14.9%増えています。

断面を水に浸けて2日目のしなびたゴーヤの重さは125.5g

経過日数重さ(増減率)
しなびたゴーヤ109.2g
断面を水につけて2日目のゴーヤ125.5g(+14.9%)



しなびたゴーヤを再生させる方法その2


カットしたゴーヤ全体を水に浸ける

もう一つはゴーヤを半分にカットして、へたと種を取り除きます。半分にカットしたら、容器にゴーヤ全体がつかるよう水を入れ、ゴーヤを加えて全体を浸します。あとは冷蔵庫の野菜室でおいておきます。

しなびたゴーヤをカットして全体を水に浸ける


2日目の変化

1日たつとこちらは厚みも増して、触ったときのへなった感じもかなり良くなっています。ハリや固さもかなり戻ってきています。さらに表面の粒のしなびた感じも改善して、ハリのある状態に戻っています。

全体を水に浸けて2日目のしなびたゴーヤ

重さは105.4gで、しなびた当初の87.1gからは21%増えています。

全体を水に浸けて2日目のしなびたゴーヤの重さは105.4g

経過日数重さ(増減率)
しなびたゴーヤ87.1g
断面を水につけて2日目のゴーヤ105.4g(+21%)

ちなみにしなびたゴーヤ、しおれたゴーヤの再生法については以下の動画でも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。




ゴーヤの保存方法


ゴーヤは上手に保存しないと鮮度が落ちてしなびて柔らかくなります。そこで保存法についても紹介します。ゴーヤは買ってきたら半分にカットして、先に種とワタをくりぬいておきます。そしてキッチンペーパーとラップでしっかりと包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。こうすれば1週間は保存ができます。

他にもカットして茹でてから冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存すれば1か月は持ちます。保存方法について詳しくはゴーヤ(にがうり)の保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

炒めたゴーヤを保存袋に入れる

ちなみに以下の動画では実際に新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存する方法の効果を検証しています。併せて参考にしてみてください。




ゴーヤの鮮度を見るポイント


まず購入段階で鮮度のいいものを選ぶのも、ゴーヤをしおらせてしまわないためには重要です。そこでおいしくて鮮度のいいゴーヤを見分けるポイントを紹介します。ゴーヤは緑が濃くて粒が隙間なく詰まっているもの、太さが均一で先がとがっているものがいいです。

また触ってみてハリや固さがしっかりあるものも、重量感があるものも良品です。くわしくはゴーヤ(にがうり)の見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!でも解説しています。

以下ではゴーヤの見分け方・選び方をドアップの映像で動画で解説しているので、併せて参考にしてみてください。




まとめ


今回はしなびたゴーヤを再生させる方法についてみていきました。ゴーヤも日にちが足ったり、保存の仕方が悪いとしなびてしまいやすいので、しっかりと保存法を実践して保存しておくことが長持ちの秘訣です。

しなびてしまったゴーヤは水につけておくことで、もう一度ハリや固さを取り戻すことができます。水につける場合は、断面だけをつける方法でもハリや固さ、みずみずしさはかなり改善しますが、しなびた粒が十分に戻るまでには至りません。

全体を付けておく方法ならしなびた粒までハリのある状態に戻るので、ゴーヤを再生するなら全体を水に浸けておく方法をおすすめします。





※参考書籍
新版食材図典 生鮮食材篇
野菜のソムリエ











公開日 2020/11/25












食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved