生活知恵袋
HOMEへ
食材見分け方・保存法
食品の重さ
食品数え方
香辛料
調味料
料理のいろは
サイトマップ
HOME > 食品の数え方・単位の大百科 > えんどう豆(グリンピース)の数え方・単位は1個、1粒、1莢?

えんどう豆(グリンピース)の数え方・単位は1個、1粒、1莢?





えんどう豆(グリンピース)の画像


はじめに


えんどうの未熟な豆を取り出したものをグリンピースといいます。現在ではそれ専用に青えんどう、実えんどうが栽培されています。今回はさや付きのえんどう豆(グリンピース)の数え方と、中の豆単体の数え方を紹介します。さらに小売り単位での数え方やえんどう豆(グリンピース)の重さについても解説します。




莢入りえんどう豆の数え方・単位は?


莢入りのえんどう豆は1莢(さや)、2莢もしくは1個、2個と数えます。下は莢入りのえんどう豆の画像です。数え方は1莢のえんどう豆、1個のえんどう豆です。

えんどう豆(グリンピース)1莢の大きさ

えんどう豆(グリンピース)の数え方と読み方
一莢(ひとさや)、一個(いっこ)



えんどう豆(グリンピース)の数え方・単位は?


莢から取り出したえんどう豆(グリンピース)は1粒、2粒と数えます。下は莢から取り出したえんどう豆(グリンピース)の画像です。数え方は1粒のえんどう豆(グリンピース)です。

えんどう豆(グリンピース)1粒の大きさ

えんどう豆(グリンピース)の数え方と読み方
一粒(ひとつぶ)



まとめて売られているえんどう豆(グリンピース)の数え方・単位は?


えんどう豆(グリンピース)はスーパーなどでは単品ではなくまとめて売られているものです。パック詰めで売られている場合は1パック、2パックなどと数えられ、袋詰めなら一袋、二袋、ざるに山積みなら一山、二山と数えます。缶入りのものは1缶、2刊と数えます。

えんどう豆(グリンピース)1袋の重さは193.2g

えんどう豆(グリンピース)の数え方と読み方
1パック(わんぱっく)、一袋(ひとふくろ)、一山(ひとやま)、一缶(いっかん)



えんどう豆(グリンピース)の重さは?


えんどう豆(グリンピース)1莢の重さは11.3g

ちなみにえんどう豆(グリンピース)1莢の重さは11.3gほどです。

えんどう豆(グリンピース)1粒の重さは0.916g

中のえんどう豆(グリンピース)1粒の重さは0.916gです。えんどう豆(グリンピース)の重さについてはえんどう豆(グリンピース)の重さは1莢、1粒、1個で何グラム、大きさやカロリーは?で詳しく解説しています。



えんどう豆(グリンピース)の紹介


えんどうの未熟な豆を取り出したものがグリンピースです。炊き込みご飯や炒め物、サラダやスープなど様々な料理に利用されます。ヨーロッパで古くから利用されてきた食材で、日本には江戸時代中期に入ってきました。おもな産地は和歌山や鹿児島などです。





参考書籍
数え方の辞典 小学館
新・野菜の便利帳




葉物野菜の数え方・単位



根菜野菜の数え方・単位



野菜の数え方・単位



果物の数え方・単位



種実類の数え方・単位



その他食品の数え方・単位









公開日 2020/11/14












食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved