生活知恵袋
HOME > 食材の疑問 > お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた

お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた

あめ色になるまで炒めたたまねぎ

はじめに

お店で売っているような白身は固まってなくて、黄身はトロ〜と粘状の温泉卵を、自宅で作ってみたいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は温泉卵を自宅でも簡単に作る方法をいくつか見つけてきたので、本当に効果があるのかを実際に実践してみて、その効果を検証してみることにします。

市販の温泉卵を割ってみる

それではまずは温泉卵がどんなものかを確認するために、市販の温泉卵を見てみることにします。こちらは近所のコンビニで3個セットで売られていた温泉卵です。

殻を割ってみると中から半熟状になった白身で覆われた温泉卵が出てきました。

市販の温泉卵

黄身を割ってみるとトロ〜と粘状になっています。

市販の温泉卵の黄身のとろみ

温泉卵ができる仕組み

黄身と白身の固まる温度の違いを利用する

温泉卵は卵の黄身と白身の固まる温度の違いを利用して作ります。黄身は65度くらいから固まり始めま、70度でほぼ固まります。一方白身は58度くらいから固まり始め、80度でほぼ固まります。

白身がほぼ固まる温度が80度と高いので、65〜70度くらいの一定の温度で温め続ければ、白身は半熟、黄身はトロ〜っと固まってきた温泉卵を作ることができるわけです。

温度58度65度70度80度
卵白固まり始める ほぼ固まる
卵黄 固まり始めるほぼ固まる

65〜70度の一定の温度で温め続ける

ということは温泉卵を作りたければ65〜70度の温度で卵を温め続ければいいことになります。ただ家庭だとこの温度に一定に保ちながら温め続けるのはなかなか難しいです。そこで次の方法を試してみることにします。

お湯につけて置いておく

卵を沸騰して水を足したお湯に付けておく

それでは実際に温泉卵を作る方法を試してみましょう。まずは卵を冷蔵庫から取り出し、常温に戻します。冷たいままだとお湯に付けておく際に、余計にお湯の温度が下がってしまいます。ちなみにこの時の室温は23度です。2時間ほど置いておきました。

卵を常温に戻す

次に厚みのある鍋に水を入れて沸騰させます。水は卵2個なら1リットルほど入れます。鍋は厚みのある方が保温性が高いのでいいです。ちなみに今回は圧力鍋を使いました。

鍋に水を入れて沸騰させる

沸騰したら水を300ml加えます。この日の水温は18.4度です。

熱湯に水を加える

そうすると水温は78.6度になりました。

水温が78度に

ここに卵を2個入れ、すぐにふたをしておいておきます。

お湯に卵を入れてフタをする

15分置いた結果

このまま15分置いてから取り出し、すぐに冷水にさらします。これを実際に割ってみることにします。

白身は固まっていない状態です。

15分お湯に浸けた温泉卵

黄身はトロ〜としていますが、まだまだ粘り気が足りない感じです。

15分だとまだ黄身もゆるい

18分置いた結果

次は18分置いてから取り出し、冷水にさらしました。これを割ってみます。

こちらも白身は固まっていない状態です。

18分お湯に浸けた温泉卵

黄身はだいぶトロ〜としてきましたが、市販のものに比べるともう少し粘り気が欲しいところです。

18分だと黄身にもだいぶとろみが

20分置いた結果

最後に20分置いてから取り出し、冷水にさらしました。これを割ってみます。

こちらも白身は固まっていない状態です。

20分お湯に浸けた温泉卵

黄身はかなりとろみがついてきました。市販のものにかなり近い出来上がりとなりました。

20分だと黄身にもしっかりとしたとろみが

ちなみに15分、18分、20分でどのように違いが出るかを並べて比べてみました。並べるととろみ具合がかなり違うのがわかるかと思います。

お湯に浸けた温泉卵の15分、18分、20分での違い

また市販の温泉卵と20分お湯に浸けておいた温泉卵も並べて比較してみました。市販のものの方がとろみはやや強いですが、20分のお湯に浸けていたほうもかなり近いぐらいにとろみがついています。

市販の温泉卵と20分お湯に浸けた温泉卵

レンジで温泉卵を作る方法も試してみる

お湯に浸けておく方法ではかなり温泉卵に近い出来に仕上がりましたが、電子レンジで作る方法だとうまくいくのでしょうか。気になったので実際によく見かける電子レンジで簡単に温泉卵を作る方法を試してみました。

まずは耐熱容器に卵を割り入れます。

次に破裂しないようにつまようじで黄身を何か所かさします。

黄身につまようじを刺す

上から卵がかぶる程度の水をかけます。

水をそそぐ

あとは電子レンジで500Wで50秒加熱します。

加熱したら余分な水は流します。

余分な水を流す

こちらは出来上がった温泉卵ですが、白身の部分は固くなりすぎていて通常の茹で卵に近い出来となっています。

レンジで加熱して作った温泉卵

一方黄身の方はほとんどとろみがついていません。

黄身にとろみがなくサラサラ

市販の温泉卵と比べるとかなり差があります。レンジでだと黄身にとろみがほとんどないのがわかるかと思います。

市販の温泉卵とレンジで加熱した温泉卵

正直電子レンジで作る方法だと市販の温泉卵のように作るのはかなり難しいのではないでしょうか。

ちなみに今回の検証については以下の動画でも取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

まとめ

今回は温泉卵を自宅でも簡単に作れる方法を検証してみました。沸騰させたお湯に水を足してから、常温に戻した卵をつけて置き、20分経過すると市販のものにかなり近い温泉卵が出来上がりました。

白身は固まってなくて、中の黄身はトロ〜とした温泉卵が自宅でも簡単に作ることができました。ぜひ参考にしてみてください。

公開日 2021/05/11

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の食材の疑問


キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!
キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
赤い斑点の出た里芋が食べれるのかを実際に食べて検証してみた!
赤い斑点の出た里芋が食べれるのかを実際に食べて検証してみた!
芯が太いにんじんは本当に味が落ちるのかを検証してみたら意外な結果に!
芯が太いにんじんは本当に味が落ちるのかを検証してみたら意外な結果に!
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた
レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた
レタスの芯につまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた レタスの芯につまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved