HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > にんじんの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方

にんじんの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方




にんじんの画像


はじめに


にんじんは冷蔵庫でも保存できますが、冷凍して保存することも可能です。冷凍しておけば長期間保存もできます。またあらかじめカットして冷凍しておけば調理の際の手間も省けます。そこで今回はにんじんの冷凍保存の基本からまず見ていき、にんじんをカットして冷凍保存する方法、そして上手な解凍の仕方を詳しく見ていきます。

さらに作り置きのおかずにして冷凍保存する方法やその他のにんじんの保存方法、おいしいにんじんの見分け方についても紹介します。






にんじんの冷凍保存の基本


ブランチングで保存性アップ

にんじんはせん切りなどにして生のままでも冷凍できますが、加熱してから冷凍した方が保存性は増します。生のにんじんには腐敗を進行させる酵素が含まれていて、この酵素は低温下ではその働きは弱まりますが、それでも徐々に進行していきます。そこであらかじめ加熱処理て酵素を壊してから保存することで保存性が増すわけです。これをブランチングといいます。

水けはしっかりと絞る

にんじんを茹でて冷凍する際は水気が残らないようキッチンペーパーなどでふき取ってから保存します。水気がついていると冷凍時に霜がつきやすく、霜がつくと解凍時にも味が落ちやすいです。また食品同士もくっついて使う時に不便です。それでは以下でにんじんを冷凍保存する手順について解説していきます。



にんじんを千切りにして冷凍保存


まずはにんじんを生のまません切りにします。つぎに平らになるようにしてラップで包み、それを冷凍用保存袋にいれます。そして金属トレイにのせてから冷凍庫に入れ冷凍保存します。これで1ヵ月は保存ができます。

にんじんのせん切りを保存袋に入れて冷凍保存

  • 使う道具 - ラップ、冷凍用保存袋、金属トレイ
  • 保存方法 - にんじんを千切りにしてからラップで包み、冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月



冷凍したにんじんのせん切りの解凍方法


にんじんのせん切りを冷蔵庫で自然解凍

にんじんのせん切りを冷凍すると下の画像のようにカチカチに固まります。食べる際には解凍が必要になります。

冷凍したニンジンのせん切り

サラダなどに利用する場合は前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいです。にんじんは常温で解凍するよりも、低温下で解凍した方が水分の流出も少なくて済みます。また食感や味が落ちるのも少なくて済みます。これが常温だと水分の流出量も多くべチャっとします。以下の画像は冷蔵庫で自然解凍したにんじんのせん切りです。

解凍したニンジンのせん切り

時間がない時は電子レンジの生解凍キーで解凍してもいいです。ただし電子レンジだとどうしても短時間での解凍なので水分が出やすく仕上がりもしなっとしてしまいます。

直接冷凍のまま加える

にんじんのせん切りを炒め物や汁物の具材として使うなら、凍ったまま直接加えてもいいです。これなら解凍する手間も省けます。



冷凍のにんじんのせん切りを使ったレシピ


にんじんの卵いため

冷凍したニンジンを使って手軽にできるレシピを一つ紹介します。紹介するレシピはにんじんの卵炒めです。使う材料は以下の通りです。

レシピ
  • にんじんのせん切り … 200g
  • 卵 … 2個
  • 酒 … 大さじ1
  • みそ … 大さじ1
  • サラダ油 … 大さじ1と1/2
  • いりごま … 適量

まずは卵を割りほぐしておきます。フライパンにサラダ油をひいて熱し、冷凍したニンジンのせん切りを加えてほぐしながらまぜます。酒、みそを加えて混ぜ合わせ、強火でさっと炒めます。さらにたまごをを加えて炒め合わせて火を止めます。お皿にもってごまを振りかければ完成です。

にんじんの卵炒め

さらにこちらにシーチキンを1缶くわえて混ぜ合わせてもおいしいです。

にんじんの卵炒めシーチキン入り



にんじんをいちょう切りにして冷凍保存


次はにんじんをいちょう切りにして冷凍保存します。にんじんをいちょう切りにした後固めに茹でてからざるに上げ、粗熱が取れたらキッチンペーパーなどで水分を拭いて、冷凍用保存袋に平らになるように入れます。金属トレイにのせて冷凍保存すれば1か月ほど保存ができます。

にんじんのいちょう切りを保存袋で冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋、金属トレイ
  • 保存方法 - にんじんをいちょう切りにしてから固めに茹でて、冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月



冷凍したにんじんのいちょう切りの解凍方法


にんじんのいちょう切りを冷蔵庫で自然解凍

にんじんのいちょう切りを冷凍すると下の画像のようにカチカチに固まります。食べる際には解凍が必要になります。

冷凍したニンジンのいちょう切り

使う際は前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいです。以下の画像は冷蔵庫で自然解凍したにんじんのいちょう切りです。

解凍したにんじんのいちょう切り

時間がない時は電子レンジの生解凍キーで解凍してもいいです。ただし電子レンジだとどうしても短時間での解凍なので水分が出やすく仕上がりもしなっとしてしまいます。

直接冷凍のまま加える

にんじんのいちょう切りを炒め物や煮物、汁物の具材として使うなら、凍ったまま直接加えてもいいです。これなら解凍する手間も省けます。



にんじんを輪切りにして冷凍保存


次はにんじんを輪切りにして冷凍保存します。にんじんを輪切りにした後固めに茹でてからざるに上げ、粗熱が取れたらキッチンペーパーなどで水分を拭いて、冷凍用保存袋に平らになるように入れます。金属トレイにのせて冷凍保存すれば1か月ほど保存ができます。

輪切りにしたにんじんを保存袋で冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋、金属トレイ
  • 保存方法 - にんじんを輪切りにしてから固めに茹でて、冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月



冷凍したにんじんの輪切りの解凍方法


にんじんの輪切りを冷蔵庫で自然解凍

にんじんの輪切りを冷凍すると下の画像のようにカチカチに固まります。食べる際には解凍が必要になります。

冷凍したにんじんの輪切り

使う際は前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいです。以下の画像は冷蔵庫で自然解凍したにんじんの輪切りです。

解凍したにんじんの輪切り

時間がない時は電子レンジの生解凍キーで解凍してもいいです。ただし電子レンジだとどうしても短時間での解凍なので水分が出やすく仕上がりもしなっとしてしまいます。

直接冷凍のまま加える

にんじんの輪切りを炒め物や煮物の具材として使うなら、凍ったまま直接加えてもいいです。これなら解凍する手間も省けます。



にんじんをペースト状にして冷凍保存


にんじんはゆでた後カットして保存してもいいですが、ペースト状にして冷凍保存してもいいです。ペースト状にしたにんじんは離乳食やお菓子の材料、にんじんのポタージュとして使ってもいいです。それでは実際に冷凍保存の仕方について見ていきます。まずはにんじんを薄めに輪切りにします。

にんじんを輪切りにする

これを鍋に入れて一煮立ちさせ、弱火にして柔らかくなるまで15分ほど煮込みます。

にんじんの輪切りを茹でる

茹でたにんじんの輪切りを取り出し、さっと水を切ってフードプロセッサーにいれてペースト状にします。今回はamazonや楽天市場で人気のフードプロセッサーを購入し、こちらをつかってペースト状にしました。なお購入したものの上位機種だと粗挽きや千切り、スライスなどもできるようですが、ペースト状にするだけでよかったので今回はこちらを購入しました。

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P
パナソニック

amazonで購入 楽天市場で購入


なおこちらが上位機種です。

パナソニック フードプロッセッサー ホワイト MK-K81
パナソニック

amazonで購入 楽天市場で購入


それでは実際にフードプロセッサーに輪切りのにんじんを入れてペースト状にしていくことにします。

にんじんの輪切りをフードプロセッサーに

フードプロセッサーにいれてペースト状にすると以下の画像のようになります。

ペースト状にしたにんじん

ペースト状にしたにんじんを取り出し、使う分ごとにラップをします。これを冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存します。これで1ヵ月は保存ができます。

にんじんのペーストを保存袋で冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋、ラップ、金属トレイ、フードプロセッサー
  • 保存方法 - 輪切りにして茹でた後にフードプロセッサーでペースト状にして、冷凍用保存袋に入れて保存
  • 保存期間 - 1ヵ月



にんじんの冷凍保存のコツ


金属トレイにのせて保存

金属トレイの画像

冷凍保存をする時は急速に冷凍させるほど食品の鮮度の落ちを抑えることができます。そこで熱伝導率の高い金属トレイの上に乗せて冷凍保存します。こうすることでより早く食品を冷凍させることができます。

空気はしっかりと抜く

冷凍用保存袋で冷凍保存する場合は空気をしっかりと抜いておくことが大切です。空気は熱伝導率が低いので、空気が多いとその分冷却するのにも時間がかかります。

薄く平らにして冷凍保存

冷凍保存で大事なのはいかに早く冷凍するかですが、そのためにも食材を保存するときはなるべく薄く平らにして保存しましょう。この方が素早くそして均一に冷凍されます。また解凍時間も短縮することができます。

保存袋に保存日の記入を

冷凍保存の場合注意しないといけないのは保存した日付の確認です。後になっていつ保存したのかがわからなくなると、まだ大丈夫なのかどうかの判断もしづらくなります。そこで冷凍保存する際は保存袋に保存する日付と保存した中身を記入しておきます。こうしておけばいつでも保存日を確認することができます。

ジップロックの日付記入欄

ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。

ジップロック フリーザーバッグ
旭化成ホームプロダクツ

amazonで購入 楽天市場で購入





にんじんを作り置きにして冷凍保存


にんじんグラッセにして保存

あらかじめにんじんのおかずを作っておき、冷蔵、冷凍保存しておくと、次からの料理で電子レンジで加熱するだけで簡単に料理に一品を加えることができ便利です。 まずはにんじんグラッセについて紹介します。保存は冷蔵庫で3〜4日、冷凍庫で2週間ほど可能です。

まずはにんじんを1cmほどの輪切りにして鍋に入れます。そこにバター、水、固形コンソメスープの素、砂糖、塩、こしょうを加えて中火にかけ、煮立ったら弱火にして落し蓋をして15分ほど煮込みます。蓋を取って中火にし、煮汁を絡めながら汁けを飛ばしたら出来上がりです。

にんじんグラッセ

レシピ(4人分)
  • にんじん … 3本(450g)
  • 水 … 3/4カップ
  • 固形コンソメスープの素 … 1/4個
  • 砂糖 … 大さじ1/2
  • 塩 … 小さじ1/3
  • こしょう … こしょう

にんじんのザーサイ炒め

次ににんじんのザーサイ炒めを紹介します。まずはにんじんをいちょう切りに、ザーサイは太めのせん切りにします。つぎにフライパンにごま油を引き中火で熱し、にんじんを加えてしんなりするまで炒めます。そしてザーサイと酒、塩、こしょうを加えてさっと炒め合わせて出来上がりです。

にんじんのザーサイ炒め

レシピ(4人分)
  • にんじん … 2本(300g)
  • ザーサイ … 80g
  • 酒 … 大さじ1
  • 塩 … 小さじ1/3
  • こしょう … 少々
  • ごま油 … 大さじ1

冷凍は冷凍用保存袋で

ほうれん草の作り置きを保存する場合は冷蔵庫なら容器などに入れて保存してもかまいませんが、冷凍保存する場合は冷凍用保存袋にいれての保存の方がいいです。冷凍用保存袋なら空気を抜いて密閉しやすく、平らになるように入れればはやく冷却させることもできます。



作り置きにしたにんじんの解凍方法


作りおきにしたにんじんのおかずは自然解凍だと水っぽくなるので、電子レンジで解凍するといいです。このさい一気に加熱までしてしまうと冷凍用保存袋では耐えきれない場合があります。そのためまずは解凍キーで解凍だけしておき、そのあと耐熱容器に移して温めるといいです。

電子レンジの解凍キー



冷凍庫の保存温度は?


冷蔵庫は0度から5度の保温温度に設定されています。一方冷凍庫は食品をしっかりと冷凍させるためマイナス18度に設定されています。食品は急速冷凍させるほど鮮度を保って保存ができます。そのため高価格な製品ではマイナス30度に設定しているものもあります。



にんじんの冷凍保存以外の保存方法


冷蔵庫で保存

にんじんの冷凍保存以外の保存方法も紹介します。にんじんは乾燥に弱いので、新聞紙で包んでからポリ袋に入れ、軽く口を閉めてから冷蔵庫でたてて保存します。これで1週間は保存ができます。涼しい季節なら日が当たらず風通しのいい冷暗所で新聞紙で包んで常温保存することもできます。この場合は1週間ほど保存が可能です。

新聞紙で包んだにんじんをポリ袋に入れて保存

干してから冷蔵保存

にんじんは輪切りや乱切り、千切りなどにしてから風通しのいい場所で2〜3日ほど干して乾燥させ、保存袋に入れて冷蔵庫で1か月ほど保存もできます。にんじんの保存方法全般についてはにんじんの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。



おいしいにんじんの見分け方


ここまでにんじんの冷凍保存の方法と解凍の仕方を解説してきました。にんじんは冷凍保存が可能ですが、長期保存するうえでも大事なのは、購入時に鮮度がいいにんじんを選ぶことです。そこでおいしくて新鮮なにんじんの選び方も紹介します。

にんじんは赤くて色が鮮やかなもの、葉を切った断面が大きすぎないものを選びます。また断面が黒ず出いないかどうかも大事です。それから手に取ってみて凹凸が少なく滑らかなもの、しっかりとした重量感のあるものを選びます。にんじんの見分け方についてはにんじんの見分け方・選び方で解説しています。

表面が滑らかで色濃く鮮やか



にんじんの冷凍保存まとめ


にんじんはせん切りにして冷凍保存したり、輪切りやいちょう切りにしてゆでてから冷凍保存することが可能です。使う際は前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいです。煮物や汁物、炒め物などで使う場合は直接冷凍したまま加えてもいいです。

他にもペースト状にして冷凍保存しておき、解凍して離乳食として利用したり、ニンジンポタージュに使ってもいいです。にんじんグラッセやにんじんのザーサイ炒めなどにして冷凍保存すれば、レンジで解凍するだけで簡単に料理に一品を加えることができ便利です。





※参考書籍
野菜のソムリエ
野菜の基礎知識
からだにおいしい 野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
料理の裏ワザ便利帳
調理以前の料理の常識
もっとおいしくながーく安心 食品の保存のテク
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
間違いだらけの食材保存&調理術
一生モノの冷凍保存節約おかず366品
野菜おかず作りおきかんたん217レシピ
節約&かんたん冷凍保存大事典
もっとおいしく!攻めのフリージング術










公開日 2018/08/25



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved