生活知恵袋
HOMEへ
食材見分け方・保存法
食品の重さ
食品数え方
香辛料
調味料
料理のいろは
サイトマップ
HOME > 食材の保存方法 > きゅうりの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

きゅうりの保存方法と保存期間、長持ちのコツ





きゅうりの画像


きゅうりの保存方法


保存方法常温冷蔵冷凍漬物乾物土中
対応状況-

きゅうりは基本日持ちのよくない野菜なので、なるべく早く食べるようにしたいものです。保存は冷蔵庫での野菜室、冷暗所での保存以外でも冷凍庫での保存や漬物にして保存、乾物にして保存することも可能です。そこでここではきゅうりを保存する場合の基本と、冷蔵庫、冷凍庫での保存方法、漬物や乾物にして保存する場合の方法などについて詳しく見て行きます。






きゅうりの保存の基本


水けをしっかりと取る

きゅうりは水気に弱い野菜で、表面に水分がついているとそこから腐り始めてしまいます。保存するときはよく水分をふき取りましょう。きゅうりはそれほど日持ちのいい食べ物ではありません。きゅうりはその大半が水分から構成されるので、日がたち水分が抜けていくと、味や食感が極端に落ちます。常温なら1、2日、冷蔵庫でも4、5日が限度です。



きゅうりの保存温度と保存湿度


きゅうりの最適保存温度と低温障害

きゅうりはもともと温かいところで栽培されるもので、低い温度で保存されると低温障害を起こしてしまいます。低温障害にもいろいろあって、みずっぽくなる、やわらかくなる、くぼんだ斑点ができる、黒褐色になるなどありますが、きゅうりの場合は5℃以下になると、白く濁った汁がにじみ出てきてそこから腐り始めてしまいます。

また中心部の周りに茶色の斑点ができてしまうこともあります。これはきゅうりに含まれるポリフェノールという成分が酵素の働きで酸化することで生じる現象です。変色の場合は食べても問題ありませんが味は落ちます。きゅうりにもっとも適した温度は10〜13℃です。


きゅうりの最適保存湿度

きゅうりは水分が多い食品なので乾燥した環境ではすぐに水分が抜けてしまいます。一方湿度が高すぎても水分が付着して腐りやすくなるので、最適保存湿度は90〜95%が適しています。保存するなら冷蔵庫の野菜室がいいでしょう。きゅうり以外の野菜の最適保存温度、湿度については野菜の最適保存温度と最適保存湿度についてで解説しています。



きゅうりを常温で保存


きゅうりを冷暗所で保存

きゅうりは10度〜13度くらいの環境が保存に適しています。冷暗所が確保できるなら常温での保存も可能です。冬場などで外気が低くなる季節で部屋の室温もそれほど上がらない環境なら常温でも保存できます。乾燥しないように新聞紙に包んでポリ袋に入れて保存します。冷暗所での保存で4、5日は持ちます。

まずは新聞紙の上にきゅうりを置き、くるくると巻いていきます。

新聞紙できゅうりを包んでいく


途中まで巻いたら上下からも折り曲げます。

新聞紙を上下からも折り返す


さらに巻き上げたらきれいに筒状に新聞紙で包むことができます。

新聞紙で包んだきゅうり


これをポリ袋に入れて口は閉めずに立てて保存しておきます。

新聞紙で包んだきゅうりをポリ袋に入れて保存

  • 使う道具 - 新聞紙、ポリ袋
  • 保存方法 - 新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷暗所でたてて保存
  • 保存期間 - 4、5日


冷暗所とは

冷暗所とは14度以下の環境で直射日光が当たらず、風通しのいい場所です。古い家なら軒下などが冷暗所になります。

各保存場所の温度

夏場はどうしても外気の気温が高くなるので冷暗所自体を確保するのも困難です。この場合は冷蔵庫の野菜室で保存します。



きゅうりを冷蔵庫で保存


新聞紙で包んで野菜室で保存

きゅうりを冷蔵庫の野菜室で保存する場合も基本的には常温保存の時と同じです。新聞紙またはキッチンペーパーできゅうりを包み、ポリ袋にいれて保存します。ポリ袋は密封せずに口を開いて保存します。

きゅうりは水分を多く含んだ野菜です。密封した環境では、きゅうりから放出された水分は逃げ場がないので、再びきゅうりの表面に付着します。そうするとそこから腐り始めてしまいます。

  • 使う道具 - 新聞紙、ポリ袋
  • 保存方法 - 新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室でたてて保存
  • 保存期間 - 1週間

実際にきゅうりを新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するとどのくらい鮮度は持つのでしょうか。気になったので実践してみることにしました。何もしないで野菜室で保存したきゅうりと新聞紙とポリ袋に入れて保存したきゅうりを比較してみたところ次のようになりました。

経過日数そのままのきゅうり保存法を試したきゅうり
1日目166.8g164.9g
3日目156.2g(-6.4%)162.6g(-1.4%)
5日目147.7g(-11.5%)161.4g(-2.2%)

何の対策もしてない方は水分が抜けて、5日目には重さが11.5%も減少しています。一方で新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存したほうはわずか2.2%しか減少していません。以下は何もしないで5日たったきゅうりです。ハリもみずみずしさも失われているのがわかるかと思います。

そのまま野菜室で保存した5日目のきゅうり


一方で以下は新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存したほうです。こちらは5日たってもハリもみずみずしさも失われていません。

新聞紙で包んでポリ袋に入れ、野菜室で保存した5日目のきゅうり


なお以下の動画でも新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存する方法の効果を、1日目、3日目、5日目と検証しているので、併せて参考にされてみてください。



ちなみにしなびてしまったきゅうりも、再生させて再びハリや固さを取り戻すこともできます。要は水につけて戻す方法なのですが、詳しくはしなびたきゅうりが元通りになるの?きゅうりの復活術、再生術を検証しますで解説しています。

また以下の動画でもその効果を検証しています。



立てて保存する

きゅうりを立てて保存する

きゅうりはへたの部分を上にして立てて保存します。縦に伸びる野菜では、土の中では横の状態から縦になろうとエネルギーを消費するものです。同じように横にして保存すると、上に立ち上がろうとして無駄に水分と糖分を浪費してしまい、その結果しおれるのが早くなります。立てて保存する時は、牛乳の空き箱やペットボトルを二つに切ったものなどを利用すると便利です。


きゅうりのへたはどっち?

きゅうりのへた

きゅうりのへたとは茎から切り離した方のことです。へた側とは反対側の丸みを帯びた方に花が咲きます。上の画像でもへたがどちらかを示しているので参考にしてみてください。


きゅうりを塩もみしてから冷蔵庫で保存

きゅうりは下処理してから冷蔵庫で保存しておくのもいいです。下処理しておけば、使う際の料理の手間と時間を省くことができます。

まずはきゅうりを小口切りにします。これを保存袋に入れ、上から塩をきゅうり1本(100g)に対して小さじ1/3振りかけて軽くもみます。あとはこのまま冷蔵庫で保存します。これで3〜4日は持ちます。

きゅうりを塩もみして保存袋で冷蔵保存

保存している間に水分が出てきますが、この水分は使う際にしぼればいいです。きゅうりの下処理保存についてはきゅうりを下ごしらえしてから保存で、忙しい料理の手間と時間を短縮でも詳しく解説しています。

  • 使う道具 - 保存袋、
  • 保存方法 - きゅうりを小口切りにして保存袋に入れ、塩を振りかけて冷蔵庫で保存
  • 保存期間 - 3〜4日



カットしたきゅうりの保存方法


カットして余ったきゅうりはそのまま何もせずに野菜室で保存すると5日目には以下の画像のようにかなり乾燥してしまいます。

5日目のそのまま野菜室で保存するカットしたきゅうり

一方でラップで包んで保存すれば、1週間でも以下の画像のようにしっかりと鮮度を保てます。なので1週間をめどに使いきるようにするといいです。詳しくはカットして使いかけのきゅうりを長持ちさせる保存方法の効果を検証しますでも解説しています。

1週間目のラップして保存するカットしたきゅうり

  • 使う道具 - ラップ
  • 保存方法 - カットしたきゅうりをラップに包んで保存
  • 保存期間 - 1、2日

また以下の動画でもカットしたきゅうりの保存方法について検証しています。




きゅうりを冷凍庫で保存


きゅうりを塩もみしてから冷凍保存

きゅうりはそのままだと冷凍保存には向きませんが、塩もみしてからなら冷凍保存することも可能です。塩もみの仕方は冷蔵庫での保存とは少し違います。

まずはきゅうりを小口切りにしてボールに入れ、塩をきゅうり1本に対して小さじ1/3ふりかけて軽くもみます。

きゅうりを小口切りにして塩を振る


しばらく置いておくときゅうりがしんなりして、水気が出てくるので、この水分ごときゅうりを冷凍用保存袋に入れます。あとは金属トレイの上にのせて冷凍保存します。これで1ヵ月は保存ができます。

塩もみしたきゅうりを保存袋に入れて冷凍保存

  • 使う道具 - 冷凍用保存袋、金属トレイ
  • 保存方法 - きゅうりを小口切りにしてから塩をふって水けを出し、水けとともにきゅうりを冷凍用保存袋に入れ、金属トレイの上にのせて冷凍保存
  • 保存期間 - 1ヵ月


水けとともに冷凍保存する理由

水気とともに冷凍した方が酸化や乾燥が防げ、よりシャキシャキ感を残すことができます。きゅうりの水気は使う際に解凍してから絞るといいでしょう。





きゅうりの冷凍保存のコツ


水けはしっかりと拭く

きゅうりを冷凍保存する際に水気が残っていると霜がつきやすく、霜があると解凍時に味が落ちやすいです。また水けによりきゅうり同士もくっつきやすくなって使う時にも不便です。キッチンペーパーなどでしっかりと水けをふき取ってから冷凍しましょう。


保存袋に保存日を記入

冷凍保存で注意しなければいけないのは長期保存できるからとついつい忘れてしまいがちなことです。後になっていつ頃保存したのかがわからなくなると、保存期間を超えているのかどうかも確認できません。そこで保存する際は保存袋に保存した日とその中身を記入しておくことで、後になってもいつ保存したのかがすぐ確認できるようになり便利です。

ジップロックの日付記入欄

ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。

ジップロック フリーザーバッグ
旭化成ホームプロダクツ

amazonで購入 楽天市場で購入


保存袋の空気はしっかりと抜く

きゅうりを保存するときは冷凍用保存袋の空気をしっかりと抜いてから保存しましょう。空気は熱伝導率が低いので、冷凍用保存袋の中に空気が多く残っていると、その分冷気が伝わるのも遅くなります。食品の冷凍保存の基本はいかに素早く冷凍させるかです。早ければ早いほど食品の鮮度の落ちも少なくて済みます。


薄く平らにして保存する

食品を保存する場合は保存袋になるべく薄く平らになるように広げて保存します。こうすることで冷気の伝わりも早くなり、また均一に冷凍することが出います。解凍時も素早く解凍することができます。


金属トレイで急速冷凍

金属トレイの画像

きゅうりを冷凍保存する場合、金属トレイの上にのせてから保存するといいです。金属トレイは熱伝導率が高いので、その分早く冷気を食品に伝えることができ、冷凍時間の短縮につなげられます。食品が早く冷凍出来ればその分鮮度の落ちも抑えることができます。きゅうりの冷凍保存についてはきゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介でも詳しく解説しています。



きゅうりの解凍方法


塩もみしたきゅうりの解凍方法

塩もみしたきゅうりは冷凍すると以下の画像のようにカチカチに凍ります。

冷凍した塩もみしたきゅうり


食べる際は前日に冷蔵庫に移して自然解凍するといいです。解凍は常温よりも低温下で行った方が水分の流出も少なく、味や食感が落ちるのも抑えることができます。炒め物などで使う場合は冷凍のまま料理に使ってもいいです。以下の画像は冷蔵庫で解凍した茹でたきゅうりです。

時間がない時は冷凍用保存袋に入れたままボールにいれて少しずつ上から水を流し続ける流水解凍でもいいです。

解凍した塩もみしたきゅうり

ちなみに上の解凍したきゅうりをボールに移すと下の画像のようになります。解凍でどの程度水分が出るのかがわかるかと思います。使う時は水けを絞ってから使います。

解凍してボールに移した塩もみしたきゅうり



下処理して冷蔵・冷凍したきゅうりを使ったレシピ


きゅうりとわかめのしょうが酢の物

塩もみしてから冷蔵庫や冷凍庫で保存しておいたきゅうりを使ったレシピをいくつか紹介していきます。まずはきゅうりとわかめのしょうが酢の物です。使う材料は以下の通りです。

きゅうりとわかめのしょうが酢の物

レシピ(2人前)
  • 塩もみしたきゅうり … 1本分
  • 生わかめ … 50g
  • 調味料A
    • だし … 大さじ1
    • 酢 … 大さじ1
    • 砂糖 … 大さじ1/2
    • しょうがのすりおろし … 1/2片
    • しょうゆ … 小さじ1

塩もみしたきゅうりは水けを絞ります。生ワカメは茹でてある場合はそのまま食べやすい大きさにカットします。

ゆでてない場合は水洗いして熱湯でゆで、色が変わったら冷水にとります。水気を絞って食べやすい大きさにカットします。

後はボールに調味料Aを入れてよく混ぜ、そこにきゅうりと生ワカメを入れてよく合えたら出来上がりです。

きゅうりとわかめを調味料と和える


きゅうりとツナのマヨネーズ和え

次にきゅうりとツナのマヨネーズ和えを紹介します。使う材料は以下の通りです。

きゅうりとツナのマヨネーズ和え

レシピ(2人前)
  • 塩もみきゅうり … 1本分
  • ツナ缶 … 1缶
  • 塩・あらびき黒胡椒 … 少々
  • マヨネーズ … 大さじ2

まずはきゅうりの水気を絞ります。ボールにきゅうりとツナを入れて塩、あらびき黒こしょうをふります。

最後にマヨネーズを加えてよく合えたら出来上がりです。

きゅうりとツナをマヨネーズと和える


きゅうりとささみの梅和え

次にきゅうりとささみの梅和えを紹介します。まずは使う材料です。

きゅうりとささみの梅和え

レシピ(2人前)
  • 塩もみきゅうり … 1本分
  • 鶏ささみ … 3本(160g)
  • 梅干し … 3個
  • しょうゆ … 少々

きゅうりは水けをきり、鶏ささみは白い筋をとります。鍋に水と塩(水1リットルに対し小さじ2)くわえて中火で沸騰させ、鶏ささみを入れて30秒茹でたら火を止めます。あとはふたをして8〜10分ほど余熱で加熱します。

茹でた鶏ささみは食べやすい大きさに裂いておきます。梅干しは種を取って包丁で細かく刻みます。

ボールに刻んだ梅干しと鶏ささみ、きゅうりを入れ、上からしょうゆをふりかけてよく合えたら出来上がりです。





きゅうりを漬物にして保存


きゅうりのピリ辛昆布味

きゅうりは漬物にして保存しておいてもいいです。まずは手軽にできるきゅうりのピリ辛昆布味の浅漬けの作り方を紹介します。使う材料は以下の通りです。

きゅうりのピリ辛昆布味

レシピ
  • きゅうり … 2本
  • 調味料A
    • 昆布だしの素 … 大さじ1
    • 赤唐辛子 … 1本
    • みりん … 大さじ1
    • 塩 … 小さじ1/2
    • 水 … 150ml

まずはきゅうりを一口サイズに乱切りにします。これを保存袋やポリ袋に入れ、調味料Aも一緒にいれて空気を抜きながら口を締めます。軽くもんでから冷凍庫で2〜3時間ほど置いておけば完成です。保存は冷蔵庫で3日ほど可能です。

乱切りにしたきゅうりを調味液に漬ける

  • 最低漬け時間 - 2〜3時間
  • 保存期間 - 2〜3日


蛇腹きゅうりの昆布風味

つぎに蛇腹きゅうりの昆布風味を紹介します。まずは使う材料です。

蛇腹きゅうりの昆布風味

レシピ
  • きゅうり … 2本
  • 調味料A
    • 水 … 200ml
    • 塩 … 小さじ1
    • だししょうゆ … 小さじ1
    • 昆布茶の素 … 小さじ1
    • 赤唐辛子 … 1本

きゅうりに下の画像のように斜めに切り込みを入れていきます。切り込みは厚さの半分ほどです。裏返して反対側にも同様に切り込みを入れます。そして2cmほどの長さに切り分けます。赤唐辛子は短冊切りにします。

きゅうりの蛇腹切り


切ったきゅうりと調味料Aを保存袋かポリ袋に入れ、軽くもんでから口を閉め、冷蔵庫で6時間ほど保存して完成です。冷蔵庫なら5日は保存ができます。

蛇腹きゅうりを調味液で漬け込む

  • 最低漬け時間 - 6時間
  • 保存期間 - 5日


きゅうりのポリポリ漬け

次にきゅうりのポリポリ漬けの作り方を紹介します。使う材料は以下の通りです。

きゅうりのポリポリ漬け

レシピ
  • きゅうり … 2本
  • にんじん … 長さ1.5cm分
  • しょうが … 1かけ
  • 調味料A
    • 水 … 100ml
    • しょうゆ … 50ml
    • 酒 … 50ml
    • 赤唐辛子 … 1本
    • 砂糖 … 大さじ1
    • 酢 … 小さじ1
    • 塩 … 少々

まずはきゅうりは0.7mmの厚さに小口切りに、にんじんとしょうがは皮をむいて1.5cmの長さに千切りにします。

鍋に調味料Aを入れて一煮立ちさせたあと火を止め、きゅうりとにんじんとしょうがを加えて、途中まぜながら冷めるまで置いておきます。

調味液にきゅうりを入れ一煮立ちさせ冷ます


冷めたら野菜を越して残った汁を再び一煮立ちさせて火を止めます。野菜を再び加えて冷めるまで待ちます。冷める際に味がよく染み込むので、この工程を合計3〜4回繰り返します。

きゅうり、しょうが、にんじんをこす


最後は汁気を切って冷蔵庫で保存します。これで1週間は持ちます。

  • 最低漬け時間 - 3〜4回漬ける
  • 保存期間 - 1週間


きゅうりと大根のピクルス漬け

長期保存が可能なきゅうりと大根のピクルス漬けも紹介します。まずは使う材料です。

きゅうりと大根のピクルス漬け

レシピ
  • きゅうり … 2本(200g)
  • 大根 … 1/3本(300g)
  • みょうが … 3個
  • 調味料A
    • みりん … 50ml
    • 酒 … 50ml
    • 昆布(2 × 3cm) … 1枚
  • 調味料B
    • 酢 … 200ml
    • 薄口しょうゆ … 50ml
    • 赤唐辛子 … 1本

作り方はまずはきゅうりを縦4等分に切って、5cmほどの長さに切り分けます。大根は1cmほどの厚さでいちょう切りに、みょうがは縦4等分に切り分けます。

きゅうり、大根、みょうがを瓶にランダムに詰め込みます。

小鍋に調味料Aを入れて中火で40秒ほど火にかけ、調味料Bも加えて一煮立ちさせます。これをまだ熱いうちに野菜の上から注いでいきます。

きゅうりと大根とみょうがを漬ける


熱がさめたら蓋をして室温で3時間ほどつけておけば完成です。冷蔵庫で1か月ほど保存ができます。きゅうりの漬物やピクルスレシピについては本格きゅうりの漬物、浅漬けレシピ、保存期間や作り方のコツも解説でも詳しく解説しています。

  • 最低漬け時間 - 3時間
  • 保存期間 - 1ヵ月





きゅうりを乾物にして保存


きゅうりを干して長期保存

乾燥用のきゅうりの輪切り

きゅうりを干して乾物にして保存することもできます。干すことにより水分が抜け調理後もみずっぽくなりません。また青臭さも抜けうまみも凝縮されます。食感も通常のきゅうりとも漬物とも違うバリバリとしたものになります。作り方はきゅうりを1僂曚匹慮さで輪切りにして、ざるに乗せて2〜3日ほど天日干しします。水分が残っていると腐ったり虫が湧いたりするのでしっかりと乾燥させます。乾燥したものを保存袋に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヵ月は持ちます。

食べる際はそのまま汁物に加えてもいいですし、水で戻して水分を絞り、炒め物などにつかってもいいでしょう。


保存袋には日付を記入しておく

乾燥させるときゅうりも長期保存ができるので、冷凍保存の時と同様後になって使う際にいつ保存したのかがわからなくなって、まだ保存がきくのかどうかも判断つかなくなっては大変です。そこで保存する際には保存袋に保存日を記入しておくようにしましょう。


干しかごで鳥や虫よけ

キュウリは日当たりがよく風通しのいいベランダなどでざるに乗せて干しておくといいでしょう。夏場は湿気が多いのであまり乾燥には適していません。また夜も湿気が高くなるのでその場合は夜は室内に入れるといいでしょう。ざるをそのまま置いておくと鳥や虫などがつかないかが心配な方もいるかと思います。その場合は全体が網で覆われた干しかごが便利です。

万能干しカゴ 3段 50×50×高さ55cm アウトドア 干し物に活躍
全国家庭用品卸商業協同組合

amazonで購入 楽天市場で購入



保存方法別の保存期間の目安


キュウリは常温なら1、2日、冷暗所なら4、5日、冷蔵庫の野菜室なら1週間ほど保存できます。薄く小口切りにして塩を振って水けを出して、水けをきってから冷凍保存することもできます。冷凍保存なら1ヵ月は保存できます。キュウリは浅漬けや本格漬けなら3〜7日ほど、ピクルスなら1ヵ月ほど保存ができます。キュウリを乾燥させて保存すれば1か月ほど保存ができます。

保存方法保存期間
常温保存1、2日
冷暗所で保存4、5日
冷蔵保存1週間
下処理して冷蔵保存3〜4日
冷凍保存1ヵ月
漬物にして保存3日〜1ヵ月
乾物にして保存1ヵ月





きゅうりが傷んで腐ってくるとどうなる?


きゅうりは傷んでくると張りや弾力が失われ、身はやわらかくなりすぐに崩れやすくなります。また断面は黄色や白色に変色してきます。匂いも酸っぱい匂いや腐敗臭がしてきます。こうなるともう食べられないので処分しましょう。



きゅうりの見分け方・選び方


太さが均一で色つやのいいもの

きゅうりを長持ちさせたないなら、まずは購入段階でしっかりと鮮度のいいものを選ぶことが大切です。きゅうりはその約95%が水分です。育ち過ぎのものはきゅうりのお尻の部分に水分がたまって膨らんできます。選ぶなら太さが均一なものにしましょう。きゅうりは曲がっていても特に鮮度には関係はありません。きゅうりの色が濃い緑色でつやのあるものも鮮度がいいです。

きゅうりが濃い緑色でつやがある


張りや重量感のあるもの

きゅうりは鮮度が落ちると水分が抜けていき張りや重量感が失われていきます。触ってみて張りがあり重量感のあるものも選びましょう。イボがあるタイプのきゅうりではとげが鋭く、触るとチクチク痛いものほど鮮度がいいです。くわしくはきゅうりの見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!で解説しています。

また下の動画でもきゅうりの見分け方・選び方を解説しているので合わせて参考にしてみてください。





保存方法まとめ


買ってきたきゅうりは表面に水分が付いていたらしっかりとふき取り、乾燥しないように新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、口を閉めないで密封せずに保存します。冷蔵庫の野菜室にへたの部分を上にして立てて保存します。牛乳の空き箱やペットボトルがあると立てかけるのに便利です。

きゅうりはみずみすしさが命で水分が多いため、日がたち水分が抜けると味や食感が一気に落ちます。そのため早めに使い切るのが基本で、野菜室での保存でも1週間が限度です。長く保存したいならピクルス漬けにしてもいいです。また薄く小口切りにして塩もみしてから冷凍保存すれば1ヵ月、1cmほどに輪切りにしてしっかりと乾燥させてから保存袋に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヵ月は保存ができます。




※参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
野菜の基礎知識
野菜のソムリエ
料理の裏ワザ便利帳
もっとおいしくながーく安心
農家が教える加工・保存・貯蔵の知恵
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
簡単ベジスットクで夕飯も安心!野菜のおいしい使いきり
もっとおいしく!攻めのフリージング術
一生モノの冷凍保存 節約おかず366品
いちばんわかりやすい基本の漬けもの
はじめての漬け物と梅干し




最終更新日 2020/11/13




その他の野菜の保存方法


オクラの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
オクラの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
かぼちゃの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
かぼちゃの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
カリフラワーの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
カリフラワーの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ゴーヤ(にがうり)の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ゴーヤ(にがうり)の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
さやいんげんの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
さやいんげんの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
そら豆の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
そら豆の保存方法と保存期間、長持ちのコツ
とうもろこしの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
とうもろこしの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
トマトの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
トマトの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ミニトマトの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ミニトマトの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
なすの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
なすの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
パプリカの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
パプリカの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ピーマンの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
ピーマンの保存方法と保存期間、長持ちのコツ
もやしの保存方法と保存期間、長持ちのコツ もやしの保存方法と保存期間、長持ちのコツ


その他の食品群の保存方法





















食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved