生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

水の使用量を知る


蛇口の流水量
東京都水道局のホームページを参考に蛇口の回旋度と流水量の関係をグラフで表しました。通常90度で1分間の流水量が12リットル、全開にすると21リットルぐらいになります。なおこれは口径が13mmで水圧0.1MPa(メガパスカル)の時の水量です。口径についてはこちらのページで詳しく解説しています。水圧についてはその地域を通る水道管の水圧やメーターの水圧調整など様々な要因が関係してくるので、0.1MPaの時の水圧を元に計算したこちらのデータはあくまで参考程度にご覧ください。各家庭でも同様の流水量になるという事を保証したものではありません。




自分で計ってみる
蛇口を全開にした時の水量を正確に計る方法はすこし手間が掛かりますが誰でもわりと簡単にできます。やり方は10秒でも5秒でもかまいません。長めの方が正確でしょうから10秒としましょう。タイマーで時間を計ってバケツに蛇口全開にして水を入れます。で10秒間でどれだけの水がたまったか計りそれに6をかければ1分間になりますので計算で1分でどれだけの流水量になるのかがわかります。同様に通常使う蛇口の捻り具合で10秒間でどれだけ水がたまるかを計れば通常使う蛇口の捻り具合での1分間の流水量も計算することが出来ます。流水量をバケツで計るときは体重計でも十分です。水1リットルは約1kgですので体重計でも問題ありません。

もっと簡単な方法は蛇口を全開にした状態で急いで水道メーターまで向かい、タイマーを押して10秒計ります。その間どれだけメーターが動いたかで大体の水量を計ることが出来ます。これだといちいちバケツに水を入れたり体重系に乗せたりしなくてもいいので簡単です。水を流しっぱなしだと無駄になるのでその間バケツに溜めておくといいでしょう。


使用水量の把握と節水への心構え
食器洗いや洗車など大量に水を使う作業でも実際どの程度水を使用しているのかなかなか把握しずらいものです。しかしながら自分が使う蛇口の捻り具合での1分間の流水量がわかれば、全体の使用量はだいたい把握する事ができます。普段何気なく使っている水も例えば蛇口を30度捻って無駄に1分間流し続ければそれだけで6リットルも無駄に消費されるのです。6リットルという実際の数値を聞くと無駄の大きさに気付かされると思います。そうすると無駄な水の使用をなくそうとする気持ちも強くなるはずです。水の使用量を実際に把握するというのは、節水のための大1歩なのです。




流しっぱなしに注意
食器洗いでも車の洗車でも使わないときは蛇口のこまめな開閉が大切です。例えば食器洗いですが一皿一皿でなく、ある程度まとめてまずは水でさっと汚れを落とし、続いて洗剤をつけたスポンジで洗い、最後によく水洗いする。そのスポンジで洗う際にこまめに蛇口を開閉すればその間水は流しっぱなしにはならずに済み、大雑把ですが2〜3割は少なくとも全体の水使用量を減らすことが出来るはずです。食器洗いに20分かかるとすればその3割だと約6分で蛇口を30度捻った状態なら6×6で36リットルも水を節約できるのです。蛇口の先をシャワーに変えれば水圧も利用できるので使用する水の量ももっと少なくできるはずです。歯磨きでも洗顔でも何でもそうですが、自分が考えている以上に水の流しっぱなしは大きな水の無駄につながっているのです。やはり使わない間はこまめに蛇口を閉める事が大切なのです。




※ 参考文献
東京都水道局
科学的に正しい暮らしのコツ


text by 2008/10/31
 TOPへ   水道代節約TOPへ   HOMEへ




水道代節約の基礎一覧


場面別節水術一覧


節水用具編一覧


水使用量一覧








PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved