HOME >> 国内旅行ホテル宿泊予約サイトTOP
特集企画

国内旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧



国内ホテル宿泊予約サイトの特徴とメリット


国内ホテル宿泊予約サイトとは


国内ホテル宿泊予約サイトとは国内のホテルや旅館などの宿泊施設を予約申込できるサイトです。数多くの宿泊施設を取り扱っていて、地域での検索のほか、宿泊日、人数、部屋のタイプ、食事付きかどうか、禁煙、喫煙どちらなのかなど様々な条件を設定して希望の宿泊施設を探せます。


24時間いつでも申込できる


実店舗や電話受付では営業時間外には予約の申込をすることは出来ませんが、インターネットなら24時間いつでも申込をすることが出来ます。


口コミも確認できる


多くの宿泊予約サイトで各宿泊施設ごとに口コミ情報も掲載しています。実際に宿泊された方の生の情報ですので、ホテルや宿選びの参考になるはずです。


価格や評価順で比較できる


宿泊予約サイトで条件をしていて検索すると、条件に合致するホテル一覧が表示されますが、価格の安い順や高い順、口コミなどの評価の高い順などで並べ替えることも出来ます。価格を優先したい方、評価を優先したい方に便利な機能です。



各国内ホテル宿泊予約サイトの紹介



楽天トラベル
楽天グループが運営するホテル宿泊予約サイトです。国内、海外のホテルの宿泊予約が可能です。宿泊予約で楽天スーパーポイントも貯まります。ホテル選びの参考となる口コミの件数も830万件を超えます。他にもホテルがお得に利用できる割引クーポンの紹介や割引チケットや無料宿泊券などが当たる懸賞サービスも実施しています。

主な特徴
・取り扱い宿泊施設数が豊富
・口コミ投稿数が豊富
・割引クーポンが充実
・各種懸賞企画も実施
・支払いは現地支払が基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


るるぶトラベル
大手旅行会社のJTBグループが運営する国内ホテル宿泊予約サイトです。ホテルの予約やツアーの申込み、口コミの投稿などでも貯まるポイントサービスも充実しています。ホテルの宿泊予約で使える各種クーポン情報も随時掲載しています。

主な特徴
・取り扱い宿泊施設数が豊富
・口コミの投稿でポイントがもらえる
・割引クーポンもある
・支払いはクレジットカードと現地支払どちらも可

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


JTB国内宿泊予約
こちらもJTBが運営するサイトです。現在運営体系はるるぶトラベルと分かれているようですが、2017年にはるるぶトラベルと統合される予定です。掲載内容が若干異なる部分もあるため、両方のサイトを利用することをおすすめします。

主な特徴
・宿泊施設数が豊富
・クレジットカードでの支払いが基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


エクスペディア
エクスペディアは世界最大規模を誇る大手宿泊予約サイトです。最低価格保証サービスも実施しており、他社よりも高ければ差額分×2がクーポンとしてもらえます。またホテルやツアーの予約で貯まるポイントも割引クーポンと交換が可能です。

エクスペディアでは会員制度も充実していて利用額に応じて会員ランクもアップし、ポイント還元率も高くなります。

主な特徴
・最低価格保証あり
・利用額に応じて会員ランクアップ
・貯めたポイントと交換の割引クーポン
・支払いはクレジットカードが基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


Hotels.com
大手旅行サイトを運営するエクスペディアのグループサイトです。エクスペディアと同様最低価格保証サービスや、対象のホテル(約10万件)にとまると宿泊数が貯まり、10件になると1回分の無料宿泊券が貰える「Welcome Rewards」などのサービスも実施しています。

主な特徴
・最低価格保証あり
・宿泊施設数が豊富
・10回泊まる一泊無料のWelcom Rewards
・支払いはクレジットカードが基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


agoda
agodaは世界有数の宿泊件数を誇る大手旅行宿泊予約サイトです。本社はシンガポールにあります。最低価格を保証する「ベスト価格保障」も実施しています。

主な特徴
・ベスト価格保証あり
・口コミ投稿数が豊富
・クレジット事前支払が基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


一休.com
一休.comは国内の高級ホテル、高級旅館に特化した宿泊予約サイトです。旅館のほかレストランなどの予約も可能です。ポイントサービスも実施していてホテル予約とレストラン予約の両方でポイントが加算されます。

主な特徴
・高級旅館・高級ホテルに特化
・クレジットカード事前支払が基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


yoyaQ.com
大手比較サイトの価格ドットコムが運営する国内ホテル宿泊予約サイトです。コンビニやDVDのレンタルなど提携企業の数も多いTポイントにも加盟しており、宿泊予約でTポイントが貯まります。また口コミ投稿でもポイントがもらえます。

主な特徴
Tポイントがたまる
現地支払が基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


ゆこゆこネット
国内の温泉宿や温泉旅館を中心に掲載している宿泊予約サイトです。購読料無料の温泉情報誌「ゆこゆこ」も発行しています。

主な特徴
・温泉宿や温泉旅館を中心に紹介
・温泉宿情報誌(無料)も発行
・現地支払が基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細


トクー
会員制の国内宿泊予約サイトです。会員(無料)登録しないとホテルの価格を確認することが出来ません。

主な特徴
・有料会員性ありの宿泊予約サイト
・現地支払が基本

宿泊施設 ポイント制度 会員制
口コミ 詳細
詳細




国内ホテル宿泊予約サイトの選び方


宿泊施設数で選ぶ


宿泊予約サイトを選ぶ第一のポイントはやはり宿泊施設数の多さでしょう。たくさんの宿泊施設があればそれだけ選択の幅も広がることになります。宿泊施設数についてはサイト上で確認できますが、合計宿泊施設数を記載していないサイトも少なく有りません。記載していないサイトではどの程度宿泊施設数があるのかは、実際に目的地を選んで検索して見ないことにはわかりません。一方合計宿泊施設数を記載しているサイトなら宿泊施設数の充実度が一目でわかるので、ユーザーにとってわかりやすくて便利だとえいます。

合計宿泊施設数を記載しているサイトと記載していないサイトが混在している以上、どの宿泊施設数を選べばいいのかは判断が難しいところです。合計宿泊施設数を記載しているサイトの中から選ぶのもいいのですが、記載していないサイトが以外に宿泊施設数が充実しているかもしれません。そこで実際に目的地を決め、検索して見た結果をこちらで取り上げて見ました。詳しくはリンク先を見ていただければと思います。実際検索して見た結果宿泊施設数が充実しているのは、楽天トラベル、Hotels.com、るるぶトラベル、JTB国内宿泊予約の4サイトでした。充実の宿泊施設数の中から検索したいのであればこれら4サイトを抑えておけばいいでしょう。

宿泊施設数の多いサイト
楽天トラベル るるぶトラベル Hotels.com JTB国内宿泊予約

宿泊施設数が普通なサイト
一休.com yoyaQ.com エクスペディア agoda

宿泊施設数が少なめなサイト
ゆこゆこネット トクー


価格で選ぶ


宿泊予約サイトを選ぶもう一つ重要なポイントはなんと言っても価格でしょう。価格は1円でも安いに越したことは有りません。しかしながらどのサイトが安いかは同じ条件で検索してみて各サイトを回って比較して見るほか有りません。上記で宿泊予約サイト一覧を一つずつ試してみていき、最も安いところで宿泊予約をするといいでしょう。全部見て回るのは大変だというのであれば、とりあえずは最低価格保障をしているエクスペディアやhotels.com、agodaで検索してみてはいかがですか。ただし最低価格保障というのは常にサイト側が各宿泊予約施設の価格をチェックして最低価格を保障しているというのではなく、利用者の申告により他に安い価格があった場合に修正するというケースが多いようです。そのため必ずしも掲載されている価格が最低価格であるわけではありません。しっかりと最低価格で予約したいなら実際に各サイトを回って見たほうが確実だといえます。

最低価格保障について


最低価格保証型サイトの使い分け


上記で述べた最低価格保証サイトではエクスペディアのみ差額の2倍を返金してくれるので、返金額は他社よりもお得です。ただし最低価格保証の申請は宿泊予約した日の翌日までです。いっぽうhotel.comとagodaは返金されるのは差額分だけですが、宿泊予約した日から宿泊予定日の前日まで最低価格保証を申請することができます。

宿泊予約をした時点で他社の方が安い場合は差額の2倍が貰えるエクスペディアで先に予約して最低価格保証を申請するといいでしょう。現時点で見つからない場合は宿泊予定日までに値下げされる可能性なども考慮してhotels.comやagodaで予約するというのも一つの方法です。もちろん必ずしも値下げがなされるとは限りません。

エクスペディア agoda Hotels.com


口コミの充実度で選ぶ


宿泊施設は値段や立地条件も重要ですが、実際に泊まって見ないことにはわからないことも多々有ります。実際に泊まった方は満足した点や不満が残った点などさまざまなことを感じているはずです。そうした情報は口コミという形で各宿泊予約サイトで収集され、次の利用者の参考になるようサイト上で掲載されています。この口コミ情報が充実しているサイトほど事前により多くの情報を収集できるので有益なサイトであるといえます。各サイトの口コミ情報に関してこちらで詳しく取り上げていますが、口コミ情報が充実していておすすめなのは楽天トラベルとagodaの2つのサイトです。

おすすめ
楽天トラベル agoda


口コミの投稿でポイント獲得


宿泊予約サイトの中には口コミの投稿でポイントが付くところもあります。るるぶトラベルでは口コミを投稿すると自社の宿泊予約代金などに充てることができるポイントがもらえます。なお投稿する場合は自サイトを通して宿泊予約をした宿泊施設のみです。他社のサイトでホテル宿泊予約をした場合はトリップアドバイザーが便利です。同サイトはホテルの口コミ・体験談の専門サイトで、利用したサイトに関わらず、ホテルへの口コミ投稿ができ、採用されるとJALやANAのマイルがもらえます。

おすすめ
るるぶトラベル トリップアドバイザー


ポイント制ってどうなの?


一見するとポイントがあるサイトのほうが有利に思えますが、ポイント制を採用しなくてもその分価格が安ければ結果は同じです。ポイントがあるから必ずしもお得だとはいえないということです。宿泊予約サイトを選ぶ際は必ずしもポイント制の有無についてこだわる必要は有りませんが、宿泊予約サイトをいくつか検索して価格面で条件が同じ場合はポイント制があるサイトのほうがポイント分有利になります。したがってまずは価格面で各サイトを検索して見てその次にポイント制の有無について確認するといいでしょう。


クーポンが使える


旅行宿泊予約サイトの中にはクーポンを発行しているサイトもあります。クーポンは宿泊代金から500円割引、1000円割引、5%割引などの内容です。各宿泊施設でのみ使えるクーポンが多いです。クーポンには使用期限なども設定されているので期限切れになると使えなくなります。楽天トラベルなどはクーポンの数も多く、地域ごとに検索も出来るのでお目当ての地域やホテルでクーポンがないかどうか確認してみてもいいでしょう。るるぶトラベルはクーポンの数はそれほど多くはありませんが、奈良県や京都などその地域のホテルでの宿泊代金が割引になるなど、かなり広い範囲で使えるクーポンがるのが特徴です。どの地域のクーポンがあるのかは時期によって異なるようです。使えるクーポンがないかどうかこ の二つのサイトをチェックしておくのもいいでしょう。

おすすめ
楽天トラベル るるぶトラベル



国内ホテル宿泊予約サイトを賢く活用


早期予約で宿泊料をお得に


各ホテルでは様々なプランが用意されていて、その中には7日前まで、28日前までなど申し込み締め切り日を早めに設定し、その代わり宿泊費を通常よりも安くする早割プランというものもあります。こうした早割プランは各ホテル予約サイトのキーワード検索で早割や早期割引などと入力すると探すことができますが、特集ページを用意してそこでまとめて掲載しているサイトもあります。こうしたサイトは早割プランだけに絞ってホテルを探す場合には便利です。

またこうした早期割引プランでは通常よりも多くのポイントが付くものや、料理付きのプランでは、料理に一品プラスしたりビール1本サービスするなどの特典が付くものもあります。早期予約は1週間前から長いものだと3か月以上前に締め切りを設けているものもあります。早期に締め切るものは割引率もそれだけ高いものが多いようです。ある程度宿泊予定日まで日にちがある場合は、こうしたプランを探してみるのもいいのではないでしょうか。早割プランについてはホテルの早割りプランを狙え、早期予約でお得にでも詳しく解説しています。るるぶトラベルとyoyaQ.comでは早割プランの特集ページを用意していて、プランによってはポイントが多めにもらえるものもあるようです。

るるぶトラベル yoyaQ.com


支払いはクレジットカードがお得


宿泊予約サイトの支払いは現地での支払いとクレジットカードによる事前支払が一般的です。どちらに対応しているかは各宿泊予約サイト、各宿泊施設ごとに異なります。支払にクレジットカードを利用すればその分クレジットカードでのポイントがたまります。また各宿泊サイトが用意しているポイントもたまるので2重にポイント獲得することができます。現地での現金支払いの場合はポイントはたまらないので、どちらか選べる場合はクレジットカードでの支払いがお得です。宿泊予約サイトには現地支払が基本のサイトとクレジットカードでの事前支払が基本のサイトの2通りがあります。クレジットカード支払いが基本のサイトは以下の通りです。

エクスペディア JTB国内宿泊予約 agoda hotels.com 一休.com るるぶトラベル


宿泊代は平日の方がお得


これは比較的ご存知の方も多いかもしれませんが、ホテルの宿泊費は祝祭日前よりも平日前の方が安くなります。わざわざ繁盛期に料金を安くする必要はないので祝日前は高めの料金を設定し、客足が落ち着く平日はそれよりも安く料金を設定しているわけです。例えば土日が祝日だとしてその前日の金土は宿泊費は高くなります。宿泊予定日に比較的融通がきくならあえて休日前ははずして、平日を狙うのもホテル代を安くするコツです。










最終更新日 2016/10/29
公開日 2004/08/13





since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved