HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > いろはに香辛料 > ローズマリーの味や香り、効能、使い方、利用法について



ローズマリーの味や香り、効能、使い方、利用法について



ローズマリーのホール


ローズマリーの紹介



しそ科の常緑低木です。針のような細く長い葉が密生し、青みがかった白い花が多数咲きます。スパイスとしては葉の部分を使います。原産地は地中海沿岸で海に近く湿度の高い土地にあり、その青く小さな花がまるで海のしずくのように見えたことからRos(露) +marinus(海の)と名づけられました。

名前にまつわる伝説もいくつかありますが有名なのはキリスト教にまつわる話です。聖母マリアがキリストを抱きかかえてヘロデ王の迫害を逃れてエジプトへと逃亡中、白い花が咲き乱れる中に立つ木に身に付けていた青いマントをかけて休憩していました。目がさめてあたりを見渡した所、白い花がマントと同じ青色に変わっていたので、このハーブをマリアのバラ(Rose of Mary)と呼ぶようになったという話です。ローズマリーの強い香りもキリストが悪魔を払うために授けたものだと信じられてきました。

特徴解説
学名Rsomarinus officinalis
名称ローズマリー(英)、ロマラン(仏)、迷迭香(マンネンロウ・日本)
語源海のしずく(Ros marinus)、マリアのバラ(Rose of Mary)など
原産地地中海沿岸
種類しそ科の常緑低木
樹高60〜150
使う部位花、葉、茎



ローズマリーの歴史



古くは古代エジプト時代から

ローズマリーの歴史は古く古代エジプト時代の墓からもローズマリーの枝が発見されています。古代ギリシャ時代には神にささげる食物としても利用されていたようです。古代ギリシャではローズマリーは頭脳を明晰にし、記憶力をよくすると信じられていたので、学生は試験前にローズマリーを花輪に編んで、髪に結んでから試験に挑んでいたようです。また記憶力から「不変の愛の結びつき」という意味に転じ、愛と忠誠のシンボルとしても親しまれていたようです。現在でもヨーロッパの一部では、結婚式の際新婦から新郎へ、生涯貞節を失わないようにとローズマリーの花束が贈られる習慣が残っているようです。

美容とローズマリー

14世紀にはハンガリーの王妃エリザベートがローズマリーを主成分とした「ハンガリアン・ウォーター」を使用して若さと美しさを保ち、70歳にしてポーランドの国王からプロポーズされたといった逸話も残っています。現在でもローズマリーの成分はアンチエイジング効果を期待され様々な化粧品で用いられています。



ローズマリーの種類



ローズマリーの品種で言えばトスカナブルーとプロストラータスが有名です。トスカナブルーは葉が幅広く淡い緑色で、薄い青色の花を咲かせます。生育もよく香りも強いので料理によく適しています。トスカナブルーは比較的まっすぐ上に育っていきますがプロストラータスは横に横にと広がっていきます。名前の由来のプロストも地をはうようにという意味です。斜面の花壇や石垣の縁、バスケットなどで飼育するとその特徴をよくいかせます。



ローズマリーの味や香りの特徴



甘い芳香とほろ苦い香りが特徴です。樟脳(しょうのう)のような清涼感あふれる香りと日本のお茶にも似た芳香が特徴です。樟脳はメンソールに似た香りです。

特徴解説
香り甘くほろ苦い、メンソールに似た清涼感も



ローズマリーのよく合う料理



ローズマリーの葉

肉料理、魚料理に

香りが強いのでとくに肉料理の臭い消しとして利用されてきました。中でも羊料理には抜群の効果を発揮します。羊以外でも鶏肉や豚肉料理にもよく使われます。またサケやマグロのステーキなどの味の引き立てにも効果的です。イワシやあじなどの淡白な魚にも合います。

野菜料理やお菓子にも

肉や魚以外でも野菜料理やお菓子でも利用されます。長時間の調理もできるので特にじゃがいもやかぶ、カリフラワーなどをゆでる際に、ゆで汁に少し加えれば、素材の臭みを消しながらいい香り付けをすることができます。トマトソースやオムレツ、フリッタータ(イタリアのオムレツに似た卵料理)にも使えます。

ローズマリーの料理での使い方

肉料理や煮込み料理、スープやシチューでローズマリーを使うときは枝ごとくわえて調理し、皿に盛り付けるときに枝を取り出します。

ローズマリーをお菓子で使う場合

ローズマリーをお菓子で使う場合は、直接加えずお菓子の材料であるミルクなどに葉を浸して、香りを移してからうつしたものを使うといいでしょう。

料理使用例

ジャンル料理名
お菓子プディング
肉料理鶏肉料理、豚肉料理、仔羊・仔ヤギのグリル・ロースト、牛肉のステーキ
魚料理魚料理、サケやマグロのステーキ
野菜料理カリフラワー、ジャガイモ、かぶをゆでる際に使用、ローストポテト、ポトフ、トマトソース
卵料理オムレツ、フリッタータ



ローズマリーバターの作り方



ローズマリーバターに合う料理

ローズマリーはみじん切りにしてバターと混ぜ合わせて料理に使ってもいいです。トーストやふかしたジャガイモ、オムレツなどシンプルな料理と併せてもバターのコクやハーブの風味が加わり、素材の味が引き立ちます。サンドイッチで他の具材と一緒にはさんで使ってもいいでしょう。

ローズマリーバターの作り方

まずは室温でバターを柔らかくしておきます。そこにみじん切りにしたハーブとレモン汁を加えよく混ぜ合わせて、ラップに包んで形を整えて冷蔵庫に入れた固めます。使うときは必要な分だけ切り分けます。

・バター…100
・ローズマリー(みじん切り)…大さじ1
・レモン汁…少々

複数ハーブと混ぜ合わせてもいい

ハーブは一種類ではなく複数混ぜ合わせて使うと一種類では強すぎる香りに複雑さが加わり、マイルドに仕上がります。ここではパセリやセージ、タイムのみじん切りを加えてもいいでしょう。複数加える場合はそれぞれの分量を減らして全体量を調節するといいです。

バターを柔らかくするには

冷蔵庫に入れているバターは固いので常温で柔らかくしておきます。冬場など寒い時期は室温も低いのでなかなか柔らかくなりません。そんな場合には湯銭で柔らかくしたり、レンジで一番弱いワット数で5秒、10秒ずつ試してみて、柔らかくなりすぎて溶けない程度で加熱するといいでしょう。



使用上の注意



生のローズマリーの使い方

乾燥したものではなく生のローズマリーを使う場合は若枝ごと使うことが多いです。乾燥したものよりも青臭さも強いので、一緒に食べないようにしましょう。使うときは料理に添えたり、調理の際に下に敷いて使うといいでしょう。ちなみに下の画像は乾燥させたローズマリーの葉です。

ローズマリーの乾燥葉

保存は日陰で、使用はホールがおすすめ

ハーブ類は一般的に直射日光に弱いので、日陰で風通しのいい涼しい場所で保管してください。パウダータイプはどうしても使用量が多くなりがちなので、ホールタイプを使うといいでしょう。ホールとは加工前の状態で、ローズマリーなら葉っぱの状態のものを指します。ホールは手でもんでから使うと香りがよく出ます。



オイルにつけて保存



料理の隠し味や仕上げに

ローズマリーは生の葉でも乾燥したものでもどちらでもかまいませんが、オリーブオイルなどにつけておくと1か月ほど保存ができます。オイルは料理の仕上げやドレッシングなどに利用するといいでしょう。

ローズマリーオイルの作り方

ローズマリーを軽く一握りほど取り、よく洗って乾燥させます。乾燥させたローズマリーを手でもんで、香りを出してから密閉できる容器に入れ、500佞離リーブオイルを入れてふたをして保存します。2週間ほどすると香りが出るのであとは料理に使います。



ローズマリーの精油



精油が最初に抽出されたのは

ローズマリーの精油が初めて抽出されたのは14世紀に入ってからで、当時人気だった「ハンガリー王妃の水」にも使用されました。この水の使用が体の動かなかった王妃を回復させたといった逸話も残っています。

香料や化粧品、薬として利用

ローズマリーは香料としても古くから使われてきていて、現在でもその精油成分はロスマリン油と呼ばれ、オーデコロンやデオドラント、ヘアトニックなどの化粧品成分に利用されています。また精油成分であるピネン、ボルネオール、カンファー、シオネールなどは滋養強壮、消化促進、殺菌、利尿などの作用があり、ヨーロッパでは医療にも利用されています。

入浴剤として利用

リラックス効果やリフレッシュ効果もあるので入浴剤として利用してもいいでしょう。筋肉の疲労やむくみの解消にも効果的です。なお妊娠中や高血圧、てんかんなどの持病を抱えている方は使用を控えた方がいいでしょう。

特徴解説
精油成分ピネン、ボルネオール、カンファー、シオネールなど



ローズマリーティー



ローズマリーティーの効果

ローズマリーティーは古くから親しまれてきた伝統的なハーブティーです。その刺激的な香りは脳の働きを活性化して集中力を高める働きがあります。また血行促進効果もあるので朝起きてからの一杯で目覚めがよくなり、頭もスッキリします。

ローズマリーティーの画像

記憶力や集中力を高める

ローズマリーの主成分であるシオネールは脳の血流量を増やすことがわかっています。血流量が増えることで脳細胞が活発に働き、集中力や記憶力が高まると考えられます。

ローズマリーティーの作り方

ローズマリーは乾燥させた葉だと刺激が強すぎるので生の葉を使うといいでしょう。ローズマリーの生葉小さじ5杯にティーカップ二杯分の熱湯を注ぎ、3分ほど待ちます。紅茶と混ぜるとくせがなくなり飲みやすくなります。またお好みではちみつやレモン、砂糖などを加えてもいいでしょう。ステビアの葉を加えると甘みがプラスされます。ちなみに上の画像は紅茶にローズマリの葉を加えたものです。飲む際はローズマリーの葉を取り出してから飲みます。なお長期間の連続した飲用は避けた方がいいでしょう。また妊娠中や高血圧の人も使用量には注意が必要です。



ローズマリーを購入するなら



ローズマリーは瓶詰、またはパック詰めで市販されているものが多く、価格は安いものだと200円台からあります。メーカーはマスコットやGABAN、S&B、マコーミックなどが有名です。マスコットは国内の老舗のスパイス専門の会社で、GABANは大手食品会社ハウス食品の、S&Bはヱスビー食品のブランドです。マコーミックは世界最大のアメリカのスパイス会社のブランドです。スーパーなどでもよく見かけます。ネットからも購入することは可能です。

ローズマリーの商品一覧






※参考書籍
スパイスのサイエンス スパイスを科学で使いこなす!
はじめてのハーブ手帳
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
もっとからだにおいしい 野菜の便利帳
もっとおいしくながーく安心食品の保存テク
季節と香りを楽しむはじめてのハーブ
ハーブ&スパイス大事典










最終更新日 2017/08/25
公開日 2004/03/02



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved