HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > とうもろこしの見分け方・選び方

とうもろこしの見分け方・選び方




・とうもろこしを旬で選ぶ


123456789101112
とうもろこしの旬は夏ですが、現在は1年中で回っています。旬の時期は取れたてを予冷して輸送したり、北海道から空輸するなどして、取れたてのおいしさが全国で味わえるようになっています。もともと明治時代の北海道開拓時に日本での本格的な生産が開始されたことも有り、現在でも全体の40%は北海道で生産されています。その他の主な産地は千葉や茨城、群馬などです。



・とうもろこしの見分け方・選び方


粒にへこみのないもの

粒がしっかりとふくらみ、へこみのないものを選びます。鮮度が落ちると水分が抜けへこみが出てきます。皮に包まれている場合は見た目が均一にふくらみがあるもの、見た目ではわからない場合は、触って見てあまりおうとつのないものが、みがしっかりつまって良品だといえます。

粒にすきまがない

粒にすきまがなく先までぎっしりとつまっているものを選びましょう

皮の緑が鮮やかなもの

皮がみずみずしくて緑鮮やかなものを選びます。鮮度が落ちてくると緑が白っぽくなってきます。また日持ちなども考えて皮付きのものがいいでしょう。

ひげが茶褐色でふさふさ

ひげはめしべの花柱で一本一本が粒とつながっています。このためひげがふさふさでボリュームがあるものほど粒もぎっしりと詰まっています。またひげが茶褐色のものはよく熟した甘みの強いものと考えられています。

軸をチェック

軸は青く、軸の切り口が乳白色でみずみずしくて新鮮なものを選びましょう。軸の切り口が黄色に変色しかかっているものは鮮度が落ちてきている証拠です。



・チェックの大まかな流れ


まずは見た目のチェックです。均一に膨らんでいてでこぼこのないもの、ひげはふさふさで茶褐色のもの、皮はみずみずしくて緑鮮やかなものを選びます。次にとうもろこしを持って軸の切り口の部分を見て、乳白色かどうか、黄色がかっていないかどうかを確認します。最後は触った感触がしっかりと実がつまっているかどうかを確認します。




※参考書籍
野菜のソムリエ
からだにおいしい 野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典



とうもろこしの保存方法、長持ちのコツ











最終更新日 2015/12/02
公開日 2015/02/10



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved