HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > トマトの保存方法、長持ちのコツ

トマトの保存方法、長持ちのコツ




・トマトの保存方法


・保存環境
  

※マークの見方
 常温保存  冷蔵庫保存  冷凍庫保存

トマトは熟していない緑のものだと熟させるために常温で保存しますが、基本は冷蔵庫の野菜室で保存します。冷凍保存すれば長期保存も可能です。また乾燥させてドライトマトにしたり、加工してケチャップやトマトソースにして保存することもできます。ここではトマトの常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の各方法と、乾燥させて保存する方法、加工して保存する方法について詳しく見て行きます。



・トマトを常温で保存


まだ実が青いトマトは常温保存

枝についたまま赤く熟したトマトのほうが栄養素も高く、味もおいしいのですが、店頭に並ぶトマトの多くは、日持ちなどを考えてまだ青い状態で収穫されたものが多いです。収穫後も20度以上の温度下であれば、追熟といって赤く熟していきます。したがって実がまだ青いトマトは常温下で保存します。糖度は熟した段階で決まるので、甘みの方は追熟でも期待できますが、栄養価はやはり熟してから収穫したものには劣ります。

実がまだ青いトマトを買ってきた場合は、常温で2、3日ほど置き、赤く熟れてきてから冷蔵庫で保存するようにしましょう。ちなみに常温で保存する際はかごやバスケットにいれて風通しのいい場所で保存しましょう。


・トマトを冷蔵庫で保存


赤いトマトは冷蔵庫

赤く熟れたトマトは冷蔵庫で保存します。赤いトマトの場合、常温下だと逆に2、3日で栄養素の30%が失われてしまいます。冷蔵庫の保存ですが、1週間はもちます。保存の仕方は、へたの部分を下にして、くっつかないように並べ、ポリ袋の中に入れて口をしっかりと閉めて保存します。トマトは重なり合うとその部分から早く悪くなるのでくっつかないように並べるのが大事です。

保存は冷蔵庫の野菜室で

トマトは5℃以下の環境で保存すると低温障害を起こすので冷やしすぎには注意が必要です。低温障害では実がぶよぶよとしてはりがなくなり、食感や風味も落ちます。冷蔵庫の庫内は0〜5℃の環境なので、保存するなら5〜10℃の野菜室で保存するといいでしょう。さらに冷えすぎないようにポリ袋や保存袋などにいれて保存します。

切ったものはラップに包んで

切ったトマトはラップに包んで冷蔵保存します。1〜2日で使い切りましょう。


・トマトを冷凍庫で保存


冷凍保存

トマトはそのまま冷凍保存も可能です。冷凍保存用のパックに入れて保存します。冷凍したトマトはトマトソースや、ミートソース、煮物料理などに利用するといいでしょう。トマトを冷凍保存するなら1ヶ月は保存が可能でしょう。

トマトの解凍の仕方

冷凍して保存したトマトは電子レンジの解凍キーか「弱」で加熱して解凍します。解凍後は水にさらすと皮が簡単にぺらりとむけます。解凍せずにそのまま水にさっとつけたり、流水にさらしても皮は簡単にむけます。解凍せずにそのまま料理に加えて使ってもいいです。

トマトの湯むき

トマトのへたをとって、反対側に十字の切れ目をつけます。そして穴あき玉じゃくしなどに乗せて沸騰したお湯の中に20秒から40秒つけます。さっと取り出し水につけ、1、2分して取り出して、十字につけた切れ目の部分から皮をむいていきます。皮は簡単に向けます。 加熱したくないときは包丁の峰で上から下に全体にこすります。この作業をすることで簡単に皮がむけます。あとはももをむく要領でむいていきます。


・トマトを乾燥させて保存


乾燥させて保存

トマトは乾燥させると味や香りが凝縮してより濃厚な味わいとなります。トマトを輪切りにし、プチトマトなら半分に切って種を取り、キッチンペーパーで水分をふき取ります。オープンペーパーを敷いた天板にトマトを並べて低温(140℃)で1時間ほど過熱します。これでドライトマトの完成です。冷めたら保存袋にいれて冷蔵庫で1か月ほど保存ができます。ドライトマトはそのまま食べてもいいし、パンに乗せたり、パスタや煮込み料理に加えてもいいです。

オイル漬けに

ドライトマトを瓶に詰め、にんにくや赤唐辛子を加えてオリーブオイルで浸してオイル付けにしてもいいでしょう。パスタソースなどに利用できます。保存は冷蔵庫で2週間ほど可能です。


・トマトを加工して保存


加工して保存

トマトソースやトマトケチャップなどに加工して保存しておくことも可能です。手間はかかりますが様々な料理に使えて料理の幅も広がります。湯むきしたトマトを使うので、まずはトマトの湯むきについて解説します。

トマトの湯むき

トマトのへたをとって、反対側に十字の切れ目をつけます。そして穴あき玉じゃくしなどに乗せて沸騰したお湯の中に20秒から40秒つけます。さっと取り出し水につけ、1、2分して取り出して、十字につけた切れ目の部分から皮をむいていきます。皮は簡単に向けます。 加熱したくないときは包丁の峰で上から下に全体にこすります。この作業をすることで簡単に皮がむけます。あとはももをむく要領でむいていきます。

トマトケチャップ

使う材料は以下の通りです。

・トマト…大5個
・たまねぎ…1/2個
・三温糖…大さじ1
・塩…小さじ1
・酢…小さじ1
・ローリエ…1枚

まず湯むきしたトマトをざく切りにし、玉ねぎもみじん切りにして鍋に入れます。塩、三温糖、ローリエも加えて中火にかけ、煮立ったら弱火にします。途中木べらでトマトをつぶしながら、半分の量になるまで煮込みます。最後にお酢を加えてさらに10分ほどにて出来上がりです。ローリエを取り出して瓶に詰めて冷蔵庫で保存で1か月ほど持ちます。

トマトソース

使う材料は以下の通りです。

・トマト…400g
・たまねぎ…100g
・にんにく…1片
・オリーブオイル…1/4カップ
・塩…少々

ニンニクと玉ねぎをみじん切りにします。鍋にオリーブオイルを入れて中火で熱し、ニンニクと玉ねぎを入れ炒めます。粗刻みしたトマトを入れて20〜30分ほど煮込みます。最後に塩を加えて味付けして完成です。瓶に詰めて冷蔵庫で保存すれば1週間ほど保存が可能です。冷凍保存袋にいれて冷凍保存すれば1か月は持ちます。


・保存方法別の保存期間の目安


トマトは緑のトマトは常温で追熟させますが、基本は冷蔵庫の野菜室で保存します。冷蔵庫では1週間ほど保存ができます。そのまま冷凍庫で保存することもできます。冷凍庫では1か月ほど保存できます。乾燥させたものを冷蔵庫で保存すればこちらも1か月ほど保存ができます。トマトケチャップやソースにして保存もできます。ケチャップなら冷蔵庫で1ヵ月、ソースなら冷蔵庫で1週間ほど保存ができます。

保存方法保存期間
冷蔵保存1週間
冷凍保存1ヵ月
干して保存1ヵ月
ケチャップに加工1ヵ月
ソースに加工1週間



・保存方法まとめ


トマトは完熟前の青いトマトなら常温で保存し、熟してきたら冷蔵庫の野菜室で保存します。赤いトマトはそのままポリ袋に入れ、へたを下にしてトマト同士が重ならないように並べて冷蔵庫で保存します。長期間保存したいなら冷凍保存するといいでしょう。トマトはそのまま冷凍庫で保存することが出来ます。

乾燥させて保存しても1か月ほど保存ができます。ケチャップやソースに加工しても保存ができます。手間はかかりますが様々な料理に使えるので料理の幅も広がります。




※参考書籍
野菜のソムリエ
からだにおいしい 野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
もっとおいしくながーく安心食品の保存テク
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
野菜の保存&使いきりレシピ
ディップ・たれ・ソース・ドレッシング簡単レシピ270



トマトの見分け方・選び方











最終更新日 2016/09/13
公開日 2004/04/04



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved