HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > ピーマンの保存方法、長持ちのコツ

ピーマンの保存方法、長持ちのコツ




・ピーマンの保存方法


・保存環境
 

※マークの見方
 常温保存  冷蔵庫保存  冷凍庫保存

水分に弱い

ピーマンは水分がつくと傷みやすいので、水けをよく拭き取り、穴をあけたポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。

低温障害

ピーマンの保存には7〜10度が最適。これより低いとくぼみができたりなどの低温障害が出てきます。保存は冷蔵庫の野菜室ですると良いです。

長く保存すると味が落ちる

1ヶ月はもちますが栄養成分がどんどん失われていきます。なるべくなら早めに使いましょう。
赤ピーマンは完熟したものなので傷みやすく、なるべく早くに使い切りましょう。また1度カットしたものは切り口から傷みが進行してくるので、1個全部使ってしまいましょう。

冷凍保存

みじん切りにして少量の油で炒め、パックづめして冷凍庫で保存します。





ピーマンの見分け方・選び方






























Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved