HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > もやしの保存方法、長持ちのコツ

もやしの保存方法、長持ちのコツ




・もやしの保存方法


・保存環境
 

※マークの見方
 常温保存  冷蔵庫保存  冷凍庫保存

もやしは日持ちしない

もやしはもともと日持ちしない野菜です。たった1日で含まれるビタミンCが30%も減少してしまいます。保存は1、2日が限度でしょう。もやしは購入したらその日のうちに使い切るのが一番です。安いからといってたくさん買うのではなくて、使う分だけ買うほうが賢いといえます。

密封容器またはしっかりと袋を閉めて保存

保存するときは密閉容器か、袋に入れてしっかりと口を閉めて保存しましょう。よく容器に水をはって保存すると日持ちがよくなるといいますが、確かに4、5日はもつでしょう。しかしもやしに含まれるビタミンCは水溶性のため、水につけておくとどんどんと溶け出していき、80%近く失われてしまいます。やはり1、2日で使い切るのがベストです。

冷凍保存

もやしを少量の油でさっといため、ラップで小分けして冷凍保存することもできます。この場合の用途としてはスープなどが考えられます。





もやしの見分け方・選び方






























Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved