生活知恵袋

ふんわりフランスパン


フランスパンって焼きたてはなかがふんわりしてておいしいけど、時間がたつとすぐに固くなってしまいますよね。焼きたてのフランスパンがおいしく食べられる時間ってのはおよそ6時間ぐらいだそうです。中まで固くなってしまったそんなフランスパンですが、焼き方次第でおいしく食べられます。やり方は、まずお好みのサイズに切ったフランスパンの切り口のところに霧吹きで水を吹きかけます。そしてあらかじめ2分ほど温めておいたオーブントースターにいれます。フランスパンに限らず、パンをおいしく焼くには高温で短い時間に焼き上げることです。時間をながくかけてしまうと中の水分まで飛んでしまい、固くなってしまいます。後は1、2分焼き上げれば出来上がりです。中はふんわり外はかりっとおいしく焼きあがります。それから、フランスパンをアルミホイルで包んで焼くとさらにおいしく焼けます。アルミホイルは熱伝導率が高いので高温で焼け、さらに包んでいるので水分も逃げないからです。




 TOPへ   お料理TOPへ   HOMEへ

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



対処法一覧
山芋のかゆみには
たまねぎの涙対策
固まったお砂糖をサラサラに戻す方法、砂糖が固まる理由も解説
ふんわりフランスパン





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved