HOME >> 旅行宿泊予約サイト >> 宿泊予約Q&A >> ポイントを利用して購入した分は経費・費用として計上できるのか、領収書の扱いは?
特集企画

ポイントを利用して購入した分は経費・費用として計上できるのか、領収書の扱いは?



使用ポイントの経費・費用としての扱いは?

ホテルの宿泊代金などの一部をポイントを利用して支払った場合、そのポイント分も経費として領収書に掲載してもいいのか、費用計上していいのかは気になるところだと思います。そこで今回はこうしたケースで使用したポイント分はどのように扱うのが正しいのかについて見ていくことにします。





ポイントを貯めた時、使った時の仕訳

貯めたポイントも収入


商品の購入や代金の支払いで得たポイントは本来収入となります。例えば10000円の商品を購入して500P(1P=1円)もらえたとします。この時の仕訳は以下の通りです。ちなみにポイントは現金同等物とみなして現金として処理します。

現金 500雑収入 500

次にポイントを利用して500円の消耗品を購入したとします。その場合の仕訳は次の通りです。

消耗品費 500現金 500

このようにまずはポイントを獲得した際に雑収入としてきちんと収益を計上した場合は、そのポイントを使って消耗品を購入した際に費用として計上することができます。ホテルの場合も同じです。まずはそのホテル予約サイトで1000P貯めたとします。この場合の仕訳は次の通りです。

現金 1000雑収入 1000

次にホテルの宿泊代金10000円のうち1000円分をポイントで支払ったとします。その時の仕訳は次の通りです。

旅費交通費 10000円現金 10000円


仕訳の簡略化


ポイントの仕訳では最初の雑収入の仕訳を省略し、次のように記載することも可能です。以下は上記と同様ホテル代10000円の支払いで現金9000円、ポイント1000円分を使った場合の仕訳です。

旅費交通費 10000円現金 9000円
雑収入 1000円

どちらもポイント収入1000円分に対してかかった費用10000円で差し引き収支はマイナス9000円です。結局のところ同じ意味となります。さらに簡略化して次のように記載することも可能です。

旅費交通費 9000円現金 9000円

雑収入の金額を引いた分を旅費交通費として記載しています。こちらも最終的にかかった費用は9000円で同じ意味となります。最初にポイントを獲得した際に仕訳をしていない場合は上記の2つのどちらかの仕訳を選択することになります。


ポイント分は費用計上しない


ポイントを使った場合は費用として計上しないやり方が一番手っ取り早くて簡単です。費用として計上することも可能ですがその場合はまずポイントを貯めた際に収益として計上する必要があるので、結局のところ差し引き収支は変わりません。ですから基本的にポイント分は差し引いて費用・経費に計上した方が手間が省けて便利です。


領収書への記載は?


領収書への記載もポイント分を差し引いた記載でかまいません。ポイント使用分も合わせて記載することも可能ですが、その場合はポイント使用分の内訳も同時に掲載する必要があります。


プライベートで貯めたポイントは?

プライベート分は経費として計上した方がいい


プライベートで貯めたポイントを会社の経費や事業の費用として計上する場合はどうなるのでしょうか。その場合はポイント分を差し引いて領収書に経費や費用として計上するよりもポイント分も含めて費用計上した方がお得です。

まずプライベートで貯めたポイントも収入の一部です。その場合雑所得となります。雑所得は年間20万円以下は所得税の申告不要で非課税です。したがって収益として計上はしていませんがあなたのプライベートでの収入となっています。ですからそのポイントを使った際にはその分も費用として計上していいわけです。

この時の仕訳はどうなるのでしょうか。例えばビジネスで使ったホテル代10000円を現金で9000円、ポイントで1000円支払ったとします。その時の仕訳は以下の通りです。

旅費交通費 10000円現金 9000円
事業主借 1000円

事業主借は事業用の経費を個人のお金で支払った場合に使う勘定です。会社に経費として領収書を提出する場合には、領収書にポイント利用分も併せて記載し、ポイント利用額も経費として請求することができます。


領収書にポイント分も記載してくれない


ホテルによっては領収書への記載はポイント分を除いた金額でしか記載してくれない場合もあります。ホテル側にとってみればポイント分はポイントを発行しているホテル予約サイトなどから徴収するため、その分は除いて現金分のみを領収書に記載するわけです。ポイント分も合わせて領収書に記載することも可能ですが、その場合は利用したポイントの内訳も併せて明記する必要があります。ただしこれは義務ではないので、ホテルが対応していない場合はどうしようもありません。

楽天トラベルでは領収書発行ポリシーとしてあらかじめポイント分の記載はどのように扱うかが各ホテルごとに明示されています。ホテル選びの際にあらかじめ確認しておくといいでしょう。

楽天トラベルの領収書の発行ポリシー




おすすめホテル予約サイト



エクスペディアのトップ画像

エクスペディアは世界有数のホテル予約サイトです。宿泊施設数も豊富で本日限定セールや直前割引セールなども随時実施しています。

エクスペディアではクレジットカードでの支払いが基本ですが、JCBやVISA、American Express、MasterCard、イオンマーク等カード会社ごとにホテル宿泊料金が8〜10%割引となるクーポンも配布しています。

クーポンはクレジットカードの各ブランドごとの専用ページからのアクセスが必要です。以下のリンク先にてそれぞれの専用ページへのリンクを掲載しています。

各ブランドごとの専用ページ

主な特徴
・宿泊予約でポイントが貯まる
・ホテル予約で使える割引クーポンあり
・タイムセールや直前割プランもあり

クーポン利用でホテル代が8〜10%割引
エクスペディア


Hotels.comのトップ画像

大手旅行サイトを運営するエクスペディアのグループサイトです。最低価格保証サービスや、対象のホテル(約10万件)にとまると宿泊数が貯まり、10件になると1回分の無料宿泊券が貰える「Welcome Rewards」などのサービスも実施しています。

国内・海外ホテルの予約で使える5〜8%割引割引クーポンも充実してます。クーポンについては以下のリンク先で詳しく解説しています。

各クーポンの紹介

主な特徴
・最低価格保証あり
・宿泊施設数が豊富
・10回泊まる一泊無料のWelcom Rewards

クーポン利用でホテル代が5〜10%割引
hotels.com








公開日 2017/11/07





おすすめホテル予約サイト
エクスペディア
エクスペディアのトップ画像
エクスペディアは世界最大規模を誇る大手宿泊予約サイトです。割引クーポンや各種セールなども実施中です。
詳しくはこちら

hotels.com
hotels.comのトップ画像
大手ホテル予約サイトで、割引クーポンや10泊すれば1泊無料になる「Welcome Rewards」などのサービルが魅力です。
詳しくはこちら












メニュー
旅行宿泊予約サイト
宿泊予約サイトの選び方
旅行宿泊予約サイトのメリット
宿泊予約Q&A
宿泊予約サイトを賢く使う
各宿泊予約サイトのサービスを検証
各宿泊予約サイトのクーポン情報
ホテル予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
ツアー販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
航空券販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?

since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved