生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー
お掃除TOP  基本編  リビング偏  キッチン偏  浴室偏  知恵袋投票結果  クイズ!  アンケ(2択)  アンケ(複択)
HOME > お掃除知恵袋TOP > 浴室編 > 浴室の排水口のぬめりや髪の毛のつまりを取るには

浴室の排水口のぬめりや髪の毛のつまりを取るには


排水口の定期的な掃除を
浴室の排水口もしばらく掃除していないと、ふたを開けた時に排水口内部にぬめりが出ていたり、水が濁っていたり、石鹸カス、髪の毛やヘアピン、糸くずなどがつまっていたり、匂いがしたりするものです。普段からこまめにお掃除して排水口もきれいに保っていたいものです。そこで浴室、お風呂の排水口の掃除の仕方について解説します。


排水口の仕組み
まずはお風呂の排水口の仕組みについてみていきましょう。お風呂の排水口については以下の図でその構造を解説します。



お風呂はまず排水パイプの上に防臭カップが乗っかっています。防臭カップと排水パイプの間には隙間がありこの部分に水がたまる構造になっています。これをトラップといいます。トラップの水がふたをすることで排水パイプからの臭気が上がってくるのを防いでくれます。

このトラップの部分の構造により水の流れが曲げられ、この部分に髪の毛やヘアピンなどがたまる構造になっています。もしストレートに排水が流れると髪の毛やヘアピン、糸くずなども排水パイプに流れてしまいます。トラップの部分の曲線はこうしたごみをせき止めておく働きもあるわけです。ただしこのままにしておくとたまった糸くずなどにより、毛細管現象で水が吸い出され、トラップの部分に隙間ができて臭気が上へと上がってきてしまいます。またごみ自体がたまればつまりの原因にもなります。トラップ内のごみもたまる前の定期的なお掃除が必要となってきます。

防臭カップの上には髪の毛をせき止めておくヘアキャッチャーがあり、さらにその上にはふたがしてある構造が多いです。ふたとヘアキャッチャーが分かれていないものもあります。


ぬめりやにおいの原因は
排水口内が汚れてくると表面がぬめぬめしたり、匂いがでてきたりします。これは皮脂や汚れなどを栄養にバクテリアや菌などの微生物が繁殖するのが原因です。そのままにしておくとどんどんとぬめりやにおいはひどくなります。


日常のお手入れ
排水口内の髪の毛や糸くず、ごみなどは入浴後に毎回取る習慣をつけておけば汚れもたまりにくくなり、ぬめりやにおいも発生しにくくなります。毎日が面倒でも1週間に一度はこうしたごみを取り除き、ブラシなどで排水口内をこすって綺麗にしておきましょう。1週間程度の汚れなら洗剤を使わなくてもブラシだけで綺麗に落とせます。細かい目の汚れは歯ブラシが便利です。


汚れやぬめりが気になる場合は
汚れがたまり匂いやぬめりもひどくなってきたら浴室用洗剤を利用します。ふた、ヘアキャッチャー、防臭カップを取り出し、それぞれについた髪の毛などの汚れを取り除き、浴室用洗剤を付けたスポンジやブラシでよく洗います。トラップ内の汚れもしっかりと取り、洗剤を付けたブラシでよくこすります。ぬめりや汚れが気になる場合はゴム手袋をつけて作業をするといいでしょう。


頑固な汚れは
頑固な汚れには排水口用のスプレータイプの塩素系漂白剤を使います。ふたやヘアキャッチャー、防臭カップ、トラップ、排水口内に漂白剤をふきつけて10〜15分ほど置き、シャワーで洗い流します。作業する際は換気をよくしてゴム手袋をはめて行いましょう。塩素系漂白剤を使うときは酸性洗剤と一緒に使うと有毒ガスが発生するので併用は絶対にしないようにしましょう。


重層とお酢で洗浄
塩素系漂白剤は洗浄力が強い強力な洗剤です。こうした洗剤を使う以外にも自然素材でも頑固な汚れを落とすことができます。使うのは料理にも使う重層とお酢です。まず排水口内の髪の毛や毛屑などを取り除き、重層1カップを排水口内に振り入れます。汚れの大部分は酸性なのでアルカリ性の重層と反応して中和され落ちやすくなります。

このまま1時間ほど置いて置き、続いて沸騰直前まで温めたお酢を1/2カップ流しいれます。アルカリ性の重層と酸性のお酢が化学反応を起こし、シュワシュワっと泡立ちはじめます。その細かな泡が排水口の奥にまで浸透して汚れを落とします。30分ほど放置し、最後はお湯で洗い流します。


排水パイプ内が詰まったら?
排水口内ではなく排水パイプ内が詰まってしまったら、その場合は排水パイプ用の洗浄剤(パイプマンなど)を使います。これは皮脂や髪の毛のつまりなどを溶かすものです。商品ごとの使用量を排水パイプ内に流しいれ、指定時間そのままにして待ち、あとは水でしっかりと流します。作業する際は換気をして、ゴム手袋を装着して行いましょう。

これでもつまりが取れない場合にはワイヤー式の排水パイプ用クリーナーも市販されています。こちらは先が細長くらせん状になっていて、これを差し込んで詰まった部分までハンドルを回して進めていき、髪の毛や汚れ、ヘアピンなどが重なり合ってできた詰まった部分に先端を引っ掛けて、引っこ抜く商品のようです。


まとめ
お風呂や浴槽の排水口にはトラップという部分が設けられていて、排水パイプからの匂いを抑えるとともに髪の毛や糸くず、ヘアピンなどがそのまま排水口に入らないような仕組みとなっています。トラップもそのままだとごみや汚れがたまり、つまりやぬめり、匂いのもととなります。トラップも含めて排水口内の定期的なお掃除が大切です。

入浴後にこまめに髪の毛や糸くずなどを取り除き、軽く排水口内をブラシでこすっていれば、それほど汚れもたまらないでしょう。毎日が面倒だとしても1週間に一度、ごみを取り除き、ブラシで掃除するだけでも随分と違います。長くたち匂いや汚れがひどくなってきた場合は、台所用洗剤などを付けたブラシやスポンジでしっかりと洗いましょう。洗剤の代わりに自然素材である重層やお酢でも汚れやぬめりをきれいに落とすこともできます。ここではお風呂の排水口の掃除の仕方について解説しましたが、キッチンの排水口についてはキッチンの排水口の臭いとぬめり取りで解説しています。




※ 参考文献
住まい汚れスッキリ解消術
これで解決!とっさのDIY
いちばんわかりやすい家事の基本大事典
シンプルライフをめざす基本のそうじ
暮らしまる払い!コツと基本120
重層徹底使いこなしアイデア212


公開日 2016/08/06
 TOPへ   お掃除TOPへ   HOMEへ




浴室編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved