生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

ぬいぐるみのお手入れ


はじめに
最初は綺麗だったぬいぐるみも、何度も触ったり抱いたりしているうちに汚れてくるものです。直接肌で触れるものなので綺麗に保ちたい所ですが、そもそも洗っていいものなのかどうか、どうやって洗えばいいのかなどわからない点も多いかと思います。そこで今回はぬいぐるみの洗い方については以下の3つに区分して解説し、あわせてほこりの対処法についても紹介していきます。



丸洗いできるもの
押してみて弾力があり、中身がやわらかいものなら丸洗いができます。リボンや色落ちしそうな部分があるときは、端を薄めた洗濯用中性洗剤でぬらした後、タオルで押さえてみて、色がタオルにうつるようなら要注意です。はずせるならはずしてから丸洗いしましょう。

1
リボンなどの付属品をはずし、洗濯用中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けて揉み洗いします。
2
十分にすすぎをした後、乾いたタオルに包んで脱水をします。
3
毛足の長いものは歯ブラシなどで毛並みをそろえ、形を整えて、風通しのよい日陰でしっかりと乾かします。


つけ洗いできないもの
上質なウールのものや中に電池が入っていて水洗いできないものはふき洗いをします。

1
洗面器を二つ用意し、ぬるま湯と洗剤液を溶かしたものにわけます。タオルもぬるま湯用と洗剤液用にわけます。
2
洗剤液は水2リットルに対して中性洗剤小さじ1の割合です。
3
洗剤液で絞ったタオルで15cm四方ぐらいの範囲を拭き洗いし、その後ぬるま湯で絞ったタオルで洗剤をふき取ります。
4
洗剤拭きとぬるま湯拭きを一定範囲ずつ交互に繰り返し、順に全体を仕上げて行きます。
5
乾いたタオルで水気をふき取り、風通しのよい日陰でしっかりと乾かします。


洗えないもの
洗えないぬいぐるみには重曹を使います。身の回りの多くの汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹を使うことで中和され汚れが浮き出て落ちやすくなります。

1
黒い袋にぬいぐるみをいれ、重曹を全体にかけ、袋の口を縛ります。
2
全体に重曹がいきわたるようよく振り回した後、重曹がなじむよう手で軽くもみます。
3
袋に入れたまま日のあたる場所に1日置き、熱で消毒した後重曹を払い、掃除機で重曹を吸い取ります。


部分的な汚れは
1
薄めた洗濯用中性洗剤を染み込ませたタオルで汚れた部分を拭き洗いし、固く絞った濡れタオルで洗剤をよくふき取ります。
2
乾いたタオルで水気をふき取り、風通しのよい日陰でしっかりと乾かします。


ぬいぐるみのほこり
ぬいぐるみについたほこりは、手で取ってみてもなかなか取れませんよね。そんなときは、掃除機とポリ袋をつかいましょう。ポリ袋の中にぬいぐるみを入れ、掃除機の先を差し込んで、口を輪ゴムなどでしっかり閉めます。後は掃除機のスイッチを入れれば、きれいにほこりを吸い取ってくれます。





※ 参考文献
見てすぐできる! 「手入れ・手直し」の早引き便利帳
洗濯上手こつのコツ
決定版 暮らしの裏ワザ知得メモ888
重曹徹底使いこなしアイデア212


text by 2013/11/19
 TOPへ   お掃除TOPへ   HOMEへ




リビング編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved