生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

お風呂の掃除、カビ、湯あか、水垢を落とす


はじめに
頑固な汚れや、落ちにくいカビなど、お風呂掃除は労力がつき物です。
そこで今回はお風呂掃除を効率的に済ませるよう、 その手順やポイントを紹介していきます。


普段のお手入れ
洗濯器のすすぎ用にとお風呂の残り湯ためておく方も多いかと思います。節水という意味では非常に有効なのでこれはこれでいいのですが、特に利用する予定がない場合はお風呂のお湯は使用後はすぐに抜いたほうがいいです。そのままにしておくと水面に沿って湯あかがこびりついてしまいます。洗剤などでしっかりと洗えば湯あかも落ちますが、入浴後すぐにお湯を抜きながらスポンジで磨けば、洗剤を使わなくても綺麗になります。最後はカビの発生を予防するために冷水でさっと洗い流します。お風呂の水の活用法については以下のリンク先で解説していますので参考にしてみてください。

お風呂の水節約


湯あかって何?
湯あかは皮脂やアカ、せっけんカスが雑菌によって分解されたものです。これが浴槽につけばぬめりとなり、水位線では水道水に含まれるカルシウムとともに粉状になって湯あかが付着します。乾燥するとこびりついて落としにくくなるので、お湯を抜きながらもしくは抜いて時間をおかずにすぐに浴槽を洗うようにしましょう。


洗剤を使って浴槽を洗う
湯あかや水垢が目立つので洗剤を使ってしっかりと洗いたい場合の手順を解説します。

手順
1.スポンジをよくぬらし、浴室用洗剤をつける
2.スポンジで円を描くように浴槽内を洗っていく。四隅や循環口付近は特に湯あかが溜まりやすいので念入りに。
3.最後にシャワーで洗い流すと汚れがきれいに落ちます。


洗剤を使って循環口を洗う
湯沸し機能がついている浴槽では、お湯を沸かし循環させるために循環口がついています。循環口の中も汚れが溜まりやすい箇所です。循環口内を経由してお湯が沸かされるため、その内部に汚れが沈着すると湯沸しの効率も下がってしまいます。そこで循環口の掃除の手順を解説します。循環口は一つしかないタイプと上下に2箇所あるタイプが有ります。まずは一つしかないタイプの掃除の仕方について見ていきます。

手順
1.循環口の上5cmほどの高さまで残り湯を残しておく
2.循環口用の洗剤をいれよくかき混ぜる
3.追い炊き出来る場合は一度追い炊きをして排水する
4.水を入れて再度追い炊きをして排水する

次に循環口が二つついているタイプをみていきます。循環口が一つか二つかで洗剤の種類も違うので購入前に確認してください。2つのタイプでは風呂釜用洗剤ジャバなどが有名です。

手順
1.上の循環口の上5cmほどの高さまで残り湯を残しておく
2.下の循環口に洗剤入りのポンプ式容器をはめる
3.ポンプを押して中の洗剤を循環口内に押し出す
4.この状態で数分間置いておく
5.ポンプ式容器をはずしホースを差込み水を流し、水圧で汚れを落とす

循環口が二つあるタイプでは片方の循環口からホースを差込み勢いよく水を流すだけでも、それなりによごれは取れますが、しっかりと落としたいなら洗剤を使うといいです。


浴槽のタイプでの注意点
浴槽にはFRP(強化プラスチック)、人工大理石、ステンレス、ほうろうなどの種類が有ります。種類ごとに注意しておきたいポイントが有ります。FRPや人工大理石は傷が付きやすいので、なるべく柔らかいスポンジをしようするようにしましょう。またFRPは洗剤を添付してそのままにしておくと変色する場合があるので、付けおきでの洗浄は避けたほうが無難でしょう。


しつこい浴槽の湯垢・水あか
手順
1.キッチンタオルやティッシュに浴槽用の中性洗剤を含ませ、貼り付けていきます。
2.そのまま1時間ほど放置してティッシュを剥がし、スポンジで擦ります。
3.最後にシャワーで洗い流すと汚れがきれいに落ちます。
※ 汚れが残った時はこの工程を何度か繰り返して見るといいです。


重曹とお酢を活用
洗剤で落ちないようなしつこい汚れには重曹とお酢のあわせ技で対処します。
まず重曹を浴槽に振りかけ、続いてお酢をしみ込ませたスポンジで磨いていきます。
最後はシャワーで流しておしまいです。


タイル目地・壁面のカビ
カビはなかなかこすっただけでは落としにくいものです。しかしながらカビは微生物の一種でその細胞膜はアルカリに弱いので、塩素系漂白剤などのカビ取り剤を使えば比較的簡単にカビを落とすことが出来ます。なお塩素系の漂白剤は目に入ったり皮膚に付いたりすると危険なので、作業するときはゴーグル、ゴム手袋、マスクをはめてするとよいです。また塩素系漂白剤が汚れの成分と反応すると少しずつ塩素ガスを発生することがあるので、換気をよくして使うようにしましょう。 換気扇があるなら換気扇を回し、窓と戸を2箇所以上あけて空気の通り道をつくるといいです。

手順
1.カビ取り剤が浸透しやすいように乾いているときにやりましょう
2.まず最初にたわしもしくはサンドペーパーでカビの部分をよくこすります。
3.次に塩素系の漂白剤を拭きつけ、上からキッチンペーパーをはって10分〜15分ほどおいておきます。
4.キッチンペーパーをとってシャワーで洗い流します。


後処理
1回で取れない場合は2回、3回と繰り返してみるといいでしょう。カビ取りの処置をした後は、アルコールと水、1:4の割りあいで作った水溶液を 霧吹きで拭きつけておきます。 こうするとカビが発生しにくくなります。 ほかにもロウを塗っておくといった方法もあります。ロウで水分をはじいてカビの発生を抑えます。


カビが発生する環境
カビはどのような環境で発生するのでしょうか。カビは酸素と栄養素(せっけんかすなど)があり、湿度は70〜80%、温度は20〜30度の環境でよく繁殖します。これはまさに浴室の環境そのものです。浴室はカビが生えやすい条件がそろっているのです。またすのこや洗面器具につくぬめりも同じような環境で藻や腐朽(腐敗による劣化)菌が大繁殖したものが原因です。


目地にカビが発生しやすい理由
カビは壁面や床面のタイルとタイルの間の目地部分よく発生します。これはなぜかというと目地はざらざらで多孔質(小さな穴がたくさんある)なセメントで覆われていて、水分を保持しやすいからです。一方タイルはガラス質なので水分はすぐに流れていきます。かびは壁や床に飛散した皮脂やアカ、せっけんカス、水道水に含まれるカルシウムなどを栄養に繁殖します。目地の部分は特にそうしたものが溜まりやすいのでカビがはえやすいのです。またカビは目地の内部にも浸透していくのでこすっただけではなかなか落ちません。一方タイル表面にまでカビが広がっていっても内部までは浸透しないのでこちらは比較的簡単に落とせます。


毎日の予防策
予防策が重要
カビを落とすのに使う塩素系漂白剤は非常に反応が強いです。
カビを落とすためとはいえ、何度も使用しているとやはり素地にもよくありません。
したがってカビが発生しないよう普段から気をつけることが重要になります。


石鹸を洗い流す
またお風呂上りはタイルや壁面に付いた石鹸などもシャワーでしっかりと 落としておくとそれを栄養にするカビの発生を抑えることが出来ます。


換気をしっかりと
お風呂上りには換気扇を回すか、窓をあけるなどして、 しっかりと換気することが大切です。


ふたをしておく
入浴後に洗濯などに使うためにお湯をためておく場合は、温度と湿度が上がらないよう、入浴中以外は浴槽にふたをしておくようにしましょう。




※ 参考文献
おばあちゃんの知恵袋
いまこそ役立つおばあちゃんの知恵袋
掃除・収納のきほん
暮らしまる洗い!コツと基本120
住まい汚れスッキリ解消術
科学的に正しい暮らしのコツ


最終更新日 2015/11/03
公開日 2005/07/18
 TOPへ   お掃除TOPへ   HOMEへ





浴室編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved