生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

往復乗車券


よく耳にする往復乗車券。行き帰りが同じ経路、同じ区間の場合に購入できます。普通乗車券の一種ですのでどんな区間や経路でもOKで、お盆や年末といった期間の利用制限もありません。料金は片道の2倍です。行き帰りの購入の手間が省けるといったメリットがあります。その他にも切符の有効期限が2倍になります。普通乗車券だと100km以内の有効期限は1日で、101キロ以上なら2日ですが、往復乗車券ならそれぞれ2日、4日と二倍になります。旅行などでゆっくりと一泊したいときなどに便利です。ちなみに普通乗車券の距離と有効期限は、
  「営業キロ÷200+1=有効期間」(小数点は繰り上げ)
の式から算出されます。乗車中に有効期限をすぎた場合は、券面表記の最終駅まで有効です。

金額的には何のメリットもない往復乗車券ですが、移動距離が601km以上になると、往復割引乗車券となり、料金が1割引となります。601kmを越す区間であればこちらが指定しなくとも往復割引乗車券を発行してくれます。

601kmを越す区間でなければ使い道がないのかといいますと、そういうわけではありません。例えば東京-大阪間は556kmで割引にならない普通の乗車券を購入する場合は17020円ですが、601km〜640kmの往復割引乗車券を購入すれば通常は18700円の料金が、1割引で16820円となり200円お得なのです。以下に区間距離と運賃の表を載せています。541km〜600kmでは、普通に往復乗車券を買うよりも601km以上とすこし先の駅を買う方がお得です。(実際の各距離の運賃は改正等もございますので、JRのサイトで確認してください。)


移動距離 普通往復料金 割引往復料金
521km〜540km 16380円 -
541km〜560km 17020円 -
561km〜580km 17440円 -
581km〜600km 18060円 -
601km〜640km 18700円 16820円



 TOPへ   旅行・交通TOPへ   HOMEへ




知恵袋一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved