HOME >> 航空券販売サイト >> 航空券予約Q&A  >> 病気や怪我が理由の場合は航空券のキャンセル料は無料になるの?
特集企画

病気や怪我が理由の場合は航空券のキャンセル料は無料になるの?



病気や怪我で航空券をキャンセルする

キャンセルにかかる費用


通常買った航空券をキャンセルする場合はキャンセル料と払戻手数料の2種類の費用が掛かります。キャンセル手数料は国内航空会社では割引航空券などを除くと、便出発前までならかからないところも少なくありませんが、それでも払戻手数料はかかります。またピーチやジェットスターなどの国内LCCでは出発前でもキャンセル料がかかるケースが一般的です。航空券の種類によってはキャンセル自体できないものもあります。航空券のキャンセル料については飛行機の航空券のキャンセル料はいつからかかるのかで詳しく解説しています。

キャンセルでの払い戻し金の計算式

病気や怪我なら手数料はかからない


航空券のキャンセルにも様々な理由が考えられますが、急な病気やけがによりどうしてもキャンセルせざるを得ないケースもあります。こうした場合航空会社によっては特例としてキャンセル料は取消手数料なしでキャンセルにしてくれる場合があります。そこで各社の対応状況について見て行くことにします。



ANAやJALでケガや病気でキャンセルする場合は

各種手数料なしでキャンセルできる


ANA(全日空)の場合怪我や病気が理由でキャンセルする場合は、予約便出発予定日から30日間以内の便への変更が可能です。また払戻手数料や取消手数料無しで払い戻しをうけることもできます。JAL(日本航空)でも払戻手数料・取消手数料無しで払い戻しが受けられます。キャンセルの申し込みは当該便の出発前までに行う必要があります。

医師の診断書の提出が必要


ただし病気やけがでキャンセルして手数料がかからなくなるには医師の診断書等の提出が必要となります。病院で診断書を書いてもらう場合も費用がかかります。診断書の種類にもよりますが病院によって料金は2000〜5000円台と幅があり、それ以上する場合もあります。診断書は保険での3割負担の対象にはならないので全額時費負担となります。払戻手数料と取消手数料の金額よりも高くつくなら、あえて病気やけがの申請をせず、そのままキャンセル申請する方がいい手間も費用もかからない場合もあります。

キャンセル費用は費用が安い方を選ぶ

国際線には対応してない


ケガや病気によるキャンセルで手数料が無料になる特例は主に国内線のみの対応で、国際線ではこうした特例はないようです。



LCCでケガや病気でキャンセルする場合は

LCCは商品によってはキャンセル自体できない


ピーチやジェットスターなどのLCCの場合は通常の運賃ではキャンセル自体に対応していません。少し割高な運賃で付帯サービスとしてキャンセルなどを受け付けています。例えばピーチの通常のうんちんである「ハッピーピーチ」ではキャンセルできませんが「ハッピーピーチプラス」なら手数料を支払ってきゃんせるをすることができます。

ジェットスターは受付フォーム有り


LCCで病気やけがによりキャンセルする場合はジェットスターの場合は「特別な事由によるご予約のキャンセルのお申し込み」というページでキャンセルの受付をしています。診断書など送信して審査を受け、キャンセル手続きへと進みます。

ピーチは付帯サービスをつけている場合に対応


ピーチの場合はキャンセルを受け付けている商品はありますが、怪我や病気により特別手数料等が安くなるというサービスはありません。保険サービスとして「Peachチケットガード」というものが用意されていて、例えば5000円の航空券なら保険代は750円になります。こちらをつけておくと急な病気・けが/家族の入院/交通機関の遅延/突然の出張などで航空券が利用できなかった場合にその料金が保証されます。




おすすめコンテンツ

航空券比較予約サイトの選び方
たくさんの航空会社を一度に比較して最安の航空券を探したいなら航空券比較予約サイトが便利です。その特徴やメリット、選び方のコツを解説します。








公開日 2017/02/22



since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved