HOME >> 旅行宿泊予約サイト >> 宿泊予約Q&A >> ホテルに連絡なしで不泊した場合キャンセル料はどうなる?
特集企画

ホテルに連絡なしで不泊した場合キャンセル料はどうなる?



連絡なしに不泊したら?


急な予定でホテルへの宿泊予約をキャンセルしなければならない事態に陥ることも時にはあるかもしれません。ホテルの宿泊予約をする場合にはキャンセル料がかかることがあります。ホテル宿泊予約のキャンセル料についてはホテルの宿泊代金のキャンセル料についてで詳しく解説しています。今回はキャンセルの連絡なしに不泊した場合、キャンセル料はどうなるのかついて見て行くことにします。



ホテルに不泊する場合のキャンセル料は?


不拍がわかれば早めに連絡する


通常キャンセル料は宿泊予定日が近づくにつれ高くなるよう設定されているものです。ですから当日宿泊できなくて不拍することになりそうならはやめに連絡することをお勧めします。そうすればキャンセル料がかからないか、かかってもその金額を抑えることができます。

当日キャンセルでも一部宿泊代は返金


ですがもし急な事情で当日になって不泊することになった場合はどうでしょうか。泊まれなくても部屋は確保されているので宿泊代金は全額戻ってこなくても仕方ないかと考えている方もいるかもしれませんが、キャンセル料の設定では当日キャンセルでも宿泊代金の80%がキャンセル料で20%は返ってくるとしているところも少なくありません。一方連絡なしの場合は100%かかるとしているケースが多いです。

当日不拍とキャンセル料の関係

もし当日急に止まれなくなったとしても連絡することで20%分はキャンセル料を浮かせ、宿泊代金が帰ってくる可能性もあるのです。まずはキャンセル料についてしっかりと確認し、返ってくる場合は当日でもしっかりとキャンセルの連絡をした方がお得です。
・一例
連絡なし当日不泊
当日
前日
それ以前
宿泊料金の100%
宿泊料金の80%
宿泊料金の20%
宿泊料金の0%

何時までが前日扱い?


宿泊代金のキャンセル料で多いのは当日が80%で前日が20%と設定されているケースです。たった1日の違いで60%もキャンセル料が変わってきます。例えば1万円の宿泊費なら当日で8000円のキャンセル料ですが、前日なら2000円で済みます。急遽前日になって明日の不拍が判明したなら、前日中にキャンセルの連絡をしておくことが大事です。この前日の扱いですがホテルによってまちまちでA.M0:00をもって日付を変更するケースもあれば、当日のチェックインの時刻前までは前日扱いとなるところもあります。



当日不拍でのキャンセルの手続きは?


宿泊予約サイトを利用したホテルの予約ではキャンセルも予約サイト上でできることが多いですが、宿泊日まじかになるとサイト上ではキャンセル手続きができなくなるケースも多いです。当日に連絡する場合はサイト上からはできないことが多いので、直接ホテルまで連絡してキャンセルの旨を伝えることになります。



不拍でのキャンセル料の支払いは?


もしクレジットカードや銀行振り込みなどでホテルの宿泊代金を先払いしていたなら、キャンセル料を引いた分が返金されます。一方現地での支払いを選択していた場合は、電話でキャンセル料と口座番号が通達され、銀行振り込みで支払うケースが多いようです。まれに住所宛に請求書が送られてくることもあるようです。




おすすめコンテンツ

国内旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
国内のホテルや旅館の予約をするなら宿泊予約サイトが便利です。その特徴とメリット、選ぶ際のポイントを解説します。


海外旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
海外のホテルを予約したいなら日本語でも予約が出来る海外ホテル宿泊予約サイトが便利です。特徴やメリット、選び方のコツを解説します。








公開日 2017/01/05





メニュー
旅行宿泊予約サイト
宿泊予約サイトの選び方
宿泊予約サイトの特徴
宿泊予約Q&A
宿泊予約サイトを賢く使う
各宿泊予約サイトのサービスを検証
国内予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
海外予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
ツアー販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
航空券販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?

since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved