HOME >> 旅行宿泊予約サイト >> 宿泊予約Q&A >> ホテルや宿への支払いはいつするのか、現地支払かクレジット払いか
特集企画

ホテルや宿への支払いはいつするのか、現地支払かクレジット払いか



先払いか現地での支払いか

予約サイト、宿泊施設ごとに異なる


宿泊予約サイトはその名の通り宿泊施設の予約をするサイトなので、代金の支払はどうなるのかがに気になるところだと思います。国内の宿泊施設で多いのは、実際に現地の宿泊施設に足を運んだ当日にフロントで代金を支払うという方法です。宿泊予約サイトによっては予約の時点でクレジットカードや銀行振込などにより前払いで代金を支払えるところも有ります。また同じ宿泊予約サイトでも宿泊施設により利用可能な支払方法が異なる場合もあるようです。

ホテル代の事前支払と現地支払の違い

宿泊施設ごとに異なる場合の例


例えば楽天トラベルであれば、各宿泊施設への予約の申込手続き中に、どの支払い方法を選ぶかを選択する項目があります。その宿泊施設が現地での支払いにしか対応していない場合は、現金支払いしか選べません。クレジットカードでの先払いにも対応している場合は、どちらか選ぶ形になります。以下は楽天トラベルでクレジット支払いに対応しているケースです。

楽天トラベルの現金支払いとクレジット支払いの選択画面



現地支払でクレジットカードは使えるのか?

現地支払で現金だけでなくクレジットカードによる支払いも可能かどうかは各宿泊施設ごとに異なります。楽天トラベルでは各宿泊施設のプラン一覧の予定日の選択画面に現地支払での現金とクレジットカードの対応状況が記載されています。現地でのクレジットカードの支払いにも対応している場合は以下のように掲載されています。

現地でのクレジットカード支払いの説明画面



ポイントを利用した場合は?

宿泊予約サイトの中にはポイントサービスを実施していて、宿泊予約などで貯めたポイントを次回からの宿泊予約の支払代金に充てることができるところも少なくありません。もしポイントを利用して宿泊代金を支払った場合は、クレジット支払い、現地支払いのそれぞれはどのような扱いとなるのでしょうか。楽天トラベルでポイントを利用して宿泊予約をした場合は、ポイントを差し引いた金額が請求されます。クレジットなら差し引き金額が、現地支払いでも差し引いた金額が請求されます。



海外ホテルの支払方法は?

海外ホテルの宿泊予約サイトではクレジットカードや銀行振込により前払いで代金を支払うケースが多いようです。事前払いはクレジットカードのみにしか対応していないサイトも多いです。現地での支払いに対応している宿泊施設でも予約保障のために予約時にクレジットカード情報を入力することが必要な場合もあります。

予約保障とはキャンセルや連絡なし不拍が発生した場合への保障で、発生したキャンセル料は登録したクレジットカードに請求されます。



海外ホテルの現地払いでの注意点

支払時点の為替相場が適用


海外ホテルの予約も出来る宿泊予約サイトでは、ホテル代は予約時点でのレートで日本円に換算された金額が表示されているところが多いです。海外ホテル予約ではクレジットカードなどによる事前支払いが必要な宿泊施設が多いのですが、中には現地での支払いに対応しているところもあります。現地支払いの場合ホテルの代金は日本円に換算する前の現地での通貨で保証されます。そのため相場の動向によって日本円に換算した際に実際に現地でかかる料金に差が出ることも考えられます。

現地支払は相場によっては割安、割高になることも


予約時と宿泊日の相場を比較し、現地通貨に対して円高になればその分宿泊代金は安くなり、円安になればその分宿泊代金は高くなります。このように海外ホテル宿泊予約の場合は現地支払いでは為替相場の変化によりそのときに実際にかかる金額が変わってくる可能性があることに注意が必要です。

例えば宿泊代金が100ドルのホテルがあったとします。予約時は100ドルが100円だった場合日本円でホテル代は10000円ですが、現地での支払い時は95円に円高になっていたとします。そうすると円換算で9500円となり、予約時に支払うよりも現地で支払う方が500円お得になります。一方現地での支払い時に105円に円安になっていたとすると円換算で10500円となり、予約時に支払うよりも500円割高となります。



海外ホテルのデポジット支払い

海外ホテルの宿泊予約の場合、料金の一部をデポジット(預かり金・保証金)としてクレジットカードなどで事前支払いし、残金をホテルで現地支払いする支払方法に対応しているところもあります。宿泊料金のどの程度をデポジットとするかは各宿泊施設により異なります。



海外ホテル予約でポイントを使用した場合

海外ホテルでの宿泊予約でもポイントサービスを実施している宿泊予約サイトならポイントを利用して宿泊代金に充てることができます。しかしながら国内予約とは異なり海外予約でポイントを利用する場合はクレジットカードなどによる事前決済が必要なケースが多いようです。エクスペディアではポイントの利用条件として事前決済が必要となっています。



パック商品の支払い方法は?

ホテルや宿の宿泊料金とJRや飛行機などの交通費がセットになったパック商品の場合は事前支払いが基本になります。支払方法はクレジットカード決済が多く、コンビニ決済や銀行振込などにも対応している場合もあります。



両方選べるならどちらがお得?

海外ホテルでは為替相場の影響もある


現地での支払いとクレジットカードによる事前支払のどちらも選べる場合は、どちらの方がお得でしょうか。海外予約では現地支払だと予約時と支払い時の現地通貨の相場の如何によってはマイナスにもプラスにもなってしまうため一概には言えませんが、国内予約ならそうした影響は気にする必要はありません。では国内予約では現地支払とクレジットカードのどちらがお得でしょうか。

クレジットカードならポイントもたまる


クレジットカードの場合利用額に応じてその利用額の一部がポイントとして還元されます。ポイント還元率は0.5%のモノが一番多く、高還元率のモノだと1%以上のものもあるようです。通常多くの宿泊予約サイトでは宿泊予約によってその宿泊予約サイトで使えるポイントが付与されます。さらにクレジットカード支払いならクレジットカード利用でのポイントも付加されます。クレジットカードが利用可能ならポイントが付く分クレジットカードでの支払いの方がお得だといえます。

現地支払でもホテルがクレジットカード決済に対応して入ればクレジットカードでの支払いが可能です。この場合もクレジットカードによるポイントを貯めることができます。



各宿泊予約サイトの支払方法について

現地支払とクレジットのいずれか


各ホテル予約サイトの支払い方法についてはいくつくかのパターンに分類することができます。まずは宿泊施設・プランごとに支払方法は異なっていて、現地支払とクレジット支払い、またはその両方が選べるプランが混在しているケースです。楽天トラベルやるるぶトラベルはそのパターンです。

楽天トラベル るるぶトラベル JTB国内宿泊予約 yoyaQ.com トクー 一休.com

クレジットカード支払いが基本


宿泊予約サイトの中にはクレジットカード支払いが基本のサイトもあります。こちらは宿泊施設やプランによってはオプションとして現地支払もできる場合もあるようですが、基本はクレジットカード支払いです。エクスペディアやhotels.comはそのタイプです。

エクスペディア hotels.com

クレジットカード支払いのみ


agodaは支払いはクレジットカードでの事前決済のみとなっています。

agoda

現金支払のみ


ゆこゆこネットは現地での現金支払いのみとなっています。

ゆこゆこネット

事前支払のみ


最後にホテリスタは事前支払のみとなっていますが、クレジットカード支払い以外でも銀行振り込みやネットバンクにも対応しています。

ホテリスタ




おすすめコンテンツ


国内ホテル予約サイト一覧の画像 国内旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
国内のホテルや旅館を予約をするなら宿泊予約サイトが便利です。おすすめの宿泊予約サイトを紹介します。


国内ホテル予約サイト一覧の画像 海外旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
海外ホテルの予約なら日本語でも予約が出来る海外ホテル宿泊予約サイトが便利です。おすすめのサイトを紹介します。








最終更新日 2017/07/17
公開日 2015/12/12






メニュー
旅行宿泊予約サイト
宿泊予約サイトの選び方
宿泊予約サイトの特徴
宿泊予約Q&A
宿泊予約サイトを賢く使う
各宿泊予約サイトのサービスを検証
国内予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
海外予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
ツアー販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
航空券販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?

since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved