HOME >> 旅行宿泊予約サイト >> 宿泊予約Q&A >> エクスペディア、hotels.com、agodaの最低価格保証について
特集企画

エクスペディア、hotels.com、agodaの最低価格保証について



最低価格保証とは

最低価格保証の中身


ホテル宿泊サイトなどで最低価格保証という言葉を目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。最低価格保証とは他のホテル予約サイトで同条件のホテルや宿が、より安い価格で提供されていた場合、連絡することで同じ価格まで値段を下げることを保証するサービスのことです。うまく利用すれば便利そうなサービスですが、実際に他のサイトを見て回って安い条件を見つけ、最低価格保証の適用を受けるまでするという方は少ないのではないでしょうか。

最低価格保証の仕組み

予約後に他で同条件の安いホテルを見つけた場合に


最低価格保証の適用というのはあくまで先に宿泊予約サイトで予約を申し込み、後になって別のサイトでさらに安い価格を見つけた場合に利用するものです。まだどのサイトでも予約していないのであれば、安い宿泊予約サイトを見つけたのなら、そのままそこで予約をすれば済む話です。最低価格保証はもうすでに予約してしまった後で安いホテルを見つけてしまった場合に利用するサービスです。

最低価格保証が使えるホテル予約サイトは?


最低価格保証を導入しているサイトはあまり多くはありません。世界有数のホテル予約サイトであるエクスペディアやその傘下のHotels.com、同じく大手ホテル予約サイトであるagodaなどが採用しています。

エクスペディアは差額の2倍が返金


ただし後述しますがエクスペディアの場合は差額の2倍が返金されるので、こちらは予約する前に安い宿泊予約サイトを見つけたとしても、あえてエクスペディアで予約しておくことでメリットが受けられるという場合もあります。今回はこうした最低価格保証の仕組みやメリットなどについて詳しく見て行くことにします。

エクスペディアの最低価格保証差額2倍返金



条件が細かいので注意が必要

最低価格保証とは掲載している全てのホテルをどのサイトよりも安い価格で提供することをお約束するサービスですが、その適用を受けるためには様々な条件があるようです。エクスペディアを例に以下に主だったものを掲載します。

同一通貨建てのサイトのみ


価格比較となるサイトは同じ通貨で見積もられているサイトでないとダメなようです。例えば同じホテルでも円建てで表記されている料金とドル建てで表記されている料金であれば価格比較の対象にはなりません。

価格比較は同一通貨でのみ可能

詳細な条件の合致が必要


比較対象となるホテルには次のような詳細な条件の合致が必要となります。 ホテル、お部屋タイプ、ご利用人数、払戻可否の条件、チェックイン日、チェックアウト日、朝食の有無等、予約内容・サービス内容及び条件、ホテル単独の予約であること。

即時予約可能であるか


最低価格保証を受ける場合、ご予約後決められた期間内にサイト上の最低価格保証申込フォームで申請します。その時点で同条件のプランが即時予約可能であることが必要です。満室等の理由で予約不可の場合には適用されないようです。安い価格のプランを見つけたとしてもすぐに連絡しないと満席などになった場合には、予約ができないということで適用を受けることができなくなってしまいます。

一般に公開された価格


比較対象となる価格は広告され、かつ、一般に公開されている価格または日本で消費者向けのウェブサイトに掲載されている価格となります。会員特別価格や法人割引などの価格は適用されないようです。



申請可能期間と申請の仕方

申請可能期間は?


ホテル予約サイトでホテルの予約をし、別のサイトでさらに安い料金で条件も同じものを見つけた場合、最低価格保証のサービスが申請できますが、申請できる期間が各サイトで異なります。エクスペディアではホテルの予約をしてから24時間以内と定められています。ホテルズドットコムでは宿泊予定日前日の23時59分までとされています。agodaでは何日までといった期間についての明記は発見できませんでした。

ホテルの宿泊予定日まで日にちがあってもエクスペディアでは予約した次の日までしか最低価格保証を申請できません。いっぽうでホテルズドットコムは宿泊予定日前日の23時59分までなので、それまでの間に新たにほかのホテル予約サイトで同じ条件で価格の安い宿泊案件が見つかるかれば、最低価格保証を申請することができます。

最低価格保証の申請可能期間

申請の仕方は?


最低価格保証の申請は各サイトの最低価格保証申請フォームから行います。ホテルズドットコムでは申請フォームだけでなくカスタマーコールセンターへの電話でも受け付けています。申請には宿泊予定日やホテル名、掲載されているサイトのURL等とともに、予約の際に提示された予約IDや旅程番号などを入力する必要があります。

ひと月に何度も申請できるのか?


エクスペディアでは最低価格保証サービスの利用はひと月に1回までとされています。ホテルズドットコムやagodaではこうした規定は確認できませんでした。



最低価格保障の詳細

差額保障の中身


エクスペディアでは以前は差額+5000円分のクーポンでしたが、現在は差額×2の金額が返金されます。hotels.comとagodaでは差額分しか返金されません。エクスペディアの差額×2の返金額の上限は20000円です。

差額入金方法


差額の支払いは代金をクレジットカードで支払った場合のみそのクレジットカードに返金されるようです。もともとエクスペディアもホテルズドットコムもagodaもホテル代金の支払いにはクレジットカードが必要で、その他の支払いを選ぶことはありません。そのため返金に関しても特に気にする必要はないでしょう。



エクスペディア差額2倍返金の活用法

予約する前に調べる


あらかじめいくつかのホテル予約サイトを見て回り、最低価格保証のあるサイトよりも安い価格のサイトを見つけたとします。agodaやホテルズドットコムでは安い価格との差額は最低価格保証を申請することで返金してもらえますが、事前に安いサイトがわかっているならそのサイトで予約してしまえば余計な手間なく、安い価格でホテルを予約できます。

先にエクスペディアで予約しておく


この時エクスペディアなら差額だけでなく差額の倍の金額がもらえます。事前に安いサイトを見つけているならエクスペディアで予約した方が差額が倍額もらえるのでお得です。例えばエクスペディアでは10000円のホテル代で、ほかのサイトでは9000円で予約できたとします。この場合エクスペディアで予約して最低価格保証を申請して認められれば、1000円の2倍の2000円が返金されることになり、結果ホテルの宿泊代は10000円引く2000円で8000円で済むことになります。ほかのサイトでそのまま予約すれば9000円なのでさらに1000円お得に宿泊できる計算となります。

同一条件かどうかをしっかり確認


このようにエクスペディアでは事前にいくつかのサイトで調べたうえで予約することでも大きなメリットがあるわけです。ただし最低価格保証では様々な条件が同じであることと、エクスペディア側で調査した際に予約できる状態であることが必要なので、こうした点には注意が必要です。最低価格保証を利用する際はしっかりと同一の条件であることを確認することと、なるべく早くに申請することが大事です。



hotels.comの活用法

申請可能期限が長い


ホテルズドットコムにはエクスペディアのような差額2倍キャンペーンなどはありません。戻ってくるのは差額のみです。こうなるとエクスペディアの方がお得なように見えますが、ホテルズドットコムの最低価格保証にもメリットはあります。それは申請可能期間です。エクスペディアで最低価格保証サービスを利用する場合は、エクスペディアで予約した後24時間以内に申請しなければなりません。一方でhotels.comの場合は予約後から宿泊予定前日の23時59分まで申請が可能です。

長期に渡り値下げのホテルを探せる


例えば5月1日にホテル宿泊予約サイトを利用して7月5日のホテルの宿泊予約をしたとします。この場合5月1日から7月5日の前日の7月4日の23時59分までは最低価格保証の申請が可能です。ある程度宿泊日まで期間が空いていて、その間に同条件でのホテルがさらに値引きされた場合、最低価格保証で差額を受け取れるチャンスがあるわけです。

現時点で安いホテルが見つからない場合に


エクスペディアとは違いhotels.comも申請可能期間などは設定されていません。あらかじめエクスペディアよりも安いホテル宿泊予約サイトを見つけた場合は、先にエクスペディアで予約しておくのも手ですが、現時点では見つからない場合は、その後の値下げの可能性も考慮してhotels.comを利用するというのもおすすめです。



エクスペディアの最低価格保証

エクスペディアは世界でも有数の大手宿泊サイトです。最低価格保証は差額分の2倍と他社よりも太っ腹なサービスとなっています。宿泊予約などでたまるポイントサービスも実施しています。貯めたポイントは次回からの予約の割引に使えるクーポンと交換できます。

返金額差額の二倍
申請期限予約後24時間以内
申請方法申請フォーム


最低価格保証の申請手順


まずはサイトトップの画面で矢印で示した「国内海外ホテルすべて!価格保証」のところをクリックします。

エクスペディアの最低価格保証申請1

そうすると価格保証の特集ページが表示されます。その中の以下の「価格保証 申請はこちら」というボタンをクリックすると最低価格保証申請フォームのページが表示されます。

エクスペディアの最低価格保証申請2



hotels.comの最低価格保証

エクスペディアと同じグループサイトで、こちらの最低価格保証は差額分のみの返金ですが、申請期限は宿泊予定日の前日まであります。10泊すると対象となるホテルへの宿泊が1拍分無料となる「Hotels.comRewards」と呼ばれるサービスも実施しています。

返金額差額分
申請期限宿泊予定日前日の23時59分まで
申請方法カスタマーセンターへの電話、申請フォーム


最低価格保証の申請手順


まずはトップページ下部の「最低価格保証」というところをクリックします。以下の画像の矢印で示した部分です。そうすると価格保証の紹介ページに飛びます。

hotels.comの最低価格保証申請1

次にその紹介ページ内の「価格保証をリクエスト」という文字をクリックします。ちょうど以下の画像の矢印で示した部分です。そうすると価格保証申請のプロセスへと進めます。ちなみにスマホ用ページの場合は、FAQのページの検索窓で最低価格保証で検索すると最低価格保証に関するトピックが出てきます。そのトピック内に最低価格保証の紹介ページのリンクがあります。

hotels.comの最低価格保証申請2



agodaの最低価格保証

agodaもエクスペディアと並ぶ世界有数の大手宿泊予約サイトです。最低価格保証の中身は差額分が返金で特に期限もないため、hotels.comとほぼ同じ内容となっています。

返金額差額分
申請期限期限は設定されていない
申請方法申請フォーム


最低価格保証の申請手順


まずはトップページ下部の「アゴダ利用規約」という部分をクリックします。下の画像の矢印で示した部分です。すると利用規約のページに飛びます。

agodaの最低価格保証申請1

利用規約のページの最低価格保証の項目で「アゴダ最低価格保証」というリンクをクリックします。ちょうど下の画像の矢印で示した部分です。すると最低価格保証についての解説ページへと移動し、そこに最低価格保証申請フォームのリンクが記載されています。

agodaの最低価格保証申請2



まとめ


最低価格保証を受けるには詳細な条件合致が必要なので、適用のハードルは決して低くはありませんが、実際最低価格保証を活用し差額×2の金額を返金されている方もいられるようです。専用フォームでの申請だけでなく、場合によってはカスタマーセンターとの電話でのやり取りも必要となります。手間はかかりますがエクスペディアの場合は差額の二倍が返金されるので、ホテル予約の際は他サイトの価格なども確認してみることを心がけてみてはいかがでしょうか。




おすすめコンテンツ

国内旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
国内のホテルや旅館の予約をするなら宿泊予約サイトが便利です。その特徴とメリット、選ぶ際のポイントを解説します。


海外旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
海外のホテルを予約したいなら日本語でも予約が出来る海外ホテル宿泊予約サイトが便利です。特徴やメリット、選び方のコツを解説します。








最終更新日 2017/07/15
公開日 2013/10/01





メニュー
旅行宿泊予約サイト
宿泊予約サイトの選び方
宿泊予約サイトの特徴
宿泊予約Q&A
宿泊予約サイトを賢く使う
各宿泊予約サイトのサービスを検証
国内予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
海外予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
ツアー販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
航空券販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?

since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved