HOME >> 旅行宿泊予約サイト >> 宿泊予約Q&A >> ホテルの宿泊代金のキャンセル料について
特集企画

ホテルの宿泊代金のキャンセル料について



キャンセルするには


ホテルや宿を予約したはいいものの、急な事情によりどうしてもキャンセルせざるを得ないような場面に出くわすこともあるかもしれません。そんなときにはどうすればいいのか、キャンセル料はどうなっているのか、気になる点はいくつかありますが、今回はそうした点についてみていくことにします。

ホテルのキャンセルとキャンセル料の発生について



キャンセル料の発生条件


宿泊予定日が近づくにつれ高くなる


キャンセル料については宿泊施設ごとにそれぞれの宿泊約款に定められているため、キャンセル料の発生期間やキャンセル料金についてはそれぞれ異なるようです。キャンセルの諸条件については予約申込・確認画面に記載されていることが多いようです。キャンセル料は予約日が近づくほど高く設定されていて、当日なら100%かかるところが大半ですが、予約日2日前3日前ならキャンセル料がかからない施設も多くみられます。
・一例
連絡なし当日不泊
当日
前日
それ以前
宿泊料金の100%
宿泊料金の80%
宿泊料金の20%
宿泊料金の0%


繁盛期にはキャンセル料が異なる事も


キャンセル料は各ホテルごとに設定されていますが、基本的には同じホテルであればキャンセル料の設定条件は変わらない思われている方もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。年末年始やゴールデンウィークなどの繁盛記では、キャンセル料の条件が厳しめに設定されているケースもあります。例えば通常であれば3日前まではキャンセル料が発生しないホテルでも、繁盛記は7日前からキャンセル料が発生するようになるといったような具合です。

また同じホテルでも部屋ごとにキャンセル料の設定がなされている場合もあります。これも繁盛記の場合と同じように人気の高い部屋や需要の多い部屋には比較的キャンセル料の設定を厳しくしておくなどして、部屋が空くリスクを減らすための試みだと考えられます。

団体利用では条件が異なる場合も


キャンセル料の設定は一度に利用する人数によっても変わる場合があります。例えば1〜9名様までなら通常通り2日前まではキャンセル料が無料で、前日は50%、当日は100%というように設定している場合でも、10名以上なら9日前からキャンセル料として50%が発生するという条件のホテルもあります。100名以上ならさらに厳しく20日前からのキャンセルにもキャンセル料が発生するとしているところもあります。団体で利用する場合は、団体用に別にキャンセル料が設定されていないかどうかも確認しておくといいでしょう。

・一例
20日前9日前前日当日不拍
1名様〜14名様0%0%20%80%100%
15名様〜99名様0%10%20%80%100%
100名様以上10%20%80%100%100%


前日扱いは何時まで?


キャンセル料は1日違うだけで大きく変わることはざらです。例えば前日キャンセルなら20%なのに当日になると80%に設定されているというケースも少なくありません。前日のうちに翌日キャンセルとなることがわかっているのなら前日のうちにキャンセルの連絡をすることで80%が20%すみます。ではいつをさかいに前日と当日は分かれるのでしょうか。これはホテルによってまちまちで、AM0.00を境目としているところもあれば、当日のチェックイン時間前までなら前日扱いしてくれるところもあります。どちらにせよ早いに越したことはないのでキャンセルが分かった時点ですぐに連絡するようにしましょう。



連泊予約のキャンセル料について


連泊予約の一部キャンセル(日程短縮)では?


ホテルに1日ではなく数日の連泊予約をしていて、そのうちの一部日程をキャンセル(日程短縮)する場合も当然キャンセル料はかかります。例えば3日間予約していて最初の1日はキャンセルして2日間の予約にする場合などです。

連泊予約の全日程のキャンセルでは?


この場合宿泊施設ごとに対応は異なります。全日程のキャンセルでも最初の1日分のみのキャンセル料でいい場合と、すべての日程分のキャンセル料がかかる場合があります。



キャンセル料の支払いについて


先払いと現地払いで異なる


料金先払いの場合はそこからキャンセル料が引かれ、残金が返却されます。現地払いの場合は予約時に入力した電話番号に連絡が入り、キャンセル料や口座番号が通達され、銀行振り込みによる支払いが請求されることが多いです。まれに住所宛に請求書が送られてくることもあるようです。クレジットカードでの先払いではキャンセルの申込がクレジットカード会社の当月内の処理に間に合えば当月内で相殺されますが、間に合わない場合はいったん成約処理されたあと、1、2ヵ月後に返金されるといった形になるようです。

例えばホテル代が8000円でキャンセル料が500円とします。処理が間に合い当月内で相殺されればキャンセル料の500円のみ引き落とされます。間に合わない場合はいったん8000円が引き落とされ、1、2か月後8000円から500円引いた7500円が返金されます。

締め日とクレジットカードの返金の関係

支払いにポイントを利用した場合は?


ホテル予約サイトの中には支払った代金に応じてポイントを加算し、次回からのホテル予約の支払いに利用できるサービスを提供しているところもあります。こうしたサイトでホテルの代金の支払いの一部または全部をポイントで支払った場合で、そのホテルの予約をキャンセルするとポイントはどうなるのでしょうか。基本的には多くの宿泊予約サイトで使用したポイントはそのまま帰ってくるようです。

キャンセル料はポイントから先に引き落とされる


ポイントを利用してホテル代金を支払った場合は、キャンセルするときはキャンセル料はポイントから優先して引き落とされるケースが多いようです。楽天トラベルではポイントから先に引き落とされます。



キャンセルの申込期限


国内ホテルのキャンセルの申込期限


サイトからキャンセルの手続きをする場合はキャンセル申込期限が設けられている場合が多く、その期限内であればサイト上から申込できますが、期限をすぎている場合は、予約サイトの電話受付や宿泊施設に直接電話してキャンセルの手続きをとる形になることが多いようです。サイト上でのキャンセルの申し込みではまずログインしてホテルの予約内容を確認できる画面まで移動します。そこに期限内であれば予約キャンセルのボタンが設置されていることが多いです。

海外ホテルのキャンセルの申込期限


海外のホテルのキャンセルも国内のホテルのキャンセルと同様、キャンセル申込期限内であればサイト上から申請することが出来ます。期限を過ぎた場合は国内なら直接宿泊施設に連絡してキャンセルの手続きをとることが出来ますが、海外ホテルの場合は言葉の壁によりなかなか難しい場合も考えられます。海外のホテルが予約できるサイトでは、サイト上からのキャンセルの申込ができない場合は、ホテル予約サイトのほうに連絡するよう記載しているサイトが多いです。キャンセルの手続きに際しスタッフのサポートが受けられるようです。



無連絡キャンセルについて


利用サイトや当該宿泊施設に一切連絡することなく、利用日当日に姿を表さずに当該施設を利用しなかった場合には、宿泊代金の全額がキャンセル料として徴収されることが多いようですが、サイトによっては会員資格の剥奪、蓄積ポイントの失効、再会員登録申込みの拒否などの重いペナルティーを課される所もありますので注意してください。




おすすめコンテンツ


国内ホテル予約サイト一覧の画像 国内旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
国内のホテルや旅館を予約をするなら宿泊予約サイトが便利です。おすすめの宿泊予約サイトを紹介します。


国内ホテル予約サイト一覧の画像 海外旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
海外ホテルの予約なら日本語でも予約が出来る海外ホテル宿泊予約サイトが便利です。おすすめのサイトを紹介します。








最終更新日 2017/01/05
公開日 2010/12/24





メニュー
旅行宿泊予約サイト
宿泊予約サイトの選び方
宿泊予約サイトの特徴
宿泊予約Q&A
宿泊予約サイトを賢く使う
各宿泊予約サイトのサービスを検証
国内予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
海外予約サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
ツアー販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?
航空券販売サイトを徹底比較、おすすめはどこ?

since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved