HOME >> 特集 >> 航空券のキャンセル料について
特集企画

航空券のキャンセル料について



はじめに
航空券を購入したはいいが突発的な事情でキャンセルせざるを得ないことも時にはあるかもしれません。そんなときはどうしたらいいのでしょうか。今回は航空券のキャンセルの仕方やかかる手数料についてみていくことにします。



航空券のキャンセル料について
一度購入した航空券をキャンセルする場合は、商品によっては取消手数料が発生するものがあります。航空会社によっても異なりますが、取消手数料は便出発前なら一部商品を除く通常の航空券の場合国内のほとんどの航空会社が取消手数料無料で取消ができます。便出発後も取消手数料を払えば一部払戻しが受けられるようです。

しかしながらJALの早割やバーゲンフェア、ANAの早割・超割・得割、スカイマークの前割などの商品では便出発前でも取消手数料がかかり、また便出発後の取消手数料は比較的割高で場合によっては払戻し不可の物も少なくありません。

まとめると国内の航空券に限れば通常の航空券なら便出発前までの取消なら手数料もかからずに済み、出発後も手数料を支払うことで一部払戻しが受けられる。しかしながら通常料金よりもお得な割引航空券の場合は便出発前でも取消手数料がかかることが多く、便出発後も大抵取消手数料の支払いで一部払戻しを受けられるものも多いが、なかには払戻し自体受けられない商品もあるので注意が必要だということです。

例ANAの取消手数料
便出発前便出発後
ABCD
普通運賃無料2000円4000円6000円8000円
(A・B・C・Dは各空港の路線区分の区分けです)



格安航空券のキャンセル料
格安航空券とは通常の航空券とは違い、まあ簡単にいえば旅行会社がツアー用に仕入れた航空券の事で包括旅行運賃(IT運賃:Inclusive Tour Fare)とよばれ通常より割安な価格で取引されそれをばらして個人に販売しているものです。JALやANAの早割りなどの商品とはまた違います。格安航空券について詳しくはまた次回取り上げますが格安航空券の場合は販売は格安航空券販売会社となりますので、キャンセルの受付も格安航空券販売会社となります。

キャンセル料については各格安航空券販売会社ごとにまちまちですが、便出発前でも取消手数料がかかるのが一般的なようです。後は便出発前迄何日あいているかで手数料がちがってきて、早めにキャンセルをするほど手数料は安くて済むようです。以下はある格安航空券販売会社のキャンセル料の例です。

キャンセル料(カッコ内は沖縄線に適用)
お申込み受け付け後から4日前の営業日までご出発の3日前の営業日から1日前の営業日まで当日からご出発後、または無連絡不参加
1,000円6,420円(8,420円)12,840円(16,840円)



海外航空券は
海外航空券のキャンセル料は痛常時よりもピーク時の方が割高になっているようです。これも便出発日よりも日にちがあいているほうが取消手数料は安く、近づくにつれ高くなるようです。だいたいどこの会社も便出発後は全額負担でキャンセル不可の場合が多いようです。



格安航空券パックでは
往復航空券と宿泊券がセットになった商品では旅行開始日に近づくにつれ20%、30%、50%とキャンセル料が高くなり、旅行開始時刻以降になってしまうとキャンセル不可になるものが多いようです。



航空券の返却
航空券が郵送済なら航空券を返却する必要があります。その際の郵送にかかる手数料はお客様持ちです。航空券は金券の為、必ず書留・配達記録郵便、又は、宅配便等で送ることが条件のようです。また格安航空券販売会社では航空券は取消しから3日以内・御搭乗日から5日前迄に到着するよう送らなければならないなど条件が設けられているところが一般的です。








text by 2008/10/20