HOME >> 航空券販売サイト >> 航空券予約Q&A  >> 航空券チケットレスサービスとは
特集企画

航空券チケットレスサービスとは



チケットレスサービスって何?


航空券チケットレスサービスとは航空会社各社が実施しているもので、航空券がなくても空港でチェックインできるサービスのことです。インターネットで予約・購入手続を済ませ、支払いもクレジットカードかインターネット振込ならその場でできます。決済方法にはそのほかコンビニ決済やATM決済なども用意してます。

空港での自動チェックイン機でのチェックインはクレジットカード決済ならクレジットカードで、その他の支払いなら受取番号を入力することで済ませることが出来ます。要するにインターネットから自宅で航空券の予約・購入ができ、空港まではクレジットカードか受取番号のみでなにももって行かなくてもチェックインができてしまうというサービスです。

チェックインを済ませるとチェックイン機から搭乗券が発行されます。預ける手荷物がある場合は手荷物カウンターに行き、ない場合はそのまま保安検査場へといき、後は搭乗券をもって搭乗口まで足を運びます。




チケットレス対応航空会社


JALやANAはもちろんのことスターフライヤーやエアドゥ、格安航空のジェットスターやピーチ、バニラエアなどでもチケットレスサービスには対応しています。通常は予約番号や確認番号がメールやFAXなどで送られてきますが、スターフライヤーだけは「航空券引換証」がメールもしくはFAXで送られてきます。予約番号ではなく航空券引換証に記載されている2次元バーコードをチェックインに用いるので、引換証の2次元バーコードをプリントアウトするか、携帯の画面に表示させるか、FAXで送られてきたものを利用するかをしないといけません。

予約番号
ANA JAL エアドゥ(ADO) スターフライヤー(SFJ) ソラシドエア(SNA) フジドリーム(FDA) ジェットスター ピーチ バニラエア 春秋航空

2次元バーコード
スカイマーク(SKYMARK)



チェックイン機がない場合は


チェックイン機がない場合はチェックインカウンターで番号を伝え、搭乗券を受け取ります。



スキップサービス


ANAが実施するスキップサービスならチケットレスなだけでなくチェックインも省略していきなり保安検査場あるいは搭乗口までいくことできます。これはインターネット予約で購入・決済・座席指定まで完了している場合でかつ対応している50以上の国内の空港で利用でき、ANAが指定するIC機能付きのクレジットカードあるいは、送付される御利用案内書の2次元バーコードかPC・携帯画面から取得した2次元バーコードを保安検査場あるいは搭乗口のチェック機にかざすと、搭乗券が発行されて通過することが出来るサービスです。スキップサービスはチェックインさえも文字通りスキップできるサービスなのです。

なおJALでも同様のサービスがスタートしました。その名も「JALタッチ&ゴーサービス」という名前で、こちらもPCや携帯端末などで購入・決済・座席指定まで完了している場合に対応の空港で利用できます。パソコンや携帯で取得した二次元バーコードをプリントしたものや携帯画面に表示したもの、指定のIC機能つきクレジットカードなどを保安検査場の端末にタッチしてご搭乗案内を受け取り、通過することが出来ます。



IC機能つきカードとは


通常のクレジットカードは磁気テープに情報を記録しますが、IC機能つきクレジットカードではIC(Integrated Circuit=集積回路)が搭載されていて、磁気テープよりも膨大な情報を記録しておくことが出来ます。スキップサービスでは二次元バーコードかIC機能つきクレジットカードのどちらかがあれば、サービスを利用できます。



ICカードとクレジットカードの違い


ICカードと通常のクレジットカードでは使えるサービスに違いがあります。まず航空券がなしで自動チェックイン機が使えるチケットレスサービスではIC機能つきクレジットカードと通常のクレジットカードのどちらも利用可能です。チェックインすら省略できる「スキップサービス」や「JALタッチ&ゴーサービス」ではIC機能付きのクレジットカードしか使えません。なおどちらも他にもいろいろな選択肢が用意されていて、発行されるバーコードを印刷したり、スマホの画面に表示してかざすことで両方のサービスで利用することもできます。以下にそれぞれのサービスの対応状況についてまとめてみました。

チケットレススキップサービス
クレジットカード使える使えない
IC機能つきクレカ使える使える
2次元バーコード使える使える
予約番号使える使えない



ICカードと二次元バーコードはどっちが便利


スキップサービスなどではICカードか2次元バーコードのどちらかが必要なケースが大半です。ICカードつきのクレカなら特に手続きもなくただかざすだけなので手間はかかりません。二次元バーコードの場合はPCなどの画面を一度プリントアウトするか、スマホならスマホに表示してかざす必要があります。正直スマホがあればただ画面を表示するだけでいいので、それほど手間はかかりません。すでに各航空会社指定のIC機能つきクレジットカードを持っているならそちらを利用すれば一番手間はかかりませんが、なくてもスマホがあれば画面に表示させるだけでいいので、そこまで手間はかからないでしょう。あらかじめスクリーンショットを撮影しておけばネット環境なども気にすることなく利用できます。



eチケットとは


チケットレスサービスは航空券に変わり予約番号や2次元バーコードなどを利用してチェックインを済ませることが出来るものですが、これに対してeチケットとはお客様情報や旅行行程などが記載された航空券に変わるものです。eチケットはPCや携帯などで予約・購入手続きを済ませることでメールやマイページ上で確認することが出来ます。メールやマイページ上で表示されているeチケットの情報をプリントアウトして空港まで持参して、チェックインカウンターで提示してチェックインを済ませることができます。

航空券の郵送などが必要ないのでチケットレスサービスに似ていますが、こちらは予約番号だけではチェックインすることはできません。プリントアウトしたeチケットを提示する必要が有ります。またチェックインカウンターでないとチェックインが出来ないことも多いようです。eチケットは海外の航空券を利用する際によく使われるサービスです。

チケットレスeチケット
航空券郵送なしなし
チェックイン方法予約番号・確認番号入力、2次元バーコード提示プリントアウトしたeチケット提示
チェックイン場所自動チェックイン機、チェックインカウンターチェックインカウンター




おすすめコンテンツ

航空券比較予約サイトの選び方
たくさんの航空会社を一度に比較して最安の航空券を探したいなら航空券比較予約サイトが便利です。その特徴やメリット、選び方のコツを解説します。






最終更新日 2016/03/29
公開日 2008/08/07






since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved