生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

焼香の仕方


宗教により異なる

葬儀や通夜、告別式での拝礼の仕方は各宗教によりそれぞれ異なります。日本で一番多いのが仏式で抹香による焼香で行われます。神式では玉串を祭壇に奉げる玉串奉奠(たまぐしほうてん)が、キリスト教式ではカーネーションや菊などの白い花を奉げる献花が行われます。ここでは焼香について詳しく解説します。玉串奉奠、献花については次回取り上げます。


仏式は焼香

仏式の通夜、葬儀、告別式では抹香による焼香が行われます。宗派により多少の違いはありますが、基本の作法を覚えておいて損はありません。焼香には立って行う「立礼焼香」と座って行う「座礼焼香」があります。自宅で行われる場合や会場が狭い場合、参加者が多い場合には、盆に載った香炉と抹香を順番に回して焼香する回し焼香を行う場合もあります。通夜では抹香ではなく線香を使った線香焼香を行う場合もあります。

焼香
抹香焼香線香焼香
立礼焼香座礼焼香回し焼香


抹香焼香の仕方

1
僧侶と遺族に一礼し、焼香台の前まで進み、遺影を仰いで深く一礼します。

2
数珠は左手にかけ、頭を軽くお辞儀をするように下げ、右手の親指、中指、人差し指の指先を使って抹香をつまみ、右手を目の高さまであげてからおろし、静かに抹香を香炉にくべます。 焼香の回数は一般には2回ですが、参列者が多い場合は1回でもかまいません。

3
遺影に向かって合掌をし、故人の冥福を祈ります。数歩下がって僧侶と遺族に軽く一礼をし、自分の席に戻るか退路に従って下がります。


回し焼香

1
香炉ののった盆が回ってきたら、次の人に「お先に」と挨拶をするか黙礼し、盆を受け取ります。

2
盆を正面に置き、遺影に一礼します。前に置くスペースがない場合は膝の上におき、左手で支えます。

3
通常の抹香焼香と同様に抹香をつまんで目の位置まで上げておろし、しずかに香炉にくべます。

4
合掌して次の人に盆を回します。


線香焼香の仕方

1
遺族と僧侶に一礼し、焼香台まで進み、遺影に向かって軽く合掌します。

2
数珠を左手にかけ、右手で線香を1本取りろうそくの火を移して、左手で仰いで火を消します。息を吹きかけて消してはいけません。

3
香炉の奥からすでに供えられている線香につかないように静かに線香を立てます。

4
再び遺影に向かって合掌し、故人の冥福を祈ります。僧侶、遺族に一礼して席に戻ります。


数珠はどうする?

数珠には数が長く二重にして持つタイプの「二輪念珠」と数が半分の「単念珠」があります。一般の仏事には単念珠を用いますが二輪念珠でもかまいません。また自分の宗派のものを持参してかまいません。使わないときは房が下に来るようにして輪を握って持つか、左手首にかけるようにします。焼香するときも房が真下に来るようにして左手で持ちます。合掌するときも房が真下に来るようにして両手の人差し指と親指の間にかけ、軽く親指でおさえて合唱し、合唱し終わったら左手で持ちます。長い数珠の場合は二重にして房が下にくるようにして左手で持ち、合掌の再は両手の中指にかけて合掌します。

どんな場合でも数珠を机やいすの上におくのは避けましょう。手から離す場合はポケットかバックの中にしまいましょう。神式やキリスト教式の通夜(全夜式)、葬儀では数珠は持参しないのがマナーです。







※ 参考文献
決定版冠婚葬祭マナー事典
すべてがわかる冠婚葬祭マナー大事典
大人のマナー便利帳
社会人のためのマナーとルール
さすが!と言われる図解ビジネスマナー

text by 2014/07/02
 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ




訪問編一覧


結婚編一覧


葬式編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved