生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー ビタミネ 旅行宿泊予約 お仕事広場
マナーTOP  訪問編  結婚編  葬式編  その他  知恵袋投票結果  クイズ!  アンケ(2択)  アンケ(複択) 
HOME > マナー知恵袋TOP > 結婚編 > 招待客の装い
招待客の装い

はじめに
今回は結婚式・披露宴に招待された際の服装について見て行きます。華やかな場への招待ですので衣装も華やかなものを選びたいものです。ただし新郎新婦が主役ですので服装はそれよりも控えめになるよう注意しましょう。服装を決める際のポイントは「招待が結婚式なのか披露宴なのか」、「開催が昼か夜か」、「格式重視か否か」などがあげられるでしょう。男性なら洋装が一般的ですが、女性の場合は洋装と和装にわかれます。


女性の服装(洋装)
洋服の色は白や白っぽい色は花嫁の色なので避ける事。黒を着ていく場合はアクセサリーなどで華やかさを演出することを忘れずに。教会の結婚式では黒は喪服を連想させるため避けましょう。結婚式や昼の時間帯の披露宴では肌の露出が少なく控えめな服装で、夕方からの披露宴では華やかな服装を選ぶことが基本です。結婚式に肩の出るドレスを着ていく場合は上着やストールを着用するなど工夫を。

形式にこだわらない結婚式、披露宴、結婚パーティー、二次会では、ワンピースやスーツでもかまいません。ただしカジュアルすぎない素材やデザインの物を選ぶこと。アクセサリーやバックなどの小物でフォーマルを装うとよいです。

昼の略礼装夜の略礼装昼の正礼装夜の正礼装
ドレスエレガントなデザインで肌の露出を抑えたワンピースやスーツ。 華やかなカクテルドレス。アフタヌーンドレス。袖付きの優雅なスーツかドレス。ロング丈が主流。イブニングドレス。胸もとや肩が大きく開いたロング丈のドレス。着ても母親か媒酌人夫人くらい。
アクセサリーパールなどの光らないものかコサージュ。金、銀、宝石などの光るもの。パールなどの光らないものかコサージュ。金、銀、宝石などの光るもの。
バック小型でドレッシーな布製のもの。小型で金・銀・エナメル・ビーズ素材のもの。小型でシルクやベルベットなどの布製のもの。小型で金・銀・エナメル・ビーズ素材のもの。
バックに合わせた革のバンプス。ドレスやバックに合わせたバンプス。金や銀でも可。サテン、またはパールの入った革のバンプス。ドレスやバックに合わせたバンプス。金や銀でも可。


女性の服装(和装)
未婚女性の正装は振袖、既婚女性の場合親族の正装は留袖、一般招待客は訪問着や付け下げ、色無地など。

■振袖
未婚女性の第一礼装。袖は長いほど格式があるとされる。長さによって大振袖、中振袖、小振袖がある。柄は最も華やか。ただし着物や帯びの柄模様、帯の結び方が花嫁よりも豪華にならないよう気をつける。20代未婚女性が着用するケースが多く、30代以上未婚女性では振袖よりも訪問着を着用することが多いようである。
■黒留袖
既婚女性の第一礼装。五つ紋の入った黒地の着物。振袖の長い袖を結婚後に留めて短くした事から留袖と呼ばれる。地色が黒以外の物は色留袖と呼ばれ未婚の女性も着ることが出来る。親族でも母親以外は色留袖でもかまわない。
■訪問着
既婚・未婚に関わらずきれる準礼装。華やかな着物で昼夜を問わず着れる。紋をつけると格があがる。
■付け下げ
準礼装。訪問着よりくだけた着物。
■色無地
柄のない着物。3つ紋は準礼装で紋のない訪問着よりも格が高い。1つ紋は略礼装。紋がなくても帯びしだいで略礼装になる。
■小紋
繰り返し模様の型染めの着物でおしゃれ着感覚で着れる。袋帯しだいでは略礼装にもなる。江戸小紋は格があり、1つ紋をつければ略礼装になる。結婚式や形式ばった披露宴には向かない。

略礼装準礼装未婚の正礼装既婚の正礼装
着物江戸小紋 色無地訪問着、付け下げ振袖黒留袖、色留袖
おしゃれ帯袋帯、名古屋帯錦織の袋帯または名古屋帯錦織の袋帯金、銀、白地の袋帯
帯上げ、帯締め色無地と同じ。帯揚げは綸子か絞りの色無地。帯締めは正礼装と同じ。正礼装と同じ。帯揚げは総絞りの色物。帯締めは金、銀、ぼかしなどの平打ちまたは丸打ち、唐組など。帯揚げは白の綸子か羽二重。帯締めは同素材の丸ぐけか金銀の組みひも。
バック、草履振袖と同じ振袖と同じ振袖と同じ。草履とバックはアンサンブルが基本で、金、銀、綿地、エナメル。草履とバックはアンサンブルが基本で、金、銀、綿地。


男性の服装
男性の場合夜は燕尾服、昼はモーニングコートが第一礼装とされますが、招待客ならブラックスーツの着用が一般的です。形式にこだわらない披露宴や結婚パーティーなどではダークスーツでもかまいません。

■燕尾服
夜の第一礼装。上着の後の裾先がツベメの尾のように細長く割れている形のスーツ。
■モーニングコート
昼の第一礼装。白のウイングカラーシャツにグレーのベストが一般的。
■タキシード
夜の準礼装。形式ばった結婚式や披露宴では燕尾服とともに着用されることが多い。
■ディレクターズスーツ
昼の準礼装。モーニングコートのテールの取れたもの。
■ブラックスーツ
本来は略礼装。しかしながら着用される機会が多いため日本では礼装でも通用する。
■ダークスーツ
略礼装。形式ばらない結婚式や披露宴、結婚パーティーなどに着用。平服でと指定されたときもこちらを着用する。

略礼装昼の準礼装夜の準礼装昼の正礼装夜の正礼装
上着ダークスーツ ブラックスーツディレクターズスーツタキシードモーニングコート燕尾服
ズボン、ベストズボンは上着と共布のもの。ズボンは上着と共布のもの。ズボンはグレーと黒のストライブ、白の千鳥格子。1本の側章入りズボンをサスペンダーで。カマーベストまたはカマーバンド。黒、グレイ、白と黒のストライブのズボンを黒のサスペンダーで。ベストは上着と共布か白かグレー。2本の側章入りズボンを白のサスペンダーで。ベストは白のピケまたはシルク。
白のシャツとネクタイは自由色無地と同じ。白のシャツとネクタイ。ウイングカラーシャツとシルバーグレーのネクタイ。白のドレスシャツと黒または濃紺の蝶ネクタイ。ウイングカラーシャツとアスコットタイ。ウイングカラーのシャツと白ピケの蝶ネクタイ。
黒革黒革黒革黒のエナメル素材黒革黒のエナメル素材。


平服でと指示があった場合
平服とはカジュアルな普段着のことではなくて略礼装のことです。「正装ではなくて略礼装でかまいませんよ」という意味です。したがってこの場合はフォーマルなスーツや品のいいワンピースなどが無難でしょう。会社着のスーツを着ていく場合はブラウスの色を変えたり、胸ポケットに花を飾ったりして少し華やかさを持たせてやるといいでしょう。男性ならダークスーツに明るめのネクタイなどが適当でしょう。


子供の服装
子供は幼稚園や学校の制服でかまいません。それ以外なら男の子はブレザーにズボン、女の子は品のいいワンピースなどが無難でしょう。


装いを決めるポイント
結婚式や披露宴がどのていど格式を重視しているのか、それに合わせてどのような服を着て行けばいいのか判断しづらいときには、まずは以下のポイントをチェックしてみてください。

■開催規模
開催規模が大きくなるほどフォーマルな装いで。
■参加者の顔ぶれ
参加者が友人や知人で若い人が中心ならパンツスーツやワンピースなどでもかまわない。仕事関係者や年配の人が多い披露宴ではフォーマルな服装を。
■参加者の立場
身内の結婚式やスピーチや受付を頼まれた場合はフォーマルな装いで。
■会場
会場が格式の高いホテルやレストランならフォーマルな装いで、ガーデンレストランなどでカジュアルに行われるならパンツスーツやワンピースでもいいでしょう。






text by 2007/09/09
 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ




結婚編一覧
結婚式招待への返信
招待客の装い
結婚へのお祝い金
スピーチを頼まれたら





PR
特集企画
since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved