生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

都市ガスとプロパンガスの違い


はじめに
家庭で使うガスといえば都市ガスかプロパンガスですが、両者の違いについてはいまいちよくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は都市ガスとプロパンガスの違いについてみていくことにします。


都市ガスとは
都市ガス会社で供給されるガスは液化天然ガス(LNG)やナフサを原料に作られます。都市ガスは空気よりもかるく常温でも液化しづらいというのが大きな特徴です。そのため都市ガス会社の巨大な貯蔵タンクから各家庭まで埋設されたガス管を通って、気体のまま運搬することが可能です。


プロパンガスとは
プロパンガスは液化石油ガス(LPG)とも呼ばれブタンやプロパンなどを主成分とするガスです。プロパンガスは常温でも圧力をかけることで比較的簡単に液化することが出来ます。しかも液化すれば体積が気体の250分の1になるため運搬にも便利です。そのためプロパンガスではガス管が埋設されていない地域でもガスボンベに詰めて運搬することが可能なのです。


価格が安いのはどっち?
価格はガス会社によってまちまちですが、一般的には都市ガスよりもプロパンガスの方が1.3〜1.5倍ほど高いようです。詳しく見ていくとまずプロパンガスは都市ガスよりも2.2倍ほど高い熱量(エネルギー)をもっています。同じエネルギーを得たいならプロパンガスは都市ガスの半分の量でいいわけです。したがってプロパンガスの価格が都市ガスの倍だったとしてもガス代は対して差はない事になります。しかしながら実際のプロパンガスの価格は平均して2.5〜3倍位です。ということはプロパンガスは都市ガスよりもエネルギー効率は高いけれど、それ以上に価格が高いので結果として割高になるようです。


プロパンガスは火力が高い?
プロパンガスの方が火力が高いという話を耳にした方も多いと思いますが実際はどうなのでしょうか。たしかにプロパンガスは都市ガスよりも2.2倍ほど高い熱量をもっています。しかしながら都市ガス用のコンロでも十分な火力がえられます。これはなぜかというと都市ガスは供給圧を高めて多い量のガスを供給することでプロパンガスと同じだけ十分な火力になるよう調節しているからです。


ガスコンロはどれも同じ?
都市ガスとプロパンガスでは同じガスコンロが使えるのでしょうか。答えは使うことはできません。都市ガスは都市ガス用のガスコンロを、プロパンガスはプロパンガス用のガスコンロしか使えません。もし過って使ってしまうと火災や不完全燃焼による一酸化炭素中毒などの重大な事故の原因となる恐れがありますので注意が必要です。さらに都市ガスの場合は13A(熱量の単位)の規格のガスが多いのですが、12A、11A、6A、5Cなど複数の規格が使用されているため、規格ごとに指定されたガスコンロを使用する必要があります。都市ガスだからどれでも同じコンロが使えるというわけではないのです。







text by 2010/03/22
 TOPへ   光熱費節約TOPへ   HOMEへ




光熱費豆知識一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved