生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー
光熱費節約TOP  光熱費節約  ガス代節約  光熱費豆知識  光熱費の極み  電力使用量一覧  投票結果  クイズ!  アンケ(2択)
アンケ(複択) 
HOME > 光熱費節約知恵袋TOP > 光熱費節約編 > 照明器具の電気代節約
照明器具の電気代節約

はじめに
白熱電球は電球型蛍光灯やLED電球と比較して消費電力量が多いため、節電を促すという観点から2008年ごろから経済産業省が、白熱電球を生産する大手家電メーカーに2012年末をめどに生産の終了を自主的に行うよう呼びかけてきました。これを受けて東芝、三菱電機、NEC、パナソニックなどの大手家電メーカーは2012年内で白熱電球の生産から撤退しました。一部メーカーで白熱電球を生産しているところもあるようですが、今後は電球型蛍光灯やLED電球が主流となっていくことでしょう。

今回は比較として白熱電球と電球型蛍光灯、LED電球の消費電力量と購入価格を見ていき、トータルコストでどれが一番お得なのかを検証していくことにします。


各電球の特徴
まずは各電球のそれぞれの特徴を一覧表にしてみていきます。

白熱電球 電球型蛍光灯LED電球
定格消費電力多い(60W)少ない(12W)少ない(6W)
発光効率15ルーメン/W60-70ルーメン/W(従来品)
85-110ルーメン/W(インバータ式)
70-90ルーメン/W
寿命短い(1000〜2000時間)長い(6000〜13000時間)長い(40000時間)
商品価格安い(200円)価格が高い(400円〜1700円)価格が高い(1000円〜2000円)

ルーメン/Wは明るさの単位で1Wでどれだけ明るくできるかを表しています。消費電力では圧倒的に白熱電球が高いことがわかります。LED電球との差は10倍です。電球型蛍光灯が消費電力量が安いといわれていますが、LED電球はさらに安いことがわかります。次に寿命についてですが、これまたLED電球の長さが際立ちます。40000時間といえば1日24時間つけっぱなしでも約4年半もつことになります。1日の3分の1なら13年間交換の必要がないことになります。白熱電球だと2000時間として1日24時間で約83日、1日8時間で249日で寿命が来てしまいます。

最後に価格について見てみますが、やはり白熱電球の安さは際立っています。安さが最大の魅力の1つでしょう。意外なことに電球型蛍光灯とLED電球の価格差がそれほどありません。


それぞれのトータルコストは?
次にそれぞれの電球の購入費、電球を使い切る期間までにかかる電気代を計算して、トータルでいくらかかるのかを見ていきます。寿命や価格など範囲にばらつきのあるものはその中間の数値を採用することにします。電気代は1Wh=0.025円で計算します。

1.LED電球
●電球代
 1500円×1本(寿命40,000時間)=1500円
●電気代
 6W×40,000×0.025円=6000円
●合計
 7500円


2.電球型蛍光灯
●電球代
 1050円×4.2本(寿命39,900時間)=4410円
●電気代
 12W×39,900×0.025円=11970円
●合計
 16380円


3.白熱電球
●電球代
 200円×26本(寿命39,000時間)=5200円
●電気代
 60W×39,900×0.025円=59850円
●合計
 59850円


40000時間という数字はLED電球の寿命を基準にしていて、それぞれの商品を同じ時間使用した場合のトータルコストを計算しています。40000時間というのは上記でも書きましたが、1日8時間使用したとして約13年です。それだけ使用したときにそれぞれの商品でどれだけトータルコストが違うかを示したのが上記の計算式です。驚きなのはLED電球の安さです。

白熱電球は購入コスト自体は非常に安いですが、寿命が短いことから本数がかさみ、また消費電力量も60WとLEDに比べると10倍にも達することから、かかるトータルコストも約8倍の開きとなっています。また電球型蛍光灯もLED電球の約2倍で、寿命の長さと定格消費電力の差が大きな開きの要因となっています。

白熱電球は今後は販売先も少なくなってくることでしょうから、なかなか手に入れるのも難しくなってくるかもしれません。そもそもコストで考えればLED電球か電球型蛍光灯を選んだほうがお得です。さらに電球型蛍光灯とLED電球の二択においても、やはりLED電球の方がお得です。特にこだわりがないのであればLED電球を選択することをオススメします。


電球型蛍光灯の種類
最後に参考知識として電球型蛍光灯の種類について解説します。

蛍光灯の種類特徴
スタータ式点灯に点灯菅を使用、すぐに点灯しない、ちらつきがある、値段が安い。
ラピッドスタート式点灯にラピッドスタート型ランプを使用、すぐに点灯する、ちらつきがある。
インバータ式点灯に電子回路を使用、すぐに点灯する、ちらつきもない、発光効率も高い、ラジオなどを近づけると雑音が発生する。 現在ではインバータ式が主流のようです。








text by 2013/10/18
 TOPへ   光熱費節約TOPへ   HOMEへ




知恵袋一覧
電気代の計算方法
洗濯機の電気代
衣類乾燥機の電気代
冷蔵庫の電気代
ヒーターの電気代
エアコンの電気代
こたつの電気代
掃除機の電気代
炊飯器の電気代
テレビの電気代
電子レンジの電気代
照明器具の電気代
電気ポットの電気代





PR
特集企画
since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved