生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

気持ちよく眠るには


日の光を浴びる
日の光には、体内に眠気をコントロールするメラトニンという物質を作らせる働きがあります。メラトニンは、明るくなるとおきるように、逆に暗くなると眠るように指令を出します。もし丸一日、日の光に当たらない生活をしていますとメラトニンが生成されないため、メラトニンからの眠れという信号がなくなるので、眠気が少なくなり、眠りにつきにくくなります。一日10分でも結構です。日の光を浴びるようにすれば、メラトニンが生成され、気持ちよく寝れるでしょう。


寝る前に軽い運動を
なんでも結構です。寝る前に軽い運動をしてみてください。運動する事で体温が上昇し、時間の経過とともに体温が下がってきます。体温が下がってくるにつれてだんだんと眠気も発生してきます。寝る前直前だとまだ体温も高く、体も動かした直後なので興奮していて、かえって寝れなくなります。2時間ほど前にやられるのがちょうどいいでしょう。


お風呂はぬるめのお湯で
お風呂に入ると疲れが取れてよく眠れるといいますが、寝る前に入る場合は、熱すぎるとかえって交感神経が刺激されて頭がさえて眠れなくなります。大体最適な温度としては、40以下のぬるめのお湯が最適です。なぜなら、ぬるめのお湯だと、副交感神経が刺激されますので、ゆったりとリラックスした状態になるからです。




 TOPへ   健康TOPへ   HOMEへ




快適生活編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved