生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

ジーンズの色落ち


色落ちの原因
ジーンズは繊維表面を合成インディゴで染色して仕上げています。
塗料が摩擦により擦れ合うことで削げ落ちたり、
洗濯などで水にしみだすことが原因で色落ちが発生します。


裏返して洗う
ジーンズは裏返して洗うと、色落ちしにくくなります。
ジーンズの色落ちは摩擦が一つの原因ですので、裏返すことで、他の衣類や洗濯層の壁面との摩擦を多きく減らし、色落ちを抑えることが出来ます。
この際チャックやボタンも閉めるのを忘れずに。
またそのままだと洗濯機のファンに擦れて一部分だけめだって色落ちすることもあります。

出来れば衣類はすべて裏返して洗うのがベストですが、 洗濯の際にいちいちひっくり返してとなると手間が掛かります。 でもせめてジーンズだけは必ず裏返して洗うようにしましょう。


洗剤について
漂白剤、蛍光剤の入った物は避ける。 中性洗剤がベスト。
汗汚れだけなら水洗いだけでもOK。
汚れを落とす意味ではお湯の方がいいのですが、 色落ちもよくなるので水洗いにします。


洗わないとどーなる
色落ちさせたくないし、見た目にも汚くないしと言うことで あまりジーンズを洗濯しない方もいるかもしれませんが、これは間違いです。

汚れが付着したままだと細菌が繁殖して、生地を蝕み、強度がもろくなります。
また汗自体もそのままにしておくと酸化作用で生地がもろくなります。

洗濯による色落ちは防げても、ジーンズ自体の強度、寿命が短くなってしまいます。
汚れ具合にもよりますが毎日はくのなら冬なら15日に一度、夏なら3日に一度は洗いたいものです。


塩・お酢で色止め
塩やお酢には色を定着させる働きがあり、これを利用して 色落ちを防ぐといった方法もあります。

ジーンズを濃い目の食塩水に一晩つけておくと、その後の洗濯での色落ち加減が少なくなる。
洗濯の際にお酢を数滴たらすことで、お酢が色止めの働きをして 色落ち加減が小さくなる

といったような方法です。


裏返してから干す
干すときも裏返して干します。日によって変色するのを防ぐためです。
とはいえ履いていても、そこそこの日の光は浴びているはずです。

裏返して干すというのはどちらかと言えば内側のポケットの部分も しっかりと乾かすという意味合いの方が強いのかもしれません。
また上下反対にして足首の部分を上に干すと下の重みで 洗濯の際の縮みがいくらか改善します。


新品と一緒に洗う
色落ちした古いジーンズは、ぬるま湯で新品のジーンズと一緒に洗うことで色が移り、
いくらか色落ちが改善します。







text by 2005/03/18
 TOPへ   衣服TOPへ   HOMEへ




洗濯編


しみ抜き編一覧


靴編一覧


お手入れ編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved