生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

漂白剤の種類


漂白剤とは
洗剤が衣類に付いた汚れを落とすのに対し、漂白剤はしみの色素を化学的に分解して、衣類の本来持っている色を回復させる働きが有ります。漂白剤は洗剤で洗っても落ちないしみなどを落とすのに使います。漂白剤はその効果が強いので決められた濃度や時間を守って使わないと生地をいためてしまいます。


漂白剤の種類
漂白剤が色素を分解するメカニズムには酸化型と還元型の2種類が有ります。家庭では主に酸化型の酸素系と塩素系が使われます。還元型は業務用で使われることがほとんどで、家庭ではあまり使われません。



酸化型
しみの色素に酸素を結合させて(酸化)、色素を無色にします。酸素系と塩素系の違いは酸化力で、酸素系はシミのみを脱色しますが、塩素系は酸化力が強いので衣類の染料まで落としてしまいます。

酸素系漂白剤
漂白効果は塩素系ほど強力では有りませんが、毛や絹以外のすべての繊維、色物、柄物、樹脂加工したものにもつかえます。全体的な黄ばみや衣類のもとの色や柄を保ちたいときに最適です。粉末(過炭酸ナトリウム)と液体(過酸化水素)があり、40度ぐらいのお湯に溶かして使うと効果が上がります。粉末のほうがやや効き目はよく、液体は弱酸性なので毛や絹にも使えるといわれていますが、これら衣類に使うときは十分な注意が必要です。

塩素系漂白剤
水で薄めて簡単に使えますが、漂白力・殺菌力が非常に強いので取り扱いには注意が必要です。綿、麻、化繊などに使えますが、毛、絹、色柄物、ポリウレタンなどには使えません。蛍光増白や樹脂加工したものに使うと、かえって黄ばんでしまうことがあるので、衣類についている取扱絵表示を確認しましょう。一部ワイシャツなどでも襟やカフスの芯地に樹脂が使われていることがあるので、取扱絵表示のチェックをは忘れずに。白いものをすっきり仕上げたいときや、部分的なシミや汚れを浸けおき漂白するときに効果的です。

還元型
還元型では酸化型とは逆にシミの色素から酸素を取り出して(還元)、しみの色素を無色にします。本来は毛や絹の色抜き剤でしたが、塩素系漂白剤を使って黄変したものを元に戻したり、鉄分の多い水で変色した布地を白く戻したりする場合によく使います。店頭で見かけることはあまり有りませんが、市販はされています。どんな素材でも使うことが出来ますが、色柄物には使えません。

酸化型還元型
酸素系塩素系
市販品カラーブライト、ワイドハイターなどハイター、ブリーチなどハイドロハイターなど
使える素材白物、色物、柄物の繊維製品(毛や絹以外)、樹脂加工したもの白物繊維(綿、麻、レーヨン、キュプラ、ポリエステル、アクリルなど)白物の繊維製品
使えない素材毛、絹色柄物、毛、絹、ナイロン、ポリウレタン、アセテート色柄物
落ちる汚れ食べこぼし(カレー、トマトケチャップ、調味料、コーヒー、果汁など)、血液、文房具、黄ばみ、黒ずみ鉄分による黄ばみ、塩素系漂白剤による黄ばみなど
上手な使い方水か40度以下のお湯で使う、酸素系漂白剤は弱酸性のアルカリ性洗剤と混ぜて使うことも出来ます。40度以下のお湯で使う40〜50度のお湯で使う


漂白剤を扱うときの注意点
目立たない部分で試す
はじめて使うときや色落ちが心配な場合は、塩素系だけでなく酸素系でも目立たない部分で試すといいです。ぬらした布に溶いた液(原液を10倍に薄めたもの)をつけて5分ほどおき、変化がなければ使えます。

漂白はぬらしてから
洗濯して漂白する場合は、すすいでから行います。乾いたものは先にぬらしてから行います。

よくすすぐ
漂白した衣類はよくすすぎます。漂白成分が残っていると変色の原因となります。

金属製の部品が付いているもの
金属製のファスナーやボタンが付いている衣類は、漂白すると酸化してさびてしまう事があるので漂白剤は使わないようにしましょう。ラメや銀粉プリント、ネックレスの金属粉の付着などにも注意しましょう。

塩素系漂白剤の注意点
白い衣類を真っ白に仕上げる漂白といえば今までは塩素系漂白剤が一般的でしたが、効果が強い反面水中の有機物と反応して有害物質を生成したり、合併浄化槽の微生物の働きを弱めたりして、機能を低下させる要因となってしまうので、控えめに使う配慮が必要です。 合併浄化槽とは公共下水道などが整備されていない地域で、し尿や生活排水などを微生物の働きにより綺麗な水にして放流するための施設です。

塩素系漂白剤と酸性の洗剤は混ぜない
塩素系の漂白剤とクエン酸やトイレ用の洗剤などの酸性の洗剤を混ぜると、有毒ガスが発生するので大変危険です。混ざることがないよう注意しましょう




※ 参考文献
洗濯・衣類のきほん
いちばんわかりやすい家事の基本大事典
ラクラク家事の本
洗濯上手こつのコツ
暮らしまる洗い!コツと基本120
大事な服のお手入れおしゃれ帳


text by 2014/12/19
 TOPへ   衣服TOPへ   HOMEへ




洗濯編


しみ抜き編一覧


靴編一覧


お手入れ編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved