生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー ビタミネ 旅行宿泊予約 お仕事広場
衣服TOP  洗濯  しみ抜き  靴編  その他  投票結果  クイズ!  アンケ(2択)  アンケ(複択)
HOME > 衣服知恵袋TOP > その他 > 防虫剤のにおいとり
防虫剤のにおいとり

洗濯洗剤の種類
衣替えのシーズンになると、気になるのが衣類に付いた防虫剤の匂いです。そのままだとちょっと外出するのには抵抗があります。そこで今回はそうした気になる防虫剤の匂いをとる方法を紹介していきます。防虫剤のにおいだけでなくたばこなどのにおいにも応用できる方法です。


日陰で風通しをする
ハンガーなどにかけて日陰で風通しのいい場所に1〜2日置いておくことで、衣類に付いたにおい成分が発散されます。時間をかけてゆっくりと脱臭するので衣類にもやさしい方法です。


蒸気を当ててにおいをとる
衣類に付いたにおい成分は繊維の中にまで入り込んでいるので、なかなか取り除きにくいものです。そんなときはスチームアイロンを使って、蒸気を衣類にあててやると、蒸気が繊維の中のにおい成分を浮き出してくれます。あとは一晩干しておくとにおいが取れます。ぬるま湯にタオルをつけて絞り、衣類の上にあてて上からアイロンをかける方法でもいいです。入浴後の浴室にハンガーでつるして一晩置いておくといった方法もあります。


ドライヤーの冷風でにおいを取る
時間がないときはドライヤーを冷風にして衣類にあてるといった方法もあります。応急処置ですが表面に付いたにおいとれるので、ずいぶんましにはなるでしょう。ドライヤーの代わりに扇風機でもいいです。


脱臭剤を使う
上記のやり方でもなかなかにおいが取れないときは、衣類と一緒に冷蔵庫用の脱臭剤を大き目のビニール袋に一緒に入れて密封し、一晩置いておきます。翌朝にはしっかりとにおいが取れているはずです。脱臭剤と一緒に入れておくだけなので手間もかかりません。







text by 2014/01/18
 TOPへ   衣服TOPへ   HOMEへ




その他一覧
毛玉とり
コートの汚れ
ジッパーの開きが悪い
ボタンを長持ち
防虫剤のにおいとり
ズボンがはきづらい
皮革製品のお手入れ
たまった針金ハンガー
服や髪についたガム
伸びた袖口
衣服への名前の書き方





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved