HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > ごぼうの保存方法、長持ちのコツ

ごぼうの保存方法、長持ちのコツ




・ごぼうの保存方法


・保存環境
  

※マークの見方
 常温保存  冷蔵庫保存  冷凍庫保存

土付きはそのままで

土付きのごぼうは洗わずに新聞紙にくるんでそのまま冷暗所で保存します。これで1週間から10日は保存可能です。根(細い方)を下にして立てかけて保存するといいです。洗ってあるものは日持ちしないのでなるべく早くに使い切りましょう。一度に全部使わない場合は使う分だけ切ってから洗うようにしましょう。

土に埋めて保存

軒下など濡れない場所に土のあるお宅なら、土の中に埋めて保存してもいいです。なるべくなら生育時と同じようにたてて保存するといいのですが、穴を掘るのがすこし大変なので寝かせて保存してもかまいません。

冷蔵庫で保存

使いかけのごぼうはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。乾燥しないうちに使いきりましょう。

冷凍保存

すでにささがき済みのごぼうなどは冷蔵庫で保存しても2,3日しかもちません。この場合は、きんぴらゴボウなどに調理してラップに小分けして冷凍保存して置くと長持ちします。きんぴらごぼうのレシピは以下のリンク先で取り上げています。

きんぴらごぼう



・保存方法まとめ


土付きのまま冷暗所で立てて保存します。冷蔵庫に保存する場合は乾燥しないようにポリ袋に入れて保存します。ささがきにして冷凍保存も可能ですが、きんぴらごぼうに調理すれば冷凍保存も可能です。




※参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
調理以前の料理の常識
料理の裏ワザ便利帳



ごぼうの見分け方・選び方











最終更新日 2016/02/19
公開日 2007/03/10



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved