生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー
ネットバンク徹底調査

ネットバンク決済とは

ネットバンク決済とは
amazon.co.jpやケンコーコム、セブンネットショッピングなどの大手ネットショッピングでは、クレジットカードや代引、銀行振込といった支払いのほか「ネットバンキング決済」も利用できます。今回はこのネットバンキング決済について詳しく見ていきます。


ネットバンク決済の仕組み
ネットバンキング決済を採用しているのは楽天銀行、ジャパンネットバンク銀行、住信SBIネット銀行などです。ネットバンキング決済の流れは以下のようになります。

1. ネットショップの支払い場面でネットバンキング決済を選ぶ
2.メールが届き、メール内のURLをクリックしてネットバンクのログイン画面に飛ぶ
3.ログインして支払い内容を確認し実行ボタンを押す。
4.支払い完了

振込金額や振込先名などはネットショップから自動で送信されるので細かな情報の入力も必要なく、簡単に支払いを済ませることができます。また24時間365日いつでも支払いができ、即時入金なので、クレジットカードのようにすぐに決済が完了します。


システムはウェルネットが提供
このサービスはウェルネット株式会社の「マルチペイメントサービス」を利用したもので、通常の銀行振込とは異なります。手数料は基本無料ですが一部のショッピングサイトでは有料のところもあります。

ウェルネットはコンビニ決済のシステムを提供する企業として有名で、ショッピングサイトから手数料を取り、その一部をコンビニに支払い、残りを自社の収益とする収益モデルをとっています。決済システムの開発に強いウェルネットですが、ネットバンク決済の開発でも強みを発揮し、大手ショッピングサイトとネットバンクの間に立って、簡単な手続きで支払いができるシステムを提供しています。

両者の違い
通常の振込ネットバンク決済
ログイン必要必要
振込金額入力必要不要
振込先名入力必要不要
手数料必要無料(一部ネットショップでは有料)
決済完了ネットショップの入金確認後即時決済


各社のサービス名
楽天銀行即時入金サービス
ジャパンネット銀行リンク決済
住信SBIネット銀行即時決済サービス








text 2014/05/07
 TOPへ   HOMEへ




ネットバンク調査










PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved