生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

ニキビの仕組みと原因、対策について


ニキビのできはじめ
ニキビは思春期以降の男女に多く見られる症状です。この時期男女ともに男性ホルモンが増加してきます。男性ホルモンは皮脂の分泌を促進させる働きがあるので過剰な皮脂分泌がニキビの発生を促します。ニキビは毛孔部で皮脂がたまることが原因でおこります。皮脂腺が発達して皮脂の分泌が盛んになるのに対して、毛穴の発達は不十分なので皮脂が十分に外部に排出されずに毛孔部内にたまってしまうというわけです。髪の毛などでにきびができないのは、毛穴が十分な太さに発達しているので皮脂がしっかりと外部に排出されるためです。

皮脂分泌量の増加とともに常在菌(つねに存在している)のアクネ桿菌も増えてきます。アクネ桿菌のリパーゼという酵素が、皮脂成分のトリグリセリドを分解して遊離脂肪酸を生成、これが毛孔壁の角質増殖を促し、それにより毛穴がふさがってさらに皮脂が毛孔内にたまってしまいます。


コメド(ニキビのしん)の形成
皮脂がたまってくると皮脂と角質が混じり合ったにコメド(面疱)と呼ばれる塊ができます。これがニキビの初期で毛穴が広がった状態で表面が酸素と反応して黒く見える黒ニキビと毛穴が詰まってプクっとふくらんで全体に白く見える白ニキビの二種類があります。この状態ではまだ炎症はおこっていません。


炎症の発生
皮脂分泌量の増加に伴って、それを栄養源にしてアクネ桿菌やブドウ菌などの常在菌が増加し、炎症を引き起こします。アクネ桿菌は皮脂を栄養分にするため、リパーゼと呼ばれる酵素を分泌して、脂肪酸へと分解しますが、この脂肪酸は炎症を起こす物質のひとつです。

またアクネ桿菌の出すボルフィリンと呼ばれる老廃物は、紫外線に触れると活性酸素を発生させます。活性酸素は他にもアクネ桿菌などの菌の増殖を抑えるべく白血球がやってきたさいにも、菌をやっつけるために大量に放出されるので、あわせてたくさんの活性酸素が発生することになります。

活性酸素は皮脂を過酸化脂質へと変え、過酸化脂質は細胞を酸化させて、老化や破壊をまねきます。起炎物質である脂肪酸と、活性酸素により生じた過酸化脂質の細胞の酸化作用、これら2つが炎症の主な原因です。


ニキビの後
炎症がひどくなってくると毛包部だけでなく肌の深部にまで到ってしまい、十分に治りきらずに陥没してクレーターのような跡が残ってしまうことがあります。また炎症を抑えるべく皮膚の再生が盛んに行われた結果、同時にメラニン色素もたくさん作られ、なおったあとにそれら色素が沈着してしみのような跡が残ることがあります。にきび跡を残さないためにも炎症がひどくなる前の早めのケアを心がけましょう。


きちんと洗顔をする
たまった皮脂をきちんと取り除くためにも、洗顔はかかせません。ただし洗顔のし過ぎは気をつけてください。皮脂を洗い流しすぎて顔表面に皮脂が不足してくると、今度は逆にそれを補うべく活発に皮脂が分泌されてしまい逆効果です。

洗顔は冷たい水だと毛穴が閉まって、中の皮脂まで十分に取れないので、ぬるま湯で毛穴を開いたうえで、あわ立てた石鹸でやさしく包み込むように洗ってください。ごしごしとこすってはいけません。


ストレスに注意
ストレスにためすぎはニキビにもよくありません。ストレスを受けると脳の視床下部と呼ばれる部位が混乱してしまいます。ここはホルモンバランスをコントロールしている所なので、これにより男性ホルモンの割合が増加して皮脂の過剰分泌を招きます。


睡眠不足や不規則な生活にも注意
睡眠不足や不規則な生活をしていると自律神経が乱れて、ホルモンバランスがくるい、皮脂分泌量が増加してしまいます。また肌の新陳代謝は午後10時〜午前2時の間がもっとも活発なので健康な肌を保つためにもこの時間内で睡眠をとるよう心がけると効果的です。


食生活にも注意
油分の多いものは皮脂の分泌量をふやすので取りすぎには注意が必要です。とはいえ代謝のためのビタミンやミネラルなどを十分に取れば言い訳で油分に限らず、栄養の片よりは、ビタミン、ミネラルの不足を招き皮膚をはじめとした代謝機能の低下を招くので、何より大事なのはバランスの取れた食事です。


ニキビに良い栄養素
皮膚や粘膜の新陳代謝を促すビタミンB2や、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6、皮膚の老化やメラニン色素によるシミ・そばかすを防ぐビタミンCなどが効果的です。またにきびの悪化の原因炎症を引き起こす活性酸素を除去するのに効果的なのが、同じくビタミンCとビタミンE、プロビタミンAのβ-カロチンです。あわせて取ればいっそう効果的です。


化粧はなるべくならしないほうがいい
油分を多く含んだ化粧品はカバー力が高いため毛穴を詰めらせがちで、皮脂がたまりやすくなってしまいます。化粧品はなるべくならしないほうがいいのですが、なかなかそういうわけにはいきませんよね。化粧品を選ぶ際は粉おしろいやオイルフリーのものなどなるべくカバー力の弱いものをにして、帰宅後はすぐにしっかりとクレンジングすることを心がけてください。


紫外線に注意
紫外線はアクネ桿菌(毛孔内にある常在菌)がだす老廃物ボルフィリンから活性酸素を発生させる効果があるので、それにより炎症が悪化してしまいます。また紫外線はメラニン色素の発生にもつながるので色素沈着によるシミ跡の原因にもなります。外出時には紫外線対策に気をつけてください。


便秘にも注意
便秘になると本来便として排出されるべき有害物質が体内に残ってしまいます。それらは肝臓に運ばれ解毒されますが、残ったものがまた腸にもどされ、便として排出されます。便秘で排出されない場合、その一部が血液を通って皮膚から排出されます。その際に皮脂腺や毛穴で詰まって炎症を起こしてにきびの原因となってしまうわけです。


ニキビをいじらない
ニキビが気になるからといっていじったり、自分でつぶしたりするとそこからばい菌が入って、炎症がさらにひどくなる恐れがあるので注意しましょう。







 TOPへ   美容TOPへ   HOMEへ




お肌編


手のケア編


その他





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved