生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

正しい洗顔の仕方、手順を解説


洗顔はかかさずに
お肌には洗顔は欠かせません。肌に残った皮脂やメイク、汗などをそのままにしておくと、にきびやしみ、肌荒れの原因となります。


洗顔の回数は適度に
汚れは肌には大敵ですが、皮脂にはお肌を守るという大事な働きもあります。皮脂は洗い流されてもしばらくすれば再び分泌し始めるのですが、何十分もしないうちに何度も洗顔をくりかえすと皮脂の分泌が追いつかずに肌は乾燥してしまいます。脂性肌のケースでも皮脂の分泌過剰を引き起こしてしまう場合もありますので、頻繁な洗顔はひかえましょう。


洗顔の仕方
1.ぬるま湯につける
洗顔はまず最初にぬるま湯で顔をぬらすことからはじめます。冷たい水だと、毛穴が閉じてしまい、奥の汚れが浮き出てきません。熱いお湯だと逆に必要な皮脂まで取りのぞいてしまいます。

2.石けんを泡立てる
次に石けんを泡立てます。泡には汚れを包み込んで落とす働きがあります。泡をうまく立てるコツはあわを立てる前に手をよく洗っておくことです。もうひとつは空気をよく混ぜることです。ネットを使えば空気が入ってよく泡立ちます。そして泡でゆっくりと包み込むようにして洗います。ごしごしとこすってはいけません。かえって毛穴に汚れを押し込んでしまいます。

3.しっかりとすすぐ
洗ったら、しっかりとすすぎます。特に髪の毛のはえぎはや、首筋あたりは石けんが残りがちなので念入りに洗います。石けんが残っているとにきびや肌荒れの原因となります。最後にタオルで優しく拭いてください。泡で洗うときもそうですが、あまりごしごしすると角質層まできづつけてしまうのでよくありません。



肌に合う洗顔料は?
洗顔したあとのツッパリ感、肌に合ってない証拠なのかと心配になる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。しっかりと汚れが洗い流された証拠です。肌のツッパリ感も20分ほど立てば再び皮脂が分泌され始めるので次第に取れてきます。洗顔後に化粧水で保水を、美容液で保湿をしておけば大丈夫です。30分立ってもツッパリ感が消えないときには洗浄力が強すぎるのかもしれません。その場合は、少し弱めのものに変えてみましょう。逆に洗顔したにもかかわらず、べたっとしててツッパリ感がない時には洗浄力が弱いのかもしれません。少し強めのものに変えてみましょう。


洗顔後は水でひきしめる
ぬるめのお湯で洗顔して緩んだ毛穴も、洗顔後に軽く水で刺激を与えることで、引き締まります。 お肌も生き生きとします。


洗顔の仕方
洗顔は手のひらではなく指先を使い、上下に動かさずに円を描くようにします。 小鼻は中指の腹でくるくる回して、汚れを浮かすように洗います。


洗顔の順序
洗顔は次のような流れで進めていきます。石鹸や汚れは上から下に流れ落ちるので、せっかく洗ったのに上からの汚れが流れ着いてしまうのを防ぐため、このような順序になっています。また泡の洗浄力が強い最初のうちに、額や鼻など皮脂の分泌の多い部分を洗うようにします。






1、額、
2、こめかみ
3、まゆ
4、鼻
5、目の周り
6、頬
7、口の周り
8、あご
9、首すじ







 TOPへ   美容TOPへ   HOMEへ




お肌編


手のケア編


その他





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved