生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

くちびるの乾燥


唇が荒れてきたらリップクリームを
寒い季節になってくると乾燥してきて、唇の荒れが気になってきます。そもそもなぜ唇が乾燥しやすいのかというと、他の部位と比べて角質層が薄いため、水分が逃げやすい性質があるからです。そこでリップクリームを使います。油膜が唇を被ってくれるので水分を保持でき、荒れを防いでくれます。塗るときは横向きよりも縦向きに塗るようにしてください。唇の組織は縦になっているので隙間にまで浸透しやすくなります。


乾燥した唇、なめちゃダメなの?
乾燥した唇、かさかさしてて、思わずなめたくなりますよね。確かに唾液の水分で一時的には乾燥は収まります。ですが、唇の表面には油膜がはってありなめたときに同時にそれまでとってしまうので、唾液が乾燥すればもとあった状態よりもさらに乾燥がひどくなります。乾燥したなとおもったときにはなめると逆効果です。リップクリームなどを塗るようにしましょう。


リップクリームはいつ塗ればいいの?
もちろん乾燥したなとおもったときで結構なのですが、すこし荒れがひどいときには、夜、睡眠前に塗るとよいです。睡眠時は人間は新陳代謝が活発になります。当然角質層の生成も活発でそのときにリップクリームを塗ることでその働きを助けることができ、回復も早くなります。


リップクリームは塗ってるけど
リップクリームは塗ってるけど、すぐに乾燥してあまり効果がないという方は、唇の粘膜を作る働きが弱っているのかもしれません。そんなときはその働き自体を改善させてあげないといくらリップクリームを塗ってもあまり効果はありません。そこで皮膚科などでも使われている、白色ワセリン軟膏をおすすめします。朝と夜ぬり、だいたい3日ほどで健康な粘膜が形成されるようになります。もし、それでもよくならないという場合には、一度皮膚科でみてもらってください。








 TOPへ   美容TOPへ   HOMEへ




お肌編


手のケア編


その他





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved